試験では花粉症の被験者80名にまず花粉曝露し、その後、「L-92乳酸菌」配合タブレット3種類(菌末量20mg、60mg、180mg)の3つのグループとプラセボ(「L-92乳酸菌」未配合タブレット)の計4グループ(各20名)に分け、8週間摂取しました。摂取後8週目に再び花粉曝露を行い、摂取前後の眼や鼻などの花粉症の症状の変化を解析しました。

出典Yahoo! JAPAN PR企画 - 注目の花粉情報と「L-92乳酸菌」

前へ 次へ