事例を紹介しよう。一つのエレベーター内に若手社員や年輩の社員、あるいは役員も同乗していたとする。ドアが開き、最前列にいた若い社員が後ろに控える目上の人を気にするふうもなく先に降りた。一見、たいしたことではない光景にも映るが、一部の社員が問題視した。いわく「先に降りずに、目上の人が先に降りるまで待つのが一般的マナーなのではないか」と。しかし、最終的に社内で下された判断は「出口に近い社員が先に降りるのは自然な行為であり、逆にお偉いさんを先に降ろすような行為は階層意識につながる」というものだった。

出典キーエンス流 「高収益リーダー」の育て方 : プレジデント(プレジデント社)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

すんげー年収の会社。キーエンス。

年収が凄い会社の一つ。

このまとめを見る