1. まとめトップ

【男性の女性化!?】男性の豆乳効果が怖い!

【男性の女性化!?】男性の豆乳効果が怖い!

更新日: 2015年04月19日

112 お気に入り 1043007 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ebina-yuさん

まず、豆乳は体に良いです。その効果からみてみましょう

1)脳の活性化

2)女性ホルモンの促進

豆乳の“大豆イソフラボン”が、女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、女性ホルモン低下に伴う骨粗鬆症や乳がん、更年期障害などの予防につながります。
ただ、「女性ホルモン」アップにつながるため、生理前に豆乳を飲み過ぎると、ホルモンバランスが崩れ、生理不順を引き起こすという報告が多数あがっています。また、男性が摂取すると、体臭予防や薄毛予防効果が期待できます。

3)便秘改善

4)美容効果

豆乳にはビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2が含まれます。美肌効果、皮膚の保護などの効果が有り、また、血行促進、肩こり改善などの効果も期待できます。

男性の豆乳効果

男性ホルモンの分泌を抑えてくれ、男性特有の脱毛を予防でき、抜け毛が減り、育毛効果としても期待できます。

髪に悩む方が使う育毛剤には成分としてイソフラボンも含まれていることでも、効能があることがお分かりになるかと思います。

近頃は男性にも、美肌、体臭を気にされる方もいらっしゃるので、その点でもニキビ予防や汗を抑える効果を十分に期待できる豆乳はおすすめの食品です。

タンパク質は豊富なので、筋トレ等筋肉を太くする際には肉類に引けを取らない効果があります。

豆乳の適切な摂取量は?

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、100ml当たり20~25mg程度。木綿豆腐なら100gあたり27mg、納豆50g(1パック)で36mgです。そして、大豆イソフラボンの1日あたりの摂取量の適量の目安は、70~75mgとされています。ということは、豆乳は1日300ml未満がいいようです。その他に豆腐や納豆も食べるようなら、200ml程度、というところでしょうか。

どれくらいの量の豆乳を摂ればいいのか気になるところですが、コップに1~2杯、200mlから400mlを摂取することが理想です。

男性は忙しくされている方も多いと思いますので、朝食時にさっと豆乳を1杯のみ、その後の食事で、豆乳または、豆腐などの大豆製品から栄養を摂ることも良いと考えられます。

適量ならアンチエイジング、美肌効果、動脈硬化予防などいいことずくめの豆乳。しかし、男性の豆乳過剰摂取は要注意!?

40代男性が豆乳をガブ飲みし続ける → 胸が猛烈に成長! Dカップでもハミ出す大きさに!

当初、劉さんは「この胸の膨らみは “中年太り” によるもの」と信じていたそうだが、病院に行ったところ「イソフラボンの摂りすぎによる乳房の発育」であることがわかったのだそうだ。

豆乳の飲みすぎで胸が大きくなってしまった劉さんは、乳腺と脂肪組織の切除手術を行ったそうだ。

過剰摂取によって引き起こされる男性への影響は?

具体的な症状として挙げられる代表的な例は【精子数の減少】です。過剰摂取してしまえば女性ホルモンの量が過多になってしまいます。

こうなると、女性的な体質に傾いてしまうこともあるのです。
結果的に精子数が減少してしまうことがあります。

■合わせて読みたい

1