1. まとめトップ

意外に役立つ入院生活に必要な物や暇つぶしアイテム

ホテルなどの宿泊施設とは異なり様々な利用制限下での入院生活。今回は「意外に気が付かないアイテム」を中心にまとめました。

更新日: 2016年04月24日

12 お気に入り 21933 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nikonikopapaさん

消灯時間以降はテレビを使用することができませんので、
寝つきが悪い時はラジオが活躍します。
もちろんイヤホンの使用はお忘れなく!

電源は1か所しかない場合が多いので、
二股コンセントがあると便利です!

ベッドについた髪やほこりなどを取るときに便利です!

相部屋でのテレビ視聴はイヤホンが原則です。
本人と付き添いの家族が視聴するときに役に立ちます。

市販のイヤホンではテレビまで距離が届かない場合も!?
100均でも扱っています。

病院のテレビは有料のものが多いため、
長期入院時は検討してもいいかもしれません。

子供が入院するときはこれでアニメを見せるのも暇つぶしになります。

検査・売店・屋上・公園への散歩などに行くとき、
財布・スマホなどの小物を入れるのに重宝します。

お風呂に入れないときに重宝します。

付き添いとして夜間添い寝をするとき、
私服では寝にくいので夜間用にスウェットなどがあると便利です。

普通のタオルでは乾くまで時間がかかる一方、
タオルは使う頻度が高いため絞ったらすぐ水分を吸収できる
水泳選手が愛用するセームタオルが重宝します。

夏場は冷房が効いていても窓際は暑いです。
また、病院の空調は一括制御が多いので、
春・秋など空調が冷房か暖房が微妙なときにも役に立ちます。

寝ながらでも水分補給できるように…

消灯後、ダウンライトをつけると光が漏れますので、
相部屋で他の方に迷惑をかけたくないときに…

足を骨折している場合「洗いに行く」行為が難しくなるため、
使い捨ての割りばしやフォーク、紙コップなどが役に立ちます。

相部屋は意外に静かなのでビニール袋のガサガサ音が気になります。
ゴミ袋・小物入れなどでビニール袋を持って行くときは、
音の出ないツルツルタイプがお勧めです。

蒸し暑い夜に役立ちます。

巾着・ごみ袋・タオルなどを掛けておくときに役立ちます。

相部屋時のいびき対策にどうぞ!

冬場に限らず夏場も常に冷房が掛かっているので、
部屋は思った以上に乾燥します。

苦手な食材が病院食で提供された時に役に立ちます。
ふりかけ・味のりも便利な食材ですが、
のりの佃煮はお粥・ご飯など色々なバリエーションでも使えます。
※食事制限にご注意ください

普段、テレビ・ネット・ゲームで時間を潰しますが、
ここは気分転換に普段読まない分厚い本を読むのも有効です。
周囲は静かですから集中して読めますよ!

以上、意外に役に立つアイテムを拾ってまとめてみました。
なお、入院時におけるアイテムの利用は他の入院患者に配慮していただくとともに、
各医療施設の利用ルールや医師・看護師の指示に従ってご利用ください。

1