1. まとめトップ

Oasis(オアシス)の名曲 ジャンル別 まとめ

don't LOOK Back in angerやWhatever、wonderwallなどOasisのおすすめの名曲を、音楽ジャンルに分けて紹介しています。

更新日: 2018年04月16日

9 お気に入り 33649 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

onifutoshiさん

イギリスの国民的バンド、オアシスの魅力がたっぷりと分かる名曲をジャンル別にまとめました。

バラード編

言わずと知れたオアシスの名曲、イントロのコード進行はノエルギャラガーが崇拝する
あの伝説の人物ジョンレノン、のイマジンとほぼ同じです。

DON´T LOOK BACK IN ANGERのギターのみの貴重な音源。
こうやって聞くと、ノエルのギター、
美しいですね。
ギターが歌ってる!感情を出して!

アコースティックギターの弾き語りから始まるこの曲、
淡々と歌われるリアムギャラガーのボーカルと
ギターアルペジオの調和が
なんとも言えず心地いい、
明らかにノエルギャラガーが入れ込んでいた
ザスミスを思わせる名曲です。

Wonderwall のギターのみの貴重な音源、
ドラムとベースが入らなくても
ギターだけで
普通にシングル化できるくらい完成されているのには驚かされる。

労働者階級を自称している、ノエルギャラガーが、
ここまでメロディアスでクラシカルな名曲を作れるのは、
本当に不思議だ、彼は一体何者なんだろう?
この曲はノエルが母親の為に書いた曲らしい。

b面を集めたアルバムに収録されているこの曲、
なぜシングルにならなかったのか不思議に思えるほどの名曲です。
「THE MASTERPLAN」とは神の計画との意味があるようで、
この曲は一般市民にはどうしようもない事への嘆きの歌にも聞こえます。

またもやノエルギャラガーのヴォーカルの名曲、
True perfection has to be imperfectという歌詞の部分、
「本当の完全は不完全でなければならない」という意味だが、
この歌詞だけでオアシスがなぜこれほど人気をはくしたのか分かる気がする。

日本人には受け入れられやすい情緒を感じさせる名曲、
すばらしい曲なのに意外と知られていないのが不思議。

オアシスには珍しくやさしさにあふれた曲、
随所にあるギターのアルペジオがまるで歌を歌っているかのように奏でられている、
心にしみる名曲。

ノエルギャラガーがヴォーカルの曲、
B面、
「俺はまいってきてるのかな?いや、ただ単に年取ってきただけさ!!」
と歌われるこの歌は、
はしゃぎすぎた20代からちょっぴり落ち着いてきた30代のノエルギャラガーの気持ちが歌われている。

こうやってまとめていくと、オアシスのバラードと言えばノエルギャラガーだと
改めて気づかされます。

オアシスの曲の中でも知る人ぞ知る名曲、なぜならこの曲、未発表曲なんです、
この曲に出会えたオアシスファンのあなたはラッキーです。

それまでは、ここまで優しい歌声の曲は無かったが、当時歌われたこの歌は、オアシスの曲でも初めてと言っていいくらい優しい歌詞と歌声だった隠れた名曲。

アップテンポ編

Don't Look Back in AngerのB面、
これほどの名曲がB面とは、オアシスの懐の深さ恐るべし。

こんなポジティブな曲がかつてあっただろうか?
詩、メロディー、リアムギャラガーの歌いっぷり、
すべてが最高すぎて感謝したくなるほどの曲、
神様、オアシスをこの曲をこの世に誕生させてくれてありがとう!!

この曲もB面、
歌詞にAcquiesceというフレーズは一言も出てこないが意味は同意する、黙って従う、
と言う事らしい。
サビの部分に
「そして俺達はきっと捜し出せる筈
自分達の中で眠ってる何かを
俺達の中で眠ってる何かを」
とある、
このギターリフにこのメロディー、歌詞、
しびれる!!

インストゥルメンタル曲、
ギタリストなら誰でも弾ける簡単なギターリフ、
それでいて溢れ出すドーパミン、
オアシスの謎と魅力がつまった不思議な曲。

記念すべきデビューアルバムの一曲目、
リアムギャラガーが
「今宵俺はロックンロールスターだ」と恥ずかしげもなく歌う姿は唯一無二で実にかっこいい。
ノエル曰く、「俺が書きたいことは全て、この曲に書いた。」との事らしい。

シンプルすぎるギターにノリノリノのボーカル、
若き日の高揚感があふれてるね!!
PVも実にかっこいいです。

リアムギャラガーの為にあるような曲!!
最高です!!

この曲もなぜB面なのか理解に苦しむほどの名曲。

サイケデリック編

この曲で現代のビートルズに近づいたと、ノエルは発言している。
かつてのオアシスの曲とは大きく変化し、
ドラムループやサンプリング、メロトロン、スクラッチ音などが挿入されている。
聞いていて実に心地いい高揚感がある。

歌詞の内容にあまり意味がないらしいが、
脳に響く気持ちよさや、エネルギーは素晴らしいですね。

サイケデリックな曲がカッコいいなんてことは、あまりないのだが、
この曲のライブはクールでカッコよすぎてしびれる、
ノエルギャラガー、只者じゃないですね。

オアシスの曲のなかではかなり珍しいアレンジの曲、
ある意味、かなりぶっ飛んでます。

1 2 3 4