1. まとめトップ

昨今人気の高性能最先端CPU特集

近年目まぐるしい進歩を遂げているパソコンの脳みそに当たる、CPU。自作PCユーザーや、家で常にパソコンを使うようなヘビーユーザーにとって、CPUは大切ですので、ここで最新商品にフォーカスしてご紹介。

更新日: 2018年08月14日

7 お気に入り 5600 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

パソコン使うには性能の把握は大切です。

moepapaさん

Core i シリーズ

Intel Core i7(インテル コア アイセブン、以下 "i7")は、インテルが製造する、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサである。
Core i7 はハイエンド向けの上位製品であり、主にクアッドコア / 8スレッドのラインナップとなっている(Gulftownはヘキサコア=6コア)。

Xeonシリーズ

Xeon(ジーオン)は、インテルがサーバあるいはワークステーション向けに製造販売している、x86 命令セットを持つ CPU 用のマイクロプロセッサのブランド名である。
内蔵グラフィック性能をcore iシリーズに比べて抑えて、代わりに、コア数を伸ばしている製品が多いです(サーバー用途がメインのため)。

最高で18コア36スレッドを実現する超高性能CPUです。そして、複数CPU前提で作られていますので、デュアルCPUにすることが可能で、36コア72スレッドマシンを組むことができます。

現状では数少ない36コア72スレッドマシンを作れる数少ないマザーボードです。2CPU、8メモリレーンの大型マザーボード。
SSI EEBフォームファクター
市場価格 75,000円前後

Atomシリーズ

本来Atomシリーズはネットブック用途等の、低発熱CPUであって、性能自体はかなり低いものでした。
しかし、近年その常識を打ち破り、サーバー用途にも使える8コアAtomも登場して、徐々に低発熱・低電力の高性能CPUになりつつあります。

AMD

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices, Inc. / AMD)は、アメリカの半導体製造会社である。
1969年に設立され、インテルx86互換マイクロプロセッサ及び、自社64ビット技術のAMD64対応マイクロプロセッサ、APU (Accelerated Processing Unit)、GPU (Graphics Processing Unit) や、フラッシュメモリ等を生産している。

1 2