1. まとめトップ

【中学生】定期テストでおさえておきたい日本地理~日本のすがた編~

なかなかつかみどころがよくわからない日本地理。中学生レベルでは最低限おさえておきたいところをまとめています。日本地理~日本のすがた編~テスト前に見直せば得点がUPするかも。

更新日: 2017年08月09日

44 お気に入り 196158 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

friend-rさん

▼日本のすがた

●国土面積約38万平方km
●北海道~沖縄まで約3000km
●人口 約1億3千万人

【重要】日本の地域区分
北海道、東北、関東、中部、近畿、四国、九州の7つ。
中部地方はさらに、北陸、中央高地、東海の3つに分ける。
中国・四国地方はさらに、山陰、瀬戸内、南四国の3つに分ける。

●面積
1位 北海道
47位 香川県

●人口
1位 東京都
47位 鳥取県

●内陸県
埼玉県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県、奈良県の8県

●太平洋・日本海の両方に面している県
兵庫県のみ

図の山地・山脈は最低限暗記しておきたい。

※名称後ろの山脈・山地の違いは以下参照のこと。ただ、あまりはっきりとした区別がされているわけではないので、神経質にならないように。単純に名称として覚えてしまおう。

【重要】日本アルプス
上から順に飛騨・木曽・赤石

山地とは,周囲より土地よりも高くなった突起部やそれが集まった地形をいう。紀伊山地・中国山地・九州山地など。山脈とは,山の頂上部分が一本に連なっている山地のことをいう。日高山脈・奥羽山脈・飛騨山脈など。ただ,このあとの高地・高原,丘陵・台地などもそうだが,個々の地名については,必ずしも明解な基準に基づいて命名されているわけではなく,定義と一致しない場合が多い。

ちなみに流域面積1位は利根川です。

世界に比べ、日本の河川は急で短いということが特徴です。【国土面積が小さいので当たり前】

●東 南鳥島
●西 与那国島
●南 沖ノ鳥島(画像の島)
●北 択捉島

※覚え方:東西南北と上から記し、一番上東は『東のくせに南鳥島』、それ以外は下から順に『あいうえお順』に並んでいる。

日本の領域は領土、領海、領空からなる。

●領海 
日本の領土から12海里(約22km)
●(排他的)経済水域 
日本の領土から約200海里(約370km)

領海では、その国の主権が及ぶため、法律を制定する事ができます。他国船がその海域を航行するためにはその沿岸国が定める無害通航に関する法令の遵守が必要です。
しかし、領海外の排他的経済水域は無害であろうと戦闘目的であろうと、水面上や水面下での通過や航行に対して規制や禁止することはできません。

領海と(排他的)経済水域の違いをしっかりと理解しておきましょう。

最北の島、択捉島を含む4つの島。
第二次世界大戦後に旧ソ連に占領され、今はロシアが占拠している状態。問題は未だ未解決。

四つの島の名称も覚えておこう。

日本の標準時は、兵庫県明石市を通る東経135度を基準としている。(標準時子午線)

※本初子午線はイギリスのロンドン

●扇状地・・・川や山地から平地に出たところに土砂が堆積してできた扇状の地形のこと。
●三角州・・・川の河口に細かい土砂が堆積してできた平地のこと。

※似たような地形を作り出すが大きな違いは出来る場所が違うということ。

水田に利用されことが多い
→水もちがよい為。

※必ず暗記しましょう。

●暖流
太平洋側・・黒潮(日本海流)
日本海側・・対馬海流

●還流
太平洋側・・親潮(千島海流)
日本海川・・リマン海流

※潮目(海流のぶつかる所)は豊かな漁場となる。

※北海道と東北の一部を除き、南西諸島を除きほとんどの地域が温帯(温暖湿潤気候)に属する。

その内ポイントになる気候は以下の3つである。

●日本海岸式気候
・・冬に降水量が上がる(雪の影響)。

●太平洋岸式気候
・・夏に降水量が上がる。
※冬は降水量が低い。

●瀬戸内式気候
・・年間通して降水量が少ない。

※日本の国内年間平均降水量は1700~1800ミリ
これを降水量の一つの指標として問題を解こう。

●金沢・・冬の降水量が多い。
→日本海岸式気候
●札幌・・冬の平均気温が低い。0度以下。
→北海道の気候
●長野・・年間通して降水量が少ない。
     夏と冬の寒暖の差が大きい。
→内陸性気候
●那覇・・冬の平均気温が高い
     夏降水量が高い。
→亜熱帯気候
●和歌山・・夏の降水量が高い。
      気温は山なり。
→太平洋岸式気候
●高松・・年間通して降水量が少ない。
     気温は山なり。
     冬の平均気温は内陸性気候より高い
→瀬戸内式気候

日本列島を東西に分断する活動層の集まり。

志摩半島~紀伊半島(三重県、和歌山県) ○三陸海岸(岩手県) ○豊後水道(大分県)を 三大リアス海岸と言います。

岩手県の三陸海岸が有名です。

鋸の歯のように複雑に入り組んだリアス海岸の入り江内は、波が低く 水深が深いため、港として古くから使われています。ここでは、沿岸漁業や養殖などの漁業が中心となっています。

▼その他のまとめ

1