1. まとめトップ

朝鮮民主主義人民共和国の安東春最高人民会議副議長は、核・ミサイル開発の目的は自国の独立を守ることだと明らかにした。

北朝鮮が発射しているミサイルは、米国を射程に入れようとするもので、日本向けではない。米国向けミサイルの性能アップで危機が増したはずの米国国内で、どれだけ騒いでいるか。日本と比較すれば、騒ぎはないに等しい。日本向けでないミサイルの性能が向上し、実験されたことで、なぜ日本は騒ぐのか。日本上空を飛んだといっても、高度100kmを優に超えている。日本を射程に収めているノドンは何年も前から、200~300基が配備されている。従って、日本にとっての新たな脅威ではない。
(2)日本向けノドンは先制攻撃で排除できない。日本を射程に収めているノドンは、移動式であったり、山の中に配備されたりで、先制攻撃でこれらを排除できない。数発排除に成功したところで、すべてを同時に排除することはできない。これを排除する軍事行動は、膨大な先制攻撃を受ける。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/09/post_20456.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

日本に向けて、直接的な「核の恫喝」を繰り返すはずだ。そして、これからそう遠くない時期に、北朝鮮は日本列島を「核の射程」に捉えている可能性が高い。

北朝鮮の主な標的は米国だ。そして日本は、安倍政権が成立させた新たな安保法制により集団的自衛権の行使に踏み込んでいる。つまり、北朝鮮のミサイル潜水艦が米国に対して怪しい動きを見せたら、実力を行使してでも阻止すべき義務を負っている

、北朝鮮は2日午前6時半(日本時間同)すぎ、西岸の南浦付近から日本海側に向け短距離弾道ミサイル「スカッドC」とみられる飛翔体2発を発射した。米軍と韓国軍が同日開始した毎年恒例の合同軍事演習「キー・リゾルブ」と野外機動訓練「フォールイーグル」に対する反発を示す行動とみられる。北朝鮮による弾道ミサイル発射は昨年7月26日以来。

朝鮮人民軍人気部隊ランキングの1位は!?

 最も人気がある1位の「護衛総局」はいわば「近衛部隊」である。軍服は一般部隊と異なり、帽子、靴、ベルトは将校と同じレベル。つまり「カッコいい」わけだ。どうせ軍隊に入るなら、作業着のようなみすぼらしい軍服よりも、将校が着るようなパリッとした軍服の方がいいに決まっている。さらに「護衛総局」は除隊後も平壌で安定した生活を送れる可能性も高いという点で最も人気がある。

 2番目に人気があるのは「国境警備隊」。なぜならワイロでガッポリ小遣い稼ぎできるからだ。中朝国境は人の往来も盛んだ。とりわけビジネスマンが往来することから、禁制品の輸入などでワイロが横行する。なかには国境警備隊の兵役の間に「結婚資金」をためるちゃっかり者もいる。

 3位はクオリティの高い物資が配給される「空軍と海軍」だ。11年と長い兵役生活だから比較的美味い食事にありつける「空海軍」は魅力的というわけだ。

 さて、4位は「民間警察」

深層レポート 日本の政治(260)選挙後『民主』『公明』に訪れた『政治力学的変化』」。安倍政権が権力基盤を固めた、というのが一般的な受け止め方ですが、実は総選挙の結果は、民主、公明にも大きな変化を求めるものとなりました。「専門家の部屋」では、「朝鮮半島」に「韓国『国防白書』から

韓国政府は1月6日に「2014年国防白書」を発表した。韓国政府は李明博(イ・ミョンバク)政権末期の2012年12月に「2012年国防白書」を発表しているが、朴槿恵(パク・クネ)政権になって初めての国防白書である。 核弾頭小型化は「相当な水準」 金正恩(キム・ジョンウン)政権は2013年…

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?