1. まとめトップ

【全粒粉】ホールフードの優れた効果 糖尿病予防にも

全粒粉という名前をお聞きしたことが有るでしょうか?真っ白な小麦粉は精白されており、ビタミン・ミネラルを失ってしまった状態。自然に近いホールフード(Whole food)・一物全体食として、全粒粉が注目されています。

更新日: 2015年04月03日

8 お気に入り 50492 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ku_kandenpanさん

人類に最適な食物かも? 全粒粉のすばらしい効果をご紹介

全粒粉とは

全粒粉というのは小麦の胚芽やふすまの部分を取り除かないで粉状にしたものです。

胚乳だけを用いる通常の小麦粉と比べ栄養価が高く、薄力粉と比較して3倍程度の食物繊維や鉄分を含み、ビタミンB1の含有量も高い。そのため、健康を目的として用いられることも多い。

精白されていない全粒粉は、他の小麦粉よりビタミン・ミネラルがとっても豊富!

ホールフード(Whole food)・一物全体食という考え

WHOLEFOOD(ホールフード)とは一般的に、精製(プロセス)されていない食べ物のこと。ほかにも、葉っぱや根っこ、皮ごとの野菜や果物。まるごと食べられる海藻や魚など「一物全体食」に当てはまるすべての食材をホールフードと呼びます。

玄米は水につけておけば芽が出ますが、白米は腐敗するだけです。

野菜も果物も、皮や根がついた状態であれば生きていますが、包丁を入れたとたんに、変質が始まってしまいます。その時点で生命が失われてしまうのです。

2007年に世界がん研究基金とアメリカがん研究協会によって7000以上の研究を根拠に「食べもの、栄養、運動とがん予防」が報告されていますが、その中でも全粒穀物を食べること、精白食品を制限することが推奨され、サプリメントではなくまるごとの食材から栄養分を摂ることが勧められています

長寿者の食事の共通点として、全粒粉はよく挙げられます。

一方、欧米等肉や乳製品が多い洋食においても、長寿者がたくさんいますが、全粒粉等の伝統食を好んで食べている傾向があります。

シリアル製品についてはヒヨコ豆を一緒に挽いたり、グリーンピースと一緒に挽いたりします。フンザではパンを作るとき、穀物の大部分が粉になるように挽きます。それは全粒粉のパンになるわけです。

26年に及ぶ調査により、フスマや食物繊維を含む全粒粉の摂取量がもっとも多い2型糖尿病の女性では、もっとも少ない女性に比べ、心疾患疾患(CVD)による死亡リスクが35%低く、全死亡リスクが28%低いことがあきらかになった。

小麦の外皮の部分(フスマ)に含まれる食物繊維は、他の食品に比べ群を抜いて多い。ビタミンやミネラルも含まれている。

食べない健康法の元祖 ルイジ・コルナロも全粒粉パンを食していました。

ルイジ・コルナロの基本的な食事

パンと卵の黄身、スープまたはパン粥、それと肉や魚を少し、かわるがわる数種類食べている。経済的に肉や魚を食べる余裕が無い人たちのばあいは、全粒粉から作ったパンとパン粥、卵、それに野菜を食べていれば、それで十分である。

ちょっと不気味な表紙…ですね(笑)

穀菜食は真の活力を生む。 古代ローマ人の兵食

ほとんど粗挽きの小麦をただ水で練って焼いたパンだけで、古代ローマの兵士たちは、不断の厳しい訓練に耐え、長時間におよぶ戦闘でも、数ヶ月におよぶ軍事行動でもつねに圧倒的な活力を発揮して、体の大きな蛮族をつぎつぎと撃ち破っていった。

1 2