1. まとめトップ

”職場での挨拶”...最低限押さえておきたい6つの基本

社会人はマナーに始まりマナーに終わる。マナーは社会人にとって持っていなくてはならない基本的なスキルです。特に挨拶は、ビジネスマナーの基本中の基本で、相手とのコミュニケーションを円滑にする道具であり、最初のインプレッションは挨拶で決まるといわれています。

更新日: 2015年03月25日

10 お気に入り 56078 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gyorimamaさん

挨拶はビジネスマナーの基本中の基本

挨拶(あいさつ)がしっかりできていない人に仕事のできる人はいません。あいさつはビジネスシーンに必要不可欠なものとなっています。

感じのよい挨拶ができる人は、社会人として、礼儀正しく謙虚で、思いやりに満ちた人柄を感じさせ、みんなから信頼されるようになります。

欠かさず挨拶をするということは、ビジネスマナーでもあります。挨拶をしなかったり、無視したりすることは、ビジネスマンとして失格な行為です。

職場における挨拶の重要性

実社会で仕事をすれば、成功するか否かは『あいさつ』がどれほど上手く出来るかどうかに関わると言っても過言ではない。

あいさつは相手や状況に応じて適切に行えば、他者と心の距離を縮めるだけでなく、自分の思想を相手に伝える強力な武器になりうる

『大変なことだ』と苦手意識をもつことも多いかも知れませんが、その向こう側には”(その日の)仕事の勢いが違う”、”(以前より)明るくなれる”というメリットがたくさん秘められています。

気をつけたい。挨拶の勘違い

上司・先輩だけでなく、同僚や後輩に対しても挨拶は必要です。

「一度済ませたから後は素知らぬふり」では効果はありません。すれ違う際に会釈だけでもすることで、常にその人の意識の中に存在感を残すことになります。

挨拶ができない人は評価を下げる

相手に大して抱いていた信頼感や好意は一気に急降下します

社会人になって改めて思ったのは, 挨拶とか礼儀とか, こういうことができない人間って, 上の立場の人間でもダメな奴ばっかだなって

「おはようございます」が言えない新卒がいる。本人は高学歴が自慢のようで、仕事もバリバリやります!なんて言ってるけど、たとえどんなに高学歴だろうが仕事がデキようが、挨拶できないってだけで社会人失格だから。

できる人の挨拶ってどんな感じ?押さえておくべき6つのポイント

・ポイント1 笑顔で明るくが大事

職場の雰囲気を明るくするような笑顔のあいさつを心がけましょう。また、相手に聞こえなければ意味がないのでハキハキとした声を出すようにしましょう。ボソボソと小さな声でのあいさつは上司の怒りを買うことに!

・ポイント2 自分から積極的にいこう

相手のあいさつを待つのではなく、自分から気付いたときに声をかけるようにしましょう。とくに、上司に先にあいさつをさせるようなことはあってはなりません。

・ポイント3 挨拶に差別をしない

面識がない他の部署の人にもあいさつをすると、オフィスの雰囲気が明るくなります。配送や清掃に来てくれる人にもあいさつができるようになるとなおいいでしょう。

オフィスでは、宅配便の業者の方や、オフィスが入居しているビルの警備員の方に接する機会があります。「おはようございます」「お疲れ様です」の挨拶をする事で、企業としてのイメージが上がる事に繋がります。

・ポイント4 挨拶に一言加えよう

「昨日はお疲れさまでした」などの一言を付け加えるとよりよい印象をもたれます。

1 2