1. まとめトップ

本当に月に土地を持てる!?月の土地が絶賛販売中☆

世界中で見上げればすぐに見える地球にもっとも近い星、月。そこの土地がとある会社から売り出され、いろいろな国の人から購入されています。

更新日: 2016年07月05日

6 お気に入り 4639 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

月の土地販売!?

月は、”宇宙協定”で、世界のどの国のどんな政府も所有する事が出来ない!! とされていますが、実は、個人での所有については、特に規定していないんです。

そもそもの発端は、アメリカ人のデニス・ホープ(ルナエンバシー・アメリカ本社CEO)が、「月は誰のものか?」という疑問から、所有権に関する法律を調べたところ、当時、宇宙に関する法律は宇宙条約(1967年発効)だけであった。この宇宙条約では、国家が所有することを禁止していたが、個人の所有に関しては書かれていなかった。

そこで、月の土地を取得すれば販売できるのではないかと考えたデニス・ホープは、1980年にサンフランシスコで月の所有権の申し立てたところ、この申し立てが受理された。

さらに月の権利宣言書を作成し、国際連合、アメリカ合衆国およびソビエト連邦(当時)の各政府に提出したところ、宣言書に対する異議が無かったこと。これらのことを受けて、デニス・ホープはルナエンバシーを設立し、月の土地の販売を開始した。

唯一無二の資産になり、しかもお手軽価格、ということで、プレゼント等に人気です。

月の土地を販売するルナエンバシージャパンについて

上記根拠、経緯により、現在では、地球外不動産として1980年から「月の土地」を販売する
米国ルナエンバシー社が設立され、カナダ・イギリス・フランス・ドイツ等15カ国・地域に代理店を有し、現在全世界で175ヶ国で約200万人の「月の土地」の権利者が登録しています。

日本代理店にあたるのがルナエンバシージャパンで、月の土地を購入したり、プレゼントをする場合は、こちらの公式サイトから申し込み・購入手続きをすることになります。

実売価格等

月の土地は、1エーカー(約1200坪)がネット価格、2700円。

一般に、月の土地は、何か?の現実的な利用目的で購入するというよりも、ロマンや夢を買うという意味合いになりそうです。また、自分の為の購入はもとより、お誕生日や記念日にサプライズなプレゼントとして大切な方へ贈られる人が多いようです。

日本代理店もあり、ちゃんと日本人が購入、各種書類も日本語で確認することができます。

月の土地権利書3枚
月の土地権利書/月の地図/月の憲法
※お手元に届くのは、他に月の土地権利書/(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)・土地所有権の宣言書コピー(英文)・オリジナル封筒 【その他、これ以外にもセット商品あり】
などが届くようです。

これまで、アメリカ合衆国元大統領やハリウッドスター、アメリカの有名企業をはじめ、日本でも約15万人が購入しているという月の土地。誕生日や記念日のサプライズギフトとしても人気が集まっているという。

注意事項

月の土地は、申請をされた米国などをはじめとする国々では認められているものの、”世界中の国々で一致団結され公認されたもの”とまでは言えない為、将来の確実な不動産投資という意味での購入としては、正直、おすすめできません。

あくまで、否定、拒否されなかっただけであり、じゃあ宣言しただけで、異論が出なかったら本当に所有か?というとそんなわけはないので、あくまでロマン、というだけですね

さらに、どこにも今すぐ月に住めるとは書いていませんし、月の土地を購入しても実益が発生しない事は誰の目にも明らかです。

あくまで月を所有している、という自己満足と、ロマンを楽しむといいですよ、というものですね。

月とは

月(つき、独: Mond、仏: Lune、英: Moon、羅: Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星(地球を回る天体)である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。地球から見て太陽に次いで明るい。
古くは太陽に対して太陰とも、また日輪(=太陽)に対して月輪(がちりん)とも言った。

太陽系の中で地球に最も近い自然の天体であり、人類が到達したことのある唯一の地球外天体でもある。
地球から見える天体の中では太陽の次に明るく、白色に光って見えるが、これは自ら発光しているのではなく、太陽光を反射したものである。
また「月」は、広義には「ある惑星から見てその周りを回る衛星」を指す。例えば、「フォボスは火星の月である」などと表現する。

月の直径 (3,474km) は、木星の衛星ガニメデ (5,262km)、土星の衛星タイタン (5,150km)、木星の衛星カリスト (4,800km)、イオ (3,630km) に次ぎ、太陽系の衛星の中で5番目に大きい。また、惑星に対する衛星の直径比率で言えば、月は地球の約1/4であり、ガニメデが木星の約1/27、タイタンが土星の約1/23であるのに比べて桁違いに大きい。

動画

パソコン・インターネットさえあれば、割と手軽に購入手続きができます。

1