1. まとめトップ

ラジウムボトル、気になる効果は?

自然界に存在する「ラジウム鉱石」を釉薬に使用して焼き上げたラジウムボトル。一体、どんな仕組みなのか?調べてみました。

更新日: 2015年05月10日

4 お気に入り 34913 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラジウムボトルって何?

「ラジウム鉱石」を釉薬に使用して焼き上げたボトル。

自然界に存在する「ラジウム鉱石」を粉砕して釉薬に使用して、信楽の土に混ぜて焼成した飲料用のボトル瓶のこと。

ボトル内に入れた水はアルファ線の攪拌作用により、絶えず細かく動き、この作用によりボトル内の水はイオン化し美味しく感じられます。

酒類ならアルコール分子の周りに整列した水分子が、取り囲み味をまろやかにします。お酒を何年もねかすと一般的に良くなるのはこのためです。

ラジウム発見者は、なんとあのキュリー夫人。

ラドンの元となっているのが、放射性物質のラジウムです。

ラドン温泉で有名な鳥取県の三朝温泉です。三朝温泉も「万病に効く」、とのうわさが病気で苦しむ人々の間でいい伝えられ、以前からたくさんの湯治客でにぎわってきた温泉で、現在は街を挙げてラドンの効能をアピールしています。

気になる効果は?

この作用により、ボトル内の水は"川のせせらぎ状態"になっている

測定日:平成14年8月10日午後ニ時(晴れ32℃) 尚、測定値は測定日の天候・温度・環境により一定ではありません。

測定機器:AIR ION COUNTER(U.S.A製)

■ラジウム鉱石を混入したボトル
1cm3につき・・・1500個のマイナスイオン

■ラジウム鉱石を混入していないボトル
1cm3につき・・・500個のマイナスイオン

5分間測定し、最大値と最小値の平均値を測定したところラジウムボトルは3倍のマイナスイオンが測定される。

容器の洗浄や研磨により、劣化や効果の半減はありません。

出典説明書より

たとえば風呂に入れて使用することで、「ラドン(ラジウム)温泉になる」「疾病の治療効果などの効能効果がある」とうたって販売されている商品がありますが、風呂水のラドン・ラジウム濃度を調べたが、ラドンは水道水に通常含まれる程度の濃度でしかないそうです。

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20100421_1.pdf

口コミ、紹介文など。

母の誕生日にボトルを贈りました。マンションの水を入れて1日たってから飲んだら、水道水なのに美味しくてゴクゴク飲んでしまったそうです。もうペットボトルの水は買わなくて済むと言って喜んでいます。

口コミだけで30万本のヒット商品

隠れたヒット商品。宣伝も一切しなかったそうです。

「本当においしくなるの?」と興味本意で購入しました...が!イイ!!すごくイイです!水の味に鋭い彼に水道水だと告げずに飲ませてみたら「ミネラルウォーター買ったの?」と言われてしまいました!

お水だけでなく、早く日本酒や焼酎を入れてみたいです。このお値段で半永久的な効果...なのにこのお値段はお安いと思います。

研究・企画しているのは1250年の歴史を持つ信楽の地で改めて"研究所"を作って、信楽焼の研究開発を続ける、紫香楽研究所。

紫香楽研究所で研究・企画された商品は、従来の焼き物に現代生活者向けの機能を持たせたもの。

こういう商品だからこそ、信楽焼、日本製っていうこだわりが嬉しいですよね。
中国製とかだったら、例えどれほど安くても信頼ができない。
こういうものは特にね。

オンラインで購入できるサイト。

デザインはいろいろ。お値段の相場は3000円前後〜。

お好みのボトルを見つけよう。

モダン風、民芸風、いろんなデザインのラジウムボトルが各社から発売されています。
信楽焼だけではなく、伊賀焼きなど他産地のボトルも!

1