1. まとめトップ

AGAの治療には一体いくらかかるの??

AGA治療の不安はみんなで解消した方がいい!! そういうことで情報共有!!

更新日: 2015年05月26日

asunoshowさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 421 view
お気に入り追加

放置していても自然に治ることは無いAGA

髪の毛の数が少なくなる症状には、実は色々な種類があります。
AGAもその1つなのですが、たまにそれは円形脱毛症と混同される事があるのです。
実際両者の症状は、やや似ている一面があります。
円形脱毛症というのは髪の毛の一部が十円玉くらいの大きさで抜けてしまっている
症状なのですが、AGAもそのような症状が見られるのですね。
特に頭のてっぺんの部分などは、それ位の大きさで抜けてしまう事が多いです。

ところが両者には決定的な違いが1つあって、勝手に治るか否かです。
そもそも円形脱毛症の原因の1つは、精神的なストレスです。
何かの心配事などがあって精神的に参ってしまっている方もいらっしゃるのですが、
それが脱毛症という形で出てくる訳ですね。
しかしその症状の場合、放置しておけば簡単に治ってしまう傾向があります。
ストレスが原因なのですから、それを解消すれば自然に治ってしまう事例が多いのですね。

ところがAGAという病気の場合は、たとえストレスが解消されても
治らない事が多いのです。
DHTという物質が必要以上に多くなっているのが原因と言われているのですが、
少なくとも自然に治癒するタイプの症状ではありません。
ですのでAGAは、放置しておくとだんだん髪の毛が少なくなってしまいます。

頭頂部や生え際などがはちょっとおかしいと思ったのであれば、
やはり病院で見てもらう方が無難でしょう。
AGAの症状が進行する前に早めに病院で手を打てば、
髪の毛の本数が大きく減らない可能性もあるからです。

個人輸入と病院のどちらでAGAの解決をするのが良いか

AGAを治す為の方法の1つに、個人輸入があります。
いわゆるプロペシアなどを専門の業者から薬剤を買う方法です。

一般的には、個人輸入の業者からそれを買う事になります。
通販ではなく、個人輸入ですね。
表現は異なりますが、スタイルは通信販売に非常に似ています。
その方法でプロペシアなどを入手するメリットとしては、金額です。
その方法の場合、金額目安は2,000円前後になります。
ちなみに100錠あたりの金額ですね。

ところでその輸入ではなく、クリニックなどからそれを処方してもらう方法もあります。
その方法の場合は、やはり7,000円から8,000円くらいかかると考えて良いでしょう。
上記の個人輸入の方法に比べれば、明らかに価格が高めになりますね。
ですのでAGA治療の為のコストだけを考慮すれば、
病院の方がデメリットが大きいように見えます。
しかし海外から買う方法の場合は、リスクがあるのを忘れてはなりません。

プロペシアという薬の場合は、一部の方々に対しては
ちょっと副作用が発生すると考えられています。
主に性的な働きに関する副作用が発生してしまいますので、
少々怖い一面はあるでしょう。
もちろんそれが発生するか否かは、色々個人差はあります。
それが発生しない方も、中にはいらっしゃる訳ですね。

つまり個人輸入でその薬剤を購入するとなると、いわゆる自己責任になります。
病院の場合は、また別の責任問題になります。
ですので個人輸入とクリニックのどちらでAGAの治療を試みるかは、
料金とリスクのどちらを優先するかで判断する事になるでしょう。

病院によるAGAの為の治療費の目安

AGAを解決するとなると、費用はかかります。
どれ位の費用がかかるかは、その方法次第です。
その症状の治療をするとなると、やはり病院に行くのが一般的です。
クリニックでは、副作用などが発生しづらい薬剤を処方してくれる事が多々あるからです。

ところでクリニックによる治療法も、多岐に渡ります。
例えばプロペシアを用いて治療を行う時には、
費用としては7,000円台が1つの目安になるのです。
しかしミノキシジルなどの薬剤を用いるとなると、5,000円前後になる事もあります。
またそれらの薬剤がどの程度処方されるかにより、料金も異なってくるのです。

上記の費用は1ヶ月目安ですが、状況によっては3ヶ月分処方される事もあります。
その際には、もちろん3ヶ月分の料金が発生する訳ですね。
ただし3ヶ月分となると、若干は費用が安くなる事もあります。
ミノキシジル3ヶ月分ならば15,000円前後ですが、
実際の請求額は14,000円などの具合です。

またAGAの為のクリニックでは、血液検査もあるのです。
患者の状況がどのようになっているかを確認する必要があるので、
その検査費用として3,000円から5,000円ほど徴収されるのが一般的ですね。
ホルモンの検査なども行えば、さらに費用は高めになります。

このように様々な諸費用が発生する訳ですが、一般的には3万円前後が1つの目安です。
しかし髪の毛の状態次第では15,000円近くになる事もあるので、
結局どれ位の費用がかかるかはケースバイケースと言えるでしょう。

ミノキシジルを用いる時に注意するべき点とは

AGAの治療には、よく薬物が使用されます。
その1つとして、ミノキシジルが処方される事があるのです。

そもそも髪の毛の本数が少なくなる原因の1つは、血のめぐりです。
あまり血液のめぐりが良くないと髪の毛に対して栄養分が行き渡らないので、
本数も少なくなってしまう訳です。
ところがミノキシジルには、血管の拡張作用があります。
それで血行が促進されると見込まれるので、AGAの治療も期待できる訳です。
ところでミノキシジルは、自力で購入する事もできます。
海外業者からそれを自力で購入する事例も見られるのですが、
その際に気をつけた方が良いのはその薬剤の副作用です。
一部の方々に対しては頭皮に対する痒みが発生していますし、
フケが増加している事例も見られます。全ての方に対して
副作用が発生する訳ではありませんが、リスクがあるのは要注意でしょう。

ちなみにミノキシジルには塗る物と飲む物があるのですが、
後者の方が副作用が生じる確率が高めです。
また飲むタイプのミノキシジルの場合、腕などの箇所の体毛が濃くなっている事例も見られます。髪の毛以外の毛が増えてしまう可能性があるのは、要注意でしょう。

このような副作用も見られますので、AGAの治療の為にミノキシジルを用いるのであれば、
やはり医療機関などでの処方が無難です。
AGAの治療を行っているクリニックなどでは、
「果たしてミノキシジルを処方しても問題ないか」どうかを確認できるからです。
不慮の副作用で驚かないようにする為にも、
やはり病院から処方をしてもらうのが一番無難でしょう。

果たしていつ頃AGA治療のクリニックに行くのが良いか

AGAの治療方法の1つは、病院です。
その効果には個人差があるのですが、基本的には半年前後で髪の毛の変化が表れてきます。
そして治療を1年ほど継続して、髪の毛がベストの状態になるの目指してくれる訳です。
また病院からは、食生活や生活習慣などのアドバイスが行われる事も多いです。
もちろんその治療は、いきなり行われる訳ではありません。
カウンセリングや検査などを行って、お互いが納得してから診断が行われる訳です。
そして、その治療を受けるのは早い方が好ましいです。
というのも人間の細胞分裂は、回数に限りがあるからです。
基本的に人間の細胞分裂は、最大50回です。
ただ個人差もあり、40回前後で終了する事もあります。
そして約80年間かけて、その40回以上の分裂が行われる訳です。
1回の分裂につき、2年間かけているのですね。
ところがAGAの症状になってしまいますと、その分裂に要する期間が短くなってしまうのです。
2年間などではなく、もっと短縮されてしまいます。本来であれば80年間かけて分裂し続けてくれる筈なのに、
AGAになってしまえば40年や20年などと激減してしまう訳です。
ですので40歳や20歳などのタイミングで、髪の毛が生えなくなってしまう事があるのですね。
このため前述のAGAの治療を受けるのは、早い方が良いです。
20代の段階でAGAの治療を行っていれば、まだ分裂回数に余裕があります。
ところが30代や40代などで治療を受けてしまうと、残り分裂回数が少なくなってしまう訳です。
ですので治療は早いに越した事はありません。
自分でも髪の毛の状況が少しでも気になるのであれば、病院に行くと良いでしょう。

AGAに関わる5つの専門用語

AGAの治療を考えているならば、主な専門用語は知っておく方が良いでしょう。
まず「5αリダクターゼ」という用語なのですが、男性ホルモンの働きを強くする酵素です。
ホルモンが多いと細胞分裂が不活発になってしまって、髪の毛の量が減ってしまったり、抜け落ちなどが発生してしまいます。
それと「テストステロン」という用語もあり、上記の5αリダクターゼと結びつくと「ジヒドロテストステロン」になってしまうのです。
それは抜け毛を促してしまいます。つまりテストステロン自体には髪の毛に対する影響はないのですが、
5αリダクターゼとの結びつきで髪の毛に影響を及ぼしてしまう訳です。
ただし上記のジヒドロテストステロンの影響の影響度合いは、「アンドロゲン受容体」というものにも左右されます。
それも専門用語の1つですね。
その受容体が多い方がAGAになりやすいですが、少ないとその逆の傾向があります。
ですのでAGAの治療を行っている医療機関では、その受容体の両方を検査している事もしばしばあります。
その量に応じて、適切な治療が行われるからです。
以上4つの専門用語はよく使われますね。
それとヘアサイクルという専門用語も比較的よく使われますが、そもそも髪の毛というのは4つの期間を経ています。
成長期が髪の毛が成長していて、その次は退行期と休止期になります。
休止期が終われば、成長期に戻っているのです。
その繰り返しになるのですが、遺伝的原因などによって成長期が極端に短くなっている事があるのです。
成長する期間がとても短いので、髪の毛の生育が上手く行かなくなってしまう症状がAGAです。
以上の4つが、AGAに関連する主な専門用語です。

AGAの状況を確認できるキット

現在の自分の髪の毛がAGAなのかどうかは、キットと呼ばれるツールで確認をする事ができます。
医療機関から取り寄せるツールになりますが、場所を問わず自力でAGAの状況を確認できるのです。
それで今後の髪の毛の状況がどうなっているかを知る事ができますし、
最適な治療方法などもある程度判別する事ができます。
ちなみにAGAの遺伝子検査というのは、従来はクリニックでないと難しい状況でした。
しかし最近では上記のツールで、それを自力で検査できるようになっている訳です。
基本的には口の粘膜の一部を採取して医療機関にそれを送ることになりますが、
キットによっては口の粘膜ではなく頬の部分に独自の棒をすり付けるタイプもあります。
そして採取した物を病院に送付すると、後日結果が通知される訳ですね。
そのキットのメリットですが、まず費用が比較的リーズナブルです。
病院の場合は2万円前後かかりますが、キットは12,000円台ですね。
それと検査の結果が、比較的早く分かります。
病院の場合は1ヶ月ほど経過しないと検査結果が分かりませんが、キットの場合は数週間前後で知る事ができます。
そして、もちろん病院に足を運ぶ手間もありません。
AGAの治療を行うにしても、まずは現在の正確な状況を知っておく必要があります。
全くピント外れの事を行っていても、治療効果は期待できないからです。
上記のキットを用いれば現在の状況を客観的に確認できますので、正しい治療方法の見極めができる訳です。
正しい治療を行うようにする為にも、キットで状況確認をしてみると良いでしょう。

【AGAにかかる費用はどれくらい?】

AGAの治療費用は、健康保険適応外なので、全て自己負担で支払う必要があります。
クリニックによって治療費が異なるので、治療費はどのクリニックを選ぶかによって大きく変わる場合があります。
一般の病院(皮膚科など)は安く済むことが多いですが、採血や血圧測定などの検査は行わず、
医師による診察も問診がほとんどの所が多いようです。

専門のクリニックへ行くと費用は高くなりますが、採血や血圧測定といった検査から
医師による問診・触診など、より細かな検査をしてくれます。
一般の病院の場合、月々約7千~1万5千円、専門クリニックの場合、
月々約1万~3万円と、専門クリニックの方が費用は高いです。
ですが、実際に治療をされた方の意見を拝見していますと、
専門クリニックへ通った方がより治療効果が高いようです。
ですが、問題はやはり費用が高額ということ、そこで「医療ローン」を利用することも当然、考えられます。
ただ、この「医療ローン」は月々の分割で治療が受けられる半面、
クリニック側へ費用が入金された途端に、大した治療も受けられず、
効果も得られず、月々の分割残金だけが残るということも多々あります。
実際に、ローン承認後、開始から満足な治療も受けられず、効果も得られないまま
当初の費用に達した為、そこで治療終了。
納得がいかないとクリニックへ相談しても、「通常は効果が得られる治療法だがあなたに合わない」
「違う治療法もあるが、再度、検査などが必要なため別途費用が発生する」など、
治療期間を延ばし、さらに費用を取ろうとするクリニックがあります。
安易に高額な医療ローンを組む前に、まずは自身にあった治療法や費用をよく考えることが先決です。
もちろん、AGA治療は、治療を初めてすぐに効果が期待出来る物ではなく、長い時間をかけて継続していくことが大切です。
その為、費用は高額となりますが、適切な方法で継続して治療を行えるクリニックを選びましょう。

【今後のAGA治療に期待すること】

現在のAGAに有効な薬としては、フィナステリドとミノキシジルの2種類が効果があるとされている薬ですが、
実際の薄毛や抜け毛といったものは、男性ホルモン以外の働きも大きく関与しているため、
医療成分が含まれていない薬やサプリでも効果を発揮する場合があります。
この市場は年々増加していることもあり、製薬メーカーも研究を行っており新薬の登場も期待されます。
また、古くから男性の薄毛の悩みを解消するアイテムとして重宝されており、
現在においても一般的な薄毛治療の定番として取り上げられる育毛剤について。
最近では、AGAなどの男性に特有の薄毛がピックアップされており、何よりもこうした症状の進行を抑えることができる
育毛剤や同様の成分が含まれる育毛シャンプーへのニーズがますます高まっています。
今後はそれらのアイテムを併用することで、積極的に薄毛治療に励む男性が増えるとみられます。
育毛剤は、薄毛治療の代表的アイテムのひとつとしてとらえられており、世の男性にとっては有難い存在でもあります。
こうした商品は、街中の薬局やディスカウントストアなどでも簡単に購入をすることができ、
ほとんど副作用が無いことも選ばれている理由なのでしょう。
また、最近ではAGAなど薄毛の原因に悩まされる男性が増加傾向にあり、
育毛剤と同様の成分が含まれている育毛シャンプーへの期待も高まっています。
これらのアイテムを併用しよりよい予防を行うことが重要です。
何より、髪を洗う際のシャンプーを見直すことで、抜け毛などの予防になりえると考えられます。

ただし、通常出回っている市販のシリコン含有の界面活性剤入りシャンプーなどといったものは対象外だと言い切れます。
どのようなものがより効果的かなどは、AGAなどの治療に対してより専門的なクリニックなどへ
相談するのがよいでしょう。

【AGA治療の体験談】

私自身、20代後半で薄毛を感じ始めてから、市販の育毛剤や育毛シャンプーなど色々と試しましたが、
あまり効果を得られず、結局AGAクリニックに通うことを決断しました。
ただ、AGAを治療するにあたり、やはり専門のクリニックは最適なのですが、問題は費用が高過ぎるということでした。

そこで初めに選んだクリニックでは「医療ローン(メディカルローン)」を利用しました。
要するに分割払いです。これを利用することで、最大84回までの分割が可能です。
収入が少ない若い人にとって、月々の分割で治療できる医療ローンは自体は非常にメリットが大きいのですが、
やはり心配だったのは、高額な治療費をかけて本当に薄毛が改善されるのかということでした。
結果的に、最初に通ったクリニックでは2年程を治療に費やしたにも関わらず、
当初の不安が的中し、あまり薄毛が改善されなかったのです。
結果、そのクリニックの治療費ローンの残金を払い続けるのみ。
当然、こちらもそのままでは納得できず、費用内での治療継続を相談したところ、
「これまでの治療法があなたに合っていなかった。再度、検査と適切な治療法を
確認する必要があります。ただし、これまでの方法とは異なるため、別途費用が発生します。」とのこと。
正直、絶句したと共に、そのクリニックでの治療は諦めました。
結局のところ、費用うんぬんではなく、本当に効果があり、薄毛が治るのかというところが大事です。
まずはそういった自身の悩みに親身に相談にのってくれるクリニックを探すことが先決です。
月々分割で治療費を支払える「医療ローン」は確かに便利に感じますが、効果がなければ水の泡です。
そのあたりを踏まえて、安易に「医療ローン」を選ぶことは避けるべきです。

その後、もちろん高額費用を費やした悔しさから、あえて、再度治療を決意しました。
私自身、当然AGAなどについてほとんど知識も無く、きちんと考えずに
一番最寄りのクリニックを選んだことが最初の失敗でした。
ただその2年間で、ひとえにAGA治療といっても様々な方法があることを知ることができ、
私自身のAGAに対する知識も増えていました。
そこでまず行ったのは、無料カウンセリングで複数のAGAクリニックを比較し、
複数の医師(または専門スタッフ)から自分の薄毛症状を診てもらうことでした。
いくら専門医とはいえ、複数集まれば見解が異なることもあります。
また、異なるアプローチでの治療を薦められることもあります。
でも実際は、専門家の1つの考えに過ぎず、複数の医師の話を聞くことでいろんなことが見えてきます。
自分の薄毛を改善するためにどんな治療法がいいのかということは、基本的には自分の判断で行わないほうがいいです。
私達は専門家ではないし、だからこそ専門家の意見を聞くことがメリットになっているのです。
よって、ハーグ治療がいいのか、育毛メソセラピーとプロペシアがいいのか、フィナミノ治療だけで充分なのか、
ビタミン剤も服用すべきなのか、自分では判断がつきませんし、選ぶべきではありません。
最終的にAGAクリニックで私に最も効果があるのは、症状に合わせた回数の注入治療と
プロペシア・ミノキシジルの組み合わせということが分りました。

そこで再度、治療を開始し更に2年。。。
当然、費用は掛かりましたが、しっかりと治療の効果が表れ、今では薄毛も気にならなくなるほどです。
このように私自身の経験から言えることは、自分で判断せず複数のAGAクリニックに相談し、
まずは自分の薄毛の状態を診てもらって欲しいです。
複数の無料カウンセリングでAGAクリニックを比較すると、
複数の医師(または専門スタッフ)から自分の薄毛症状を診てもらえます。
これは大きなメリットだと思いますよ!
繰り返しになりますが、自分にあった治療を専門医と相談することが必要なことはもちろん、
改善が期待できる治療に対して投資を行うべきです。

無駄な治療に対して、医療ローンを組むことがどれほど無駄なことかを考えると、
相談するべき病院やクリニックを慎重に選ぶことは重要なことなのです。
専門家の意見も重要ですが、実際に治療に成功した人、失敗した人の体験談も注意深く
見守る必要があると思いますね。

1





asunoshowさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう