1. まとめトップ

『知ってるかい?』ペコちゃんにまつわる「都市伝説」&「豆知識」【ミルキー】

みんな大好き「ペコちゃん」にまつわる「都市伝説」&「豆知識」です。

更新日: 2017年11月16日

7 お気に入り 88205 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nikonikohighさん

ペコちゃんは恐ろしい少女 説

ミルキーといえば、ママの味で有名なロングセラー商品で、日本が誇る有名なお菓子メーカーの不二家の商品である。そんな不二家のマスコットキャラクターといえば、「ペコちゃん」なのだが、実は「ペコちゃん」にはとんでもない恐ろしい都市伝説があるのをご存じだろうか?

「ペコちゃん」のトレードマークといえば、舌でとても可愛らしい絵だ。実は「ペコちゃん」には、モデルとなった少女がいるらしいのだ。そのモデルは戦時中の少女と言われている。その少女は母親と二人暮らしだったらしく、貧しい暮らしを送っていたそうだ。

ある日、あまりにも少女がお腹をすかして苦しんでいたため、自分の娘を守るために母親は自分の腕を斬り落としてしまい、娘に食べさせたらしい。

しかし、あまりにも母親の腕が美味しかったらしく、その味が忘れられなくなってしまい、とうとう、その少女は母親を殺して食べてしまったらしい・・・。「ペコちゃん」のトレードマークの舌は口の周りについた母親の血を舐めているものと思われる。

その話を聞いた不二家の社長は、少女が好きなだけケーキを食べることができる時代を作りたいとおもったらしく、「ペコちゃん」をマスコットキャラクターにしたらしいのだ。
信じるか信じないかはあなた次第・・・。

ミルキーのキャッチコピーが恐ろしい 説

ミルキーのキャッチコピーといえば、「ミルキーはママの味」だが、このキャッチコピーにも秘密が隠されているらしい。ママの味といえば、懐かしい味だとわかるが、もしかしたら本当のママの味だったのかもしれない。

さらに、ミルキーを反対から読んでみると恐ろしい言葉に変わるらしい。
「ミルキー」⇔「キルミー(kill me)」(私を殺して)になる・・・。
つまり、自分の腕を斬り落とした母親が、「私を殺して食べなさい」という意味が込められているのかもしれない・・・。

ミルキーの包み紙にある「ペコちゃん」の顔が切れずに10個あると幸せになれる 説

これは怖い都市伝説というより、幸せな都市伝説なのだが、実はミルキーの包み紙にペコちゃんの顔が切れずに10個あると幸せになれるかもしれないという都市伝説がある。

ミルキーの食べるときに包み紙をみると分かるのだが、実は案外、顔が切れずに10個以上「ペコちゃん」の顔があるのは少ないらしいのだ。

だからなのか、このような都市伝説が生まれたのかもしれない。

ミルキーは5000万分の1の確率でパパの味が混ざっている 説

ミルキーで有名なキャッチコピーといえば「ミルキーはママの味」だが、実はミルキーには5000万分の1の確率で、パパの味が混ざっているという都市伝説がある。

なぜではなぜ、このような都市伝説が生まれたのか?それはある面白いエピソードが絡んでいるらしいのだ。その面白いエピソードとは、消費者から来たクレームらしい。

ある日、消費者からこんな内容のクレームの電話が来たそうだ。
その内容は「ミルキーはママの味って言ってるのに、ママの味じゃない!」とのこと。
これに対して電話で対応したオペレーターの人が「それは、パパの味だったのかもしれないですね。」と返したそうだ。

このオペレータの返しの言葉が元となり、「ミルキーにはレアの確立でパパの味が混ざっている」という都市伝説が生まれたそうだ。ではなぜ、5000万分の1になったのか?

その理由はくだらないことで電話をしてきた人が食べた「ミルキー」にしかパパの味はなかったということと、当時の総販売数5000万分の1ということで5000万分の1になったと思われる。
しかし、本当はもっと多くのミルキーが販売されている。

一応、書いておくが、実際には、5000万分の1でパパの味は入っていない。

一本のクレーム電話から都市伝説が広まったのだ。

「ミルキー」に使われている「ペコちゃん」(ミルキーペコ)と、不二家のキャラクターとして使われている「ペコちゃん」には大きな違いがある

今の「ミルキーペコ」は、みんな青いオーバーオールと黄色いシャツを着ている。リボンの色は青。絵柄は胸から上の部分のみで、どのミルキーも全て同じカット。それに対し、宣伝に使われる「ペコちゃん」や「ミルキー」以外の商品に登場する「ペコちゃん」は、かなり自由に描かれている。オーバーオールとリボンの色は赤で、踊ったり跳ねたりとスタイルも様々。

実は70年代まで「ペコちゃん」の描き方には決まったルールがなかったため、初期の「ミルキーペコ」も発売年によって微妙にデザインが異なっていた。

ペコちゃんのボーイフレンド

年齢 永遠の7歳
身長 100cm
誕生した年 ミルキー発売と同時にデビュー

1