1. まとめトップ

フードコンサルが勧めるお花見の楽しみ方

日本人に生まれてよかった!と真剣に思えるほど大好きなイベント「お花見」つつましくも綺麗なピンク色した花々を眺めながら、昨日合う仲間と酒を飲む。こんな素晴らしいことはないですよね。そんな(私が大好きな)お花見を、さらに楽しむための方法がありますので、いくつか紹介します。

更新日: 2015年03月06日

1 お気に入り 2509 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Norio42さん

お酒を飲むことを前提にプランをたてよう!

お花見と言えば、お酒ですよね。

お酒が入る前と後では取りうる行動も違えば、頭の思考回路も変わってきます。
色々なことが面倒になったり、おっくうになったりします。

「事前に計画しておけば、その花見の成功は間違いない」という私の名言があるくらい、大事なのが事前の計画です。

お花見の片づけはお酒も入っているせいか、なかなか面倒。見ているだけでほとんど動かない人やさりげなく場所を離れる人も多いんです……。

そんな中、キビキビと動く姿は好感度急上昇! お花見幹事にも喜ばれます。積極的に動きましょう。

そうなんですよ~。で、場の雰囲気とかもありますが基本的に通常の思考回路ではないので「現地で考える」「当日考える」「なるようになる」的な考えただと、当日面倒なことになるので注意が必要です。

強引な場所取りは控えよう!

あえて具体的には書きませんが、アジア圏出身の外国人の方々の強引な場所取りや、割り込みはiPhone販売時にも問題になったように花見でもトラブルの原因となります。

金で全て解決。これは個人的にはあまり好きにはなれません。
今はSNS等で簡単に情報が拡散しますので、こういった行為をすると、ネット上にさらされる危険もありますので、注意した方がいいとおもいます。

料理は外注(発注)してしまえ!

お酒も入って、正常な思考回路を保つことは難しいし、場所取りだけでも疲れちゃう。そのうえ、お弁当を作って持ち寄り。
なーんてやってしまうと、お花見どころか準備と片づけだけで疲れてしまって、本来は綺麗な桜を見ながらみんなでワイワイしたかったのに、それどことではなくグロッキーになってしまいます。

コンサルを行う際の基本ですが、目的と手段を明確にするのが良いです。(コンサルっぽいでしょw)

つまりお弁当を作るのは目的ではなくて、あくまで手段ですよね。しかも、お弁当はマストではないですし、本来の目的(桜と見ながら仲間を楽しく酒を飲む)を達成するためには、お弁当作りよりも仲間との会話に時間を割いた方がいいはずです。

せっかくのお花見ですから、準備と片づけでグッタリしないようにするためにも賢く楽しみましょう。

では、ここから
プロ目線での楽しみ方をお伝えします。

おすすめの外注先

弁当の宅配なら逸品弁当さん

お手製のお弁当を美味しく楽しむほか、お花見弁当など料亭や百貨店でのお弁当の販売も近年注目されています。
宅配のお弁当やケータリングのデリバリーで普段とは違う屋外でのパーティーや会食風にするのもおすすめです。

私もおすすめです。

鶏そぼろと玉子の二色ご飯に 煮物や焼き魚などいろいろ楽しめる幕の内弁当です。ベーシックな幕の内弁当は会議やイベントにも重宝されます。

※10個以上からのご注文可能。

カフェ風ランチで花見を楽しむならこちら

特選肉と新鮮な野菜に濃厚なタレが絡まった特製チキンは高級店で食べる味に引けをとらない一品です。

こんなオシャレなお料理と、ビールとワインとおつまみがあって、昼間から飲めたら最高ですよね。
片付けを気にしなくていいのが、また最高♪

大勢で集まるならケータリングもいいよね

お弁当も楽だけど、人数が増える。または人数が読めない、というときはケータリングがお勧め。

板橋にお店を構えて3年。人気のイタリアン「板橋三丁目食堂」。
こだわりのトマトやレタスなどの農園野菜と、華やかな洋食弁当でも人気のブランド「クッチーナ」が
パーティーや懇親会におすすめのオードブル料理をてがけています。
シーフードにもこだわり、特製のパエリア風サフランライスやロブスターなど、彩りの良い地中海風の豪華なメニューを取り揃えております。

最低注文金額は1万なんですが、「送料無料」というのが最高にうれしいです。

付属品もあります。
◆お箸・取り皿・お手拭を人数分サービス
◆紙トングを1皿につき1個サービス
◆ごみ袋を目分量サービス

最後に

毎年、急性アル中で救急車が呼ばれる騒ぎになりますが、皆様も節度を持って楽しみましょう!

1