1. まとめトップ

最新の勉強法・変わった勉強法を取り入れている塾まとめ

つめ込むだけが勉強ではありません。最近ではいろいろな研究が行われ、効率よく勉強する勉強法がたくさん生まれています。最新の勉強法やちょっと変わった勉強法を取り入れている塾をまとめてみました。

更新日: 2015年04月16日

koconekouさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 2087 view
お気に入り追加

明利学舎

明利学舎ではアクティブ・ブレイン協会とのコラボで脳力を飛躍的に高める画期的な『親子特別授業』を学習塾、教育機関として日本で初めての導入しています。

新メゾット導入で子供の目標意識、指導環境、人間教育も含めたスキルアップが期待できます!

アクティブ・ブレインセミナーとは

記憶力&イメージ力が飛躍的に向上し、脳が目覚めるまったく新しいメソッドです。一度に沢山覚えられて忘れようと思わない限り忘れない驚異の記憶保持能力を手に入れることができます。
人間の脳は、わずか数パーセントしか稼動していないといわれています。その眠ったままの脳をほんの少しでも動かすことができたら、多くの人が天才的な能力を発揮するようになるはず!

期待出来る成果

【お子様への指導効果】

①記憶力のメモリーアップで軽自動車がスポーツカーになる!!
②記憶の全く異なるOSを脳にインストールする!!
③20個の英単語なら10分で覚 えられる!!
④歴史年表、『1900年 八幡製鉄所が操業開始』〜『1978年 日中平和友好条約が締結』までの37年表が 時間をかけずに覚えられる!!
⑤160個のキーワードが時間をかけずに覚えられる!!
⑦イメージ分解法+空書法⇒複雑な漢字、カタカナ文字を大量に瞬間的に記憶する!!
⑧イメージスピーチ法⇒どんな文章でも瞬時に覚えて語ることができる!!
⑨数字記憶法⇒どんな数字でも大量に瞬間記憶する!!
⑩スペース記憶法⇒脳のメモリーを飛躍的に上げる!!

【保護者へのメリット】

①お父様、お母さまの脳容量の大幅なアツプが図れる。
②お子様への指導やアドバイスが可能となる
③未だ保護者も知らない、お子様の無限な能力を直接確認できる。
④共に同じプログラムに参加 する事で親子の絆が強固になる。
⑤お子様の能力をより信じる事ができる様になる。
⑥お母さま の子育てがとても楽に楽しくなる。

探究学舎

探究学舎では、勉強をただ教えるのではなく、ストーリー仕立てにした歴史の勉強やミニ四駆やロボット制作を通したテクノロジーの学習など、子どもが興味を持ち、忘れにくいように子どもの探究心をくすぐる勉強法を取り入れています。

学習者に学ぶ楽しさを知ってもらいたい――。こうした思いの下、動画や米Appleのタブレット「iPad」といったIT製品/技術を講義に活用するのが、小学生から高等学校生を対象とした学習塾の「探究学舎」だ。学力向上ではなく、教科や学問そのものへの興味関心を高めるという探究学舎の教育方針は、同塾を運営するワイズポケット代表取締役社長、寳槻泰伸氏の幼少期の家庭教育環境が原体験となっていた。

探究学舎が重視するのは、その名のとおり「探究心と自発性」。生徒たちは、興味を持ったテーマを研究したり、クラスメートと議論したりしながら自分のノートにまとめていく。「ニュートンは万有引力をどうやって発見した?」「地球の直径はどうやって測る?」など、スケールの大きな「問い」を先生が投げかけながら、子どもの興味関心を引き出していく。そのうえで、子どもが調べたり考えたりする過程を支援する役割を担う。その際、映像や漫画を多用するのも特徴的だ。

谷沢塾

脳の思考を絵で整理して繋げていくマインドマップ。
しばしば社会人のテクニックとしても紹介されますが、谷沢塾では理科と社会の勉強方法に導入し、イメージづけて学習できるようにしています。

マインドマッピングもしくはマインドマップは、トニー・ブザンが提唱した、自分の考えを絵で整理する表現方法です。
脳の思考を開放するといわれている「放射思考」に基づいて考案された、従来とは全く違うノート術・発想術のことです。
1枚の紙の上に、表現したい概念(テーマ)をキーワードやイメージで中央に描き、そこから放射状に連想するキーワードやイメージを繋げていき、発想を広げていきます。

マインドマップは、色とイメージと、変わった形のブランチ(枝)と、試験に出る重要語句を組み合わせて、1枚の紙の上に一つのテーマをまとめて書くという勉強方法です。
谷沢塾では、多くの受験生が、途中で根気が続かなくなってしまいがちな理科と社会の受験勉強に、このマインドマップを使っています。
色やイメージや変わった形のブランチがあなたの脳を刺激し、勉強すればするほど、集中力が上がっていきます。

アオイゼミ

オンライン学習塾は以前もありましたが、アオイゼミはスマホアプリを利用した学習塾。
スマホ型の学習塾らしく、ネットリテラシーなどの講座も。

中高生はスマートフォンさえあれば、無料で毎日受講できます。ライブ授業は3,000人以上の生徒が同時に一つの授業を受講しており、コメントやスタンプを通じて自由に発言できます。講師への質問や解答、生徒同士での会話など、コミュニケーションを主軸とすることで、楽しく夢中で勉強する環境を一緒に作り上げています。

スマホ学習塾アオイゼミでは、 全国の中学生・高校生を対象に、無料で授業をライブ配信している。一方グリーは、2011年より未成年向けの啓発活動を、CSRの一環として実施している。
今回配信される「正しく怖がるインターネット」は、未成年の情報リテラシーを向上させるための授業で、スマホを巡るトラブルを避けるための知識を教授する内容とのこと。グリーが展開する授業内容や最新事例などを踏まえ、「炎上事件」の解説、ネットでの失敗の回避方法、ネット上での失敗・注意点についての授業となっている。講師はグリー政策企画室 安全・安心チームの小木曽健氏が務める。

1





koconekouさん