1. まとめトップ

日本国民が知るべき「天皇家の秘密」とは?名ばかり民主主義国家のタブーとは?貴族の私物国家

天皇家は、戦前に財閥の10倍もの資産を持っていたとされており、その財産は、現在も海外の口座にプールされているという事です。国の借金が膨れ上がる中で、一部の権力者は、海外口座に資産を移しています。日本はまさに「名ばかり民主主義」となっています。

更新日: 2018年09月11日

11 お気に入り 321554 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

大金持ちすぎる「天皇財閥」とは?

戦前の天皇家が株式、国債、土地などの資産を持っていたことはよく知られているが、著者によれば、財閥解体時の資料を基に天皇財閥は4大財閥の10倍程度の規模

戦前の天皇は国家元首で統治者、軍隊の最高司令者であったが、同時に日本最大、世界でも有数の資産家であった

日本郵船だけでなく、天皇は大阪郵船の大株主でもあり、これを使って、日本は手に入れた外地へ、人間や物資を運ばせ、莫大な利益

皇家が保有していた株式は、日本銀行、横浜正金銀行、朝鮮銀行、台湾銀行、南満州鉄道、日本郵船、東京電燈、帝国ホテルなど。天皇家は日本最大の金融王

隠されている天皇家の莫大な資産

戦後、天皇が海洋生物の研究家になったのは、ただひとえに自分が専制君主ではなかったというポーズ

天皇家の資産は、現在でも日本にある三菱財閥の力などを背景として莫大なものであると推定されています。

「戦前、皇室には予算として年額450万円が国家予算から計上されていたが、一説によれば天皇の総資産は少なく見積もっても約16億円であるという。

本当の資産総額は、海外へ隠した資産を含めれば、信じ難いような天文学的金額であるともいわれている。

戦時中に行われた天皇家の蓄財

天皇一族によりだまされ「売春婦として欧米に販売された」日本人女性の数は数十万人と言われております。

天皇一族は自分の金儲けのために、健全な若い日本人女性をだまし、売春婦として欧米に「売却」して来ました。

天皇家の戦争犯罪逃れ

それから天皇は、なんと東京裁判のキーナン検事に宮廷筋から上流階級の女性たちを提供し、自分が戦犯に指名されないよう工作した。

家系図から見る天皇家

天皇家と麻生太郎、安倍晋三さんが非常に近い親戚関係にあります。

日本の総理大臣は、同じ家系図の中から排出されています。これが民主主義国家というのは、名ばかりでしょう。

権力者と天皇家は、常に結合してきました。

沖縄が天皇家を嫌う理由

沖縄も、天皇は自らの助命と引き換えに、米軍の永久使用を提供したので、これまたついに沖縄を行幸することはできなかった。

国民負担の増加

国から与えられる収入を株式や国債に投資することで天皇家は資産を増やす。日本が強国になるのに比例して、天皇家の資産も増える。

1 2