1. まとめトップ

‘反日’日本批判?朴槿恵(パク・クネ)大統領の発言まとめ

過去の朴槿恵大統領が発言した日本批判とも取れる発言をまとめてみました。

更新日: 2015年05月06日

0 お気に入り 14181 view
お気に入り追加

保守のハンナラ党代表、セヌリ党非常対策委員会委員長を経て、2012年韓国大統領選挙で民主統合党の文在寅に勝利し、2013年2月25日に韓国史上初の女性大統領に就任した。

韓国の第5代~第9代大統領である朴正煕(パク・チョンヒ)と陸英修(ユク・ヨンス)の長女として、慶尚北道大邱市で産まれた。異母姉に在玉、妹に槿暎がいる。現EGテック会長の朴志晩(パク・チマン)は末弟。朴正煕の軍人時代の副官で元カナダ大使の韓丙起は、在玉の夫で義兄に当たる。

2013年3月

加害者と被害者という歴史的な立場は千年の歴史が流れても変わらない

2013年3月1日の三・一独立運動記念式典での発言。

日本が私たちのパートナーとなり、21世紀の東アジアの時代をともに導いていくためには、歴史を正しく直視して責任を負う姿勢を持たねばならない

2013年3月1日の三・一独立運動記念式典での発言。

韓国と日本はつらい過去を1日も早く治癒し、共栄の未来に向かって共に進めるよう、日本政府は積極的な変化と責任ある行動を取らなければならない

2013年3月1日の三・一独立運動記念式典での発言。

2013年9月

国土の三面を海に囲まれた韓国が国家繁栄の道を開くためには海洋主権の確立が重要だ

2013年9月24日、海洋警察庁の創立60周年記念式典での発言。

独島を守ることは韓国の自尊心を守ることだ。皆さんの肩にその使命がかかっている

2013年9月24日、海洋警察庁の創立60周年記念式典での発言。

歴史や領土の問題で度々、時代に逆行した発言をする指導部のせいで信頼を築けない。被害者は青春をめちゃくちゃにされ、深い傷を受けているのに、日本は謝罪どころか、ずっと侮辱している

2013年9月30日、米韓定例安保協議会(SCM)に参加するため訪韓中のアメリカのチャック・ヘーゲル国務長官と会談した中での発言。

2014年1月

(朝鮮半島の南北統一は)韓国だけでなく、周辺国にも大きな利益になり得る

2014年1月に行われたダボス会議にて。

来年は国交正常化50周年の節目の年。日本政界が一日も早く正しい道に戻ることを望む

2014年1月27日、在日本大韓民国婦人会との面会にて。

大多数の日本人は、一部の政治家達とは考え方が違うはず。両国国民は互いの文化を共有しながら、心を通わせている。政府間に問題が存在するが、両国国民への影響を最小限に抑え、引き続き経済、文化などの分野での交流・協力を進めていきたい

2014年1月27日、在日本大韓民国婦人会との面会にて。

2014年3月

歴史の真実は生きている人々の証言だ。証人の声を聞こうとせず、政治的利害でそれを認めなければ、孤立を招くだけだ

2014年3月1日の三・一独立運動記念式典での発言。

大統領は、2015年が日韓国交正常化50周年となることに言及し、これまでの緊密な協力関係は「(日本に)平和憲法を土台に周辺国と善隣友好関係を進め、村山(富市首相)談話と河野談話を通じて植民地支配と侵略を反省し、未来に向かおうとした歴史認識があったためだ」と指摘。

「真の勇気は、過去を否定することではなく、歴史をありのまま直視し、次世代に正しい歴史を教えることだ」と安倍政権がこれまでの日韓関係の基礎を覆さないよう求めた。

さらに「(慰安婦問題の)歴史を否定すればするほどみすぼらしくなり、窮地に追い込まれる」と強調。「人類普遍の良心と戦後のドイツの例に倣い、日本政府が過去の否定から脱し、真実と和解の新たな歴史を積み重ねていくことを期待する」と述べた。

2015年3月

日本は正しい歴史観を持つべきだ

2014年3月1日の三・一独立運動記念式典での発言。

歴史は取捨選択が可能な問題ではない。日本政府は最近の歴史学者の非難を覚えておく必要がある。これからも歴史教科書の歪曲を図るのであれば、隣国を深く傷つけることになる

2014年3月1日の三・一独立運動記念式典での発言。

韓国政府は、日本政府に対し、1日も早く慰安婦被害者の人権問題を解決するよう促してきた。被害者の平均年齢は90歳に近い。彼女たちの名誉を回復するための時間はあとわずかだ

2014年3月1日の三・一独立運動記念式典での発言。

日本が勇気を持って過去の歴史を認め、韓国と手を携えて今後50年の新たな歴史をつづっていくことを望む

2014年3月1日の三・一独立運動記念式典での発言。

1





wa_ma_ka_daburuさん