1. まとめトップ

目を覆いたくなる…太平洋ゴミベルトのあまりに醜い現実

北アメリカ大陸にほど近い太平洋のある海域には、日本の国土面積のおよそ4倍の範囲にわたって“ゴミの島”が浮かんでいます。もちろん、そこに棲む生物たちにも甚大な被害が。海に流出したゴミの大部分が最終的に行き着く場所「太平洋ゴミベルト」についてまとめました。

更新日: 2015年10月11日

16 お気に入り 159955 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海洋ゴミが集まる海域「ゴミベルト」の存在を知っていますか?

太平洋ゴミベルト(Great Pacific Garbage Patch)は、北太平洋の中央(およそ西経135度~155度、北緯35度~42度の範囲)に漂う海洋ごみの海域

太平洋に浮かぶ異常にゴミが集中した海域、それが「太平洋ゴミベルト」

太平洋の真ん中、広い範囲にゴミが浮かんでいる地域があります。太平洋ゴミベルトと呼ばれ、主にプラスティックゴミが生物に打撃を与えているそうです。

浮遊したプラスチックなどの破片が北太平洋循環の海流に閉ざされ、異常に集中しているのが特徴の海域

主にプラスティックゴミで構成される、正真正銘の浮かぶゴミ集積場

想像を絶するほど広大な太平洋ゴミベルト

ごみ域の存在は、カリフォルニアを拠点とする船長で海洋研究家でもあるチャールズ・ムーアの論文により、広く衆目と科学的な注目を集めた。ムーアは、トランスパシフィック・ヨットレースに参加したあとの北太平洋環流を帰る途中に、莫大な漂流ごみの広がりを目の当たりにした。

テキサス州の約2倍もの面積のゴミの島が、太平洋を浮遊しています。

これは日本の国土面積の約4倍に相当します。

推定面積は70万平方キロメートルから1500万平方キロメートル(太平洋全体の0.41%から8.1%)。ゴミの総量は1億トンと推定されている

2001年に採ったサンプルでは、プラスチックの質量が、(この地域の最有力な動物である)動物性プランクトンの7倍を上回った。

なぜ海洋ゴミが特定の海域に集中するのか

海流や風の影響で、ゴミが特定の海域に徐々に集められる。

台風の目と同じように、プラスティックゴミの島は、環状の巨大な海流の中心にある。これがゴミを吸い込んでつかまえる原因だ。

地球の自転や、風や、水の温度や塩分濃度の違いによって生み出される「海流」によって太平洋中のゴミが運ばれ、特定の地域に異常に集中するのです。

ごみの破片は海流によってアジアの東海岸から循環の中央へ一年以内に運ばれ、また北アメリカからの破片は五年ほどで運ばれる

太平洋ゴミベルトのゴミの中には中国製、日本製、韓国製といったアジアからのゴミも非常に多く見られるそう。

ビーチサンダルやビニール袋といったごみは、日光で徐々に分解されて極小の破片となり、波の動きによって渦巻き状に寄せられ、米ハワイ州と米本土の間の海面下で集積していると考えられている。

東日本大震災の影響が懸念されている。津波によって150万トン程度とされる多種多様なものが海に流され、そのなかには油性廃棄物や化学薬品なども含まれる。漂流するがれきは、最終的に太平洋ゴミベルトに集積することになる

あらゆるものが海洋に流出した関東大震災の影響も懸念されている。

生物への影響

海洋ゴミは多くの海洋生物を苦しめている。

プラスチックは海洋生物にとって最大の脅威となっている。ゴミを食べ物と間違えて、大量のポリスチレンを摂取する結果となっているからだ。

浮かんでいる粒子は動物プランクトンに似ており、それがクラゲに誤食されることで海洋食物連鎖に入る。
これら長く残る欠片の多くが、クロアシアホウドリなどの海鳥やウミガメなどの海洋生物の胃に行き着く。

プラスチックのゴミを食べ、飢えか窒息により死亡した鳥。

太平洋ゴミベルトでは、最高レベルではないとしても、高濃度のプラスチック微粒子が海水の上層部に漂っている。

目に見えるゴミ以外にも、光分解により分子レベルまで崩壊したプラスチックがこの海域には高濃度で存在しており、それが生態系に与える影響も研究されています。

破片になってしまったプラスチックは小さすぎ、衛星写真ではとらえられない。しかし、これだけの分量から考えれば、魚や鳥などの海洋生物たちは知らずに 「有毒のスープ」を飲み込んでいるといえる。

細かく分解されたプラスチックは、生き物たちが食べ物と間違えて飲み込んでしまう。

ペレット状のプラスチックには、海水中にあるDDT、PCB(ポリ塩化ビフェニール)といった毒性の高い物質を集中的に引き寄せる性質もあるとされる。

これらの物質はその毒性作用に加え、野生生物のホルモンを撹乱させる作用もあるとされています。

微粒子・ボトルキャップ・レジ袋は、海鳥や海棲哺乳類の餌にまぎれ、遺棄漁具は、生き物にからみついて死に追いやっている。

若い頃にゴミの輪に体が挟まったまま成長してしまった亀。

1 2