1. まとめトップ

新社会人必見!上司をガッカリさせない名刺交換の7つのポイント

名刺交換は、お仕事の基本中のビジネスマナー。ビジネスマンとして恥をかかないようにしましょう。基本的な要領について紹介します。

更新日: 2015年03月17日

6 お気に入り 5542 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gyorimamaさん

社会人にとって必須...名刺交換の役割

ビジネスマンにとって名刺は「顔」のようなものであり、名刺交換は相手に自分を知ってもらうための第一歩

名刺交換の際の大切な心構え

まず大切な事は、いただいた名刺は、相手の分身と考え丁寧に扱うことです。その気持ちだけでも自然と名刺交換のマナーは向上します。

名刺交換で好印象を与えればビジネスチャンス!

名刺交換は相手と初めて会った時にするものなので、名刺交換の作法によって相手が受け取る第一印象は変わります。

正しい名刺交換のマナーができているかどうかは第一印象に強く影響しますし、名刺交換後の取引ややりとりをスムーズに行うためのカギともなります。

これだけはチェック!名刺交換、7つのポイント

1 すぐに出せるように準備

名刺入れはバッグの取り出しやすい場所など、分かりやすいところに入れておく。

2 手渡しやすい距離を取り、必ず立って渡す

名刺は必ず立って交換する。出された名刺を座ったまま受け取るのは論外!

3 訪問者から先に名乗る。交換は上司から順に

名刺は下の立場の人から上の立場の人に差し出すのが基本。通常は訪問者が先に出す。

上司と一緒の場合は、上司が先に相手と交換をする。相手が複数いる場合は、立場が上の人から順に交換していく

4 社名、名前を名乗る

「○○社の△△と申します」と社名と名前を名乗りながら両手で手渡す。

名前はフルネームを言うのがベター。読みにくい名前はゆっくり名乗る

5 両手で受け取り、相手の名前を確認

「ちょうだいいたします」と言いながら、相手の名刺を両手で受け取る。受け取った後も、胸の高さより下には下ろさない。「◎◎様ですね」と相手の名前を復唱して、確認する。

1 2