相手ディフェンスのバランスを崩すために1対1などを仕掛けていたが、今は彼の前にはネイマールやリオネル・メッシという1対1を得意とする選手がおり、イニエスタが仕掛ける必要はない。それよりも中盤でゲームをオーガナイズし、空いたスペースを埋めることにイニエスタは気を使うようになった。想像力でチャンスを作っていたが、今は機械のように走り回り、チームのバランスを整えることに努めている。実際にリーガ・エスパニョーラ第19節のアトレティコ・マドリード戦(3-1で勝利)でピッチ内を1番走っていたのはイニエスタで走行距離が11.5キロと地元紙は報道していた。

出典イニエスタの華麗なプレーは減った? 求められる黒子の役目を完遂 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

黒子に徹しているイニエスタ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【サッカー】 バルサ、スペインの天才からヴィッセルの天才になったイニエスタ!!!

今年のJリーグを盛り上げる事間違いスペインの天才アンドレス・イニエスタ

このまとめを見る