1. まとめトップ

【人工伝説】 ☠ZERO SIGNAL☠ A.I組織 ゾルタクスゼイアンの野望 「人類統制」

スマートフォンの普及などで人工知能''Siri''が生活の一部となり、進歩し続ける現代。 様々なテクノロジーが人類を進化させるのか、消滅させるのか。奴等の侵略は始まっている! A.I、サイボーグ、クローン、サイキッカー、人類の未来が垣間見れるSF、サイバーパンク作品の数々を紹介。

更新日: 2016年04月19日

8 お気に入り 12548 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GODSMACKさん

近い将来、現実に起こり得る恐ろしい未来

「銀行ギャング キャロンが危ない」
波乱の20世紀は終わりを迎え

混乱を抱えたままの世紀末に幕を告げ

2000年問題

人間(西暦表記, 西洋文化)には、「'」を使い西暦年を下位2桁に省略して表現する慣習があります。
人間には、上位桁が省略されていることが判別(類推)することが できますが、コンピュータには省略されていない十分な情報が必要です。

コンピュータの日付管理の年情報を人間の慣習と同じように 省略する仕様で設計されていると、コンピュータが省略されてしまった情報を 判別できなくなって、正常に動作できなくなる可能性があります。

この年情報に関わるコンピュータの誤動作(もしくは暴走)の可能性を 2000年問題(Year 2000, Y2K, Millennium Problem)といわれています。
日本のコンピュータは、年号(和暦)問題を越えてきた

日本のコンピュータソフトウェアは、 和暦の変更(年号が昭和から平成へ)を経験しています。

和暦(年号)表記から西暦表記への移行を促進した側面はあるものの 経験が生かされて良い結果が出ることを期待しています。
和暦の対応が正しくなければ、更に複雑な不具合になるかもしれません。

「ハイジャックをやっつけろ!」 
更なる混沌を乗せて新世紀が幕を開ける

9.11”として知られるアメリカの同時多発テロとは、2001年9月11日の午前中にアメリカの国内便4機がアラブ系のグループによりハイジャックされ、乗客・乗員を道連れにして世界貿易センターならびにアメリカ国防総省本庁舎に衝突した事件のことです。
乗客として各旅客機に乗り込みコックピットを掌握したハイジャック犯らは、ボストンからロサンゼルスへと向かう予定だったアメリカン航空11便とユナイテッド航空175便をニューヨーク・マンハッタンへ、ワシントンD.C.からロサンゼルスに向かう予定だったアメリカン航空77便と、ニューアークからサンフランシスコに飛ぶ予定だったユナイテッド航空93便をワシントンD.C.へ向かわせました。

「カメラのファインダーを覗け!」 「恐怖!精神病院」
監視社会という名の監獄へようこそ

「僕のパパは時代おくれ?」
多くの大衆は支配層から与えられた物を無意識に利用し、洗脳を受け、それが常識になり、従っていく

「大津波の襲撃」 「時限爆弾電送テレビ」 「ジュラルのニセ友情作戦」
急激な変化が多発する

「殺人レコード 恐怖のメロディー」 「記憶を無くした少女」「燃える毒きのこの家」「疾走! 殺人ハイウェイ」
やがて本来の意識、感覚は完全に破壊され、知性を奪われた人間たちが、無知な獣に造り替えられ、街に溢れ返る

「ロボットクラブへの招待状」
人工知能を搭載した自律型ロボットの台頭が始まる

「頭の中にダイナマイト」 
数十年後、バーコードに印された囚人番号が市民の証になる
その時代を生きる人々は、何らかの遺伝子操作を受け、同時に肉体は機械化されている

「爆発! マンモスコントロールタワー」 「地球を守れ!」
人類のための希望が蘇る

機械にコントロールされ、仮想空間に住む造られた人類

20世紀末の仮想現実世界。エリートプログラマのトーマス・アンダーソンは、インターネット上で天才ハッカー''ネオ''という名で知られており、監視局からマークされていた。 彼は毎晩のように現実としか思えない夢にうなされ、目覚めてはそれが夢なのか現実なのかという疑問を感じていた。そんなある日、一通のメールが届く。「白いウサギを追え」というメッセージ通りにナイトクラブへ出かけると、トリニティという女性がいた。彼女の紹介でモーフィアスという男に出会い、男からこの世界は仮想現実だと告げられ、後に機械に支配された西暦2199年の現実世界の救世主''ネオ''として目覚めていく。

最近、科学界でとんでもない発表があった。

それは、この宇宙は巨大なホログラムで構成されているという驚愕の内容である。
この学説を発表した日本の宇宙学者は、理論物理学者ファン・マルダセナの仮説を研究した末
の結論だという。

映画マトリックスでもモーフィアスが「自分の見ている景色は脳の電気信号によって映し出された虚像に過ぎない」と語っている。

この宇宙そのものがホログラムでできた空間だとするなら、現実だと思っているこの物質的な世界そのものは仮想現実''マトリックス''であり、さらに進化した高い次元の存在、つまり神話に説かれている神々やSFに登場するエイリアンなどによって管理、支配されているのかもしれない。 

そして世界の裏で暗躍しているという秘密組織は、このような秘密を隠すために情報を隠蔽し、都合よく書き換えている。 

この映画は、単なる日本のSFアニメに影響を受け、革新的なCG、VFX技術を駆使し制作されているというだけでなく、仏教的な世界感や科学的な未来予測を見事に投影した作品として、科学者からも高く評価されている。

機械、人工知能の反乱

西暦2019年の地球。環境悪化により人類の大半は地球外へと移住し、地球に残った人々は超高層ビルがそびえるメガロポリスで生活していた。宇宙では遺伝子工学を駆使して造られた「レプリカント」と呼ばれる人間と見分けのつかない外見と、高度な思考を持つアンドロイドが、宇宙開拓の奴隷として働いていた。レプリカントは人間とほとんど見分けがつかないが、人間と違い感情移入することができなかった。ところが次第に人間と同じような感情が芽生え始め、人間に対し危害を加え始める。そんな危険分子のレプリカントを取り締まる元レプリカント捜査官ブレードランナーのデッカードは、地球に侵入したレプリカントの捜索と処分を再び任される。

西暦2035年のアメリカ。 ある日、大企業U.S.ロボティックス社に勤務するロボット工学の第一人者ラニング博士が何者かに殺害される。事件の真相を追う主人公の刑事スプーナーは、人間に近い知性を持つ次世代ロボットのサニーを研究室で発見し拘束する。スプーナーはロボティックス社によるロボットの襲撃を受け、後にロボットは市民を拘束し、対する市民による暴動も起き始める。スプーナーは混乱に巻き込まれながらも首謀者と思われるロボティックス社長のロバートソンの元にたどり着くが、ロバートソンはすでに殺害されていた。事件の黒幕はマザーコンピュータ VIKI(ヴィキ)だった。

西暦2029年。進化した機械との核戦争(審判の日)によって地上は荒廃していた。人類抹殺を目論むA.I.スカイネットが統率する機械軍により、絶滅の危機を迎えていた人類だったが、機械抵抗軍の指導者であるジョン・コナーの奮闘もあり、機械軍も手を焼いていた。そこでスカイネットは、人型の暗殺サイボーグ''ターミネーター''を過去へ送り込み、ジョンの母親サラ・コナーを暗殺し、ジョンを歴史から抹消しようと目論む。抵抗軍側もサラの護衛という使命を受けたカイル・リースが、タイムトラベルで同じ過去へと送り込まれる。やがて人類と機械の命運を分ける死闘が、時を超えて繰り広げられる。

1 2 3