米軍・辺野古基地建設をめぐる報道に接すると、マスコミの視点が権力からのものであることがよく分かる。

 沖縄県がサンゴの破砕を確認した26日、菅官房長官は定例記者会見で「一方的に調査を開始したのは極めて遺憾だ」と不快感を露わにした。

 耳を疑うような発言だ。沖縄県民にしてみれば「何でアンタにそんなこと言われなければならないの?」と言いたくなるだろう。

 沖縄県が今回調査したのは、米軍が管理する水域の外なのである。だが、全国紙もテレビも官房長官のコメントをそのまま載せるだけだ。

 なぜ、「そこは制限区域(米軍管理水域)の外だ」と付け加えないのだろうか?

出典田中龍作ジャーナル | 【辺野古報告】 本土マスコミの沖縄報道を疑え

前へ 次へ