1. まとめトップ

自閉症はワクチンが原因!? ワクチンを打つ前に知っておきたいこと

ワクチン、予防接種が原因で副作用が出ることがあります。子どもにワクチンを打つ前に、もう一度考えて行動しましょう。自閉症、子宮頸がん、インフルエンザ、ワクチンが製薬会社の利権が関係していることがあります。

更新日: 2015年03月02日

4 お気に入り 20956 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yana0368さん

ワクチンと自閉症の関係、裁判所が認める(イタリア

去年9月、イタリアの裁判所(おそらくミラノ地裁)が、「自閉症はワクチンが原因(ワクチンに含まれる水銀とアルミニウム)」とする裁定を下していました

自閉症は遺伝によるものではなく、ワクチンが原因で引き起こされているものだとイタリアで認められました。しかもメーカーは臨床治験段階でそれを知っていたとのこと。

このニュースはイタリアのメディアは相当大きく扱ったようですが、アメリカでは完全に報道管制がかかっていたようで、メディアは一切伝えず(日本はそれ以前に、海外情報を取る能力がない)、一部の患者団体だけが追っていたようです。

ワクチンに含まれていた水銀やアルミニウムなど神経毒が原因で、自閉症と脳障害を引き起こした可能性が高いという結論を下した。

「インファンリクス ヘクサ」に含まれるチメロサールは、その神経毒性によって現在、イタリアでは使用が禁止されているが、それが「わずか数キログラムの体重しかない幼児に、推奨レベル最大値を大きく超えて濃縮されている」ことに言及している。

自閉症とは

〈社会性の発達の障害〉

自閉症の人は対人関係の質的な違いがあります。
例えば
・目線を合わせようとしない。
・注意を受けて困っているのに笑ってしまう。
・同年代の子どもと遊べない。
・暗黙のルールがわからない。
・人とほとんど関われない、または積極的に関わり過ぎる。など人と上手く付き合うことができません。

〈コミュニケーションの障害〉

自閉症の人はコミュニケーションの質的な違いがあります。
例えば
・言葉が話せない、もしくは言葉の発達に遅れがある。
・言葉が話せても、意味が正確にわかっていない。また、場面にあった言葉が出てこない。
・自分の好きな言葉を繰り返す。
・話しかけられたことに合った返事ができない。
・指差し、目配せなど言葉を使わないコミュニケーションの意味がわからない。
・相手の手を使って何かをさせようとする(クレーン現象)。
などコミュニケーションが上手くとれません。

〈活動と興味の偏り〉

自閉症の人は想像力を働かせる部分に障害があるため、変わった行動をすることがあります。
例えば
・ミニカーを一列に並べたり、タイヤをくるくる回して眺めたりそのおもちゃ本来の遊び方をしない。
・常同行動(手をヒラヒラさせる、ピョンピョンはねる、ぐるぐる回るなどの行動)を繰り返す。
・同じ道を通る、同じ順序でするなど、変化を嫌う。
・教えないのに、標識や数字、アルファベットなどに興味を持ち、カレンダーや時刻表を覚えてしまう。
といった極端な「こだわり」を示します。

〈その他の特徴~感覚の異常〉

上記3つの特徴以外にもよく見られる特徴として、感覚が鋭すぎたり、逆に鈍感だったりという、感覚の異常があります。

自閉症という症状は、今までの通説だと“先天性”の遺伝的要因が強い症状として考えられて来ました

最近では遺伝とは関係なく、幼児期の環境によって脳機能に何かしらの負荷がかかった際に発症する“後天性”の症状であることが知られています。

中でも“重金属”が脳に蓄積されることによる弊害である可能性が有力であり、その重金属の中でも“水銀”がもっとも有害で、そして防腐剤として水銀を含む“ワクチン接種”が、後天的に自閉症を誘発する最大の原因ではないかと以前より指摘されていました。

女優のジェニー・マッカーシーがワクチンが原因で自閉症になった息子の治療について語­っています。自分たちの子供達を傷つけるなどという愚かな事はもう止めましょう!youtube.com/watch?v=0nBJ1a…

医療業界や政府としては、それを認めるわけにもいかないので「ワクチン接種と自閉症の発症は関係性がない」として、あくまでも“先天性”の症状であることを突き通して来ましたが、冒頭の記事にもあるように、ついにイタリアの法廷では「自閉症の原因がワクチン接種である」ことが認められ、さらにメーカーは臨床治験段階でそれを知っていたことまで明らかになりました。

子宮頸がんワクチンによる副作用や障害においては、ようやく日本のメディアでも取り上げられる機会が増えました

まだまだ幼児期のワクチン接種による危険性は、日本で報じられることはなく、今でも「ワクチンは安全・安心でどんなウイルスも不活化することができる」という“ワクチン神話”に騙されている人々が多く、何も知らずに良かれと思って、多い人では子どもが1歳になるまでに十数回も様々なワクチンを打ちます。

普通は販売した商品で死亡事故などの報告があれば、販売の中止や一斉撤去などが行われるものですが、何故か、ワクチンや薬だけは死亡報告があっても接種の中止をしないことが多い

この裏にはワクチンなどの利権に群がっている権力者たちがワクチンを支えているという構造があります。

日本では政府や官僚がワクチンなどの予防接種を推奨していますが、彼らが元から自分の意志で推奨していたわけではなく、彼らに「ワクチンを推奨すると良いですよ」と入れ知恵をし
連中がいるわけです。
それは欧米の製薬会社や権力者たちです。

1 2