1. まとめトップ

家庭用防犯カメラの選び方☆おすすめは?設置方法や値段、口コミ、警備会社との関係性など

どれだけ予算をかけられるのかがポイントです☆防犯カメラは、防犯対策のなかでも効果的ですから、一家に一台おすすめです(^-^)/

更新日: 2015年03月04日

14 お気に入り 177719 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆家庭用防犯カメラを設置しよう◇

様々な事件が多発するなか、自分自身、また、家族の安全は、自分たちで守っていかなければならない時代になりました。
お子さんが事件に巻きこまれる報道などを見ていると、特にお子さんがいらっしゃる方は、そうした事件を他人ごとだと思えないでしょうね。
日本は海外に比べて、安全な国だと言われてきましたが、最近はそうも言っていられません。
凶悪な犯罪にいつ、一般人が巻き込まれるか、わからない時代であり、危機管理は自分でしっかりと行なっていかなければならないと思います。
もはや、日本は安全な国とは言えなくなりつつあることは、家庭用の防犯カメラのニーズが増えてきたという点でもおわかりになると思います。
防犯カメラと言えば、以前は、企業やショップなどが設置するものでしたが、今や、普通のお宅でも、防犯カメラを取り付けるおうちが増えています。
一般住宅に防犯カメラがあるというと、まるで資産家や偉い方が住んでいるイメージがありますが、普通のサラリーマンの家でも防犯カメラを導入しているケースが多いです。
一昔前ですと、防犯カメラを設置する費用もかなり高く、普通の家庭では手を出しにくいものでしたが、今はニーズも多くなり、家庭用の防犯カメラも増えてきました。
そして、価格も求めやすくなりましたので、選び方によっては、費用も無理なく設置することができるのです。
選び方は、設置したい台数や、価格や機能などを比べて予算内で検討してみるとよいでしょう。

◆家庭用防犯カメラを設置しよう続き◇

家族を見守ってくれる防犯カメラは、実は設置しておくだけでも効果が出ます。
防犯対策をしている家と、まったくしてない家とは、どちらが空き巣に入りやすいでしょうか?
空き巣などは、まず外から様子を見ます。
その時、家庭用防犯カメラがある家に対して「この家は防犯意識が高い」と思えば、入りづらくなりますよね。
ですから、カメラを取り付ける、それだけでも何も対策をしていない家と比べたら、空き巣などの被害に遭う確率は低くなることでしょう。
家族の安全を見守ってくれるもの、防犯対策として、家庭用防犯カメラの設置は、どのおうちも検討してみることをおすすめします。
ビルや銀行に取り付けられている業務用のものとは違い、操作や取り付けも簡単な家庭用防犯カメラは、素人でも手軽に扱えます。
コンセントを入れて、モニターやテレビの入力端子に線を差し込めば、もう映像が映ります。
機種の選び方によっては、このように、壁の中に別途、線を埋め込むなどの工事は必要なく、繋ぐだけでセット可能です。
もちろん、カメラ自体の取り付けは外壁などに行なうため、簡単な取り付け工事が必要になるでしょうが、配線や操作は簡単になっています。
家庭用カメラの設置を考えている方は、何か起こる前に早めの設置をおすすめします。
現在は、様々なラインナップがありますので、商品の情報を集めて比較検討してみましょう。
また、どんなカメラを選んだらよいのか選び方の情報も集めて、自分の家に合った防犯カメラを選びましょう。

◆ウェブカメラも家庭用防犯カメラになる◇

防犯カメラというと、少し前では一般家庭には関係ないと追われてきたものでした。
銀行などの金融機関や、コンビニ、ショップ等で、防犯対策として使われているもので、家庭に取り付けている方は、一昔前ならとても少なかったと思います。
ですが、近年、家庭用防犯カメラも登場し、価格もリーズナブルなものが揃っていて、普通のお宅でも無理なく、防犯カメラが付けられるようになりました。
それだけ、家庭用防犯カメラの必要性が高くなっているということが言えるでしょう。
もちろん、みなさんの防犯意識が高くなったこともありますが、日本はもはや安全ではないと危機感を持つ方が増えたのだと思います。
家庭用防犯カメラには、様々なものがあり、種類も豊富で、機能も値段も違いますから、どのような防犯カメラを選ぶのか、その選び方は難しいと思います。
初めて防犯カメラを買うご家庭も多いと思うので、選び方については、みなさん素人でしょうからね。
当然ながら、企業や商業施設が導入している防犯カメラと、家庭用の防犯カメラは、機能も価格もまったく違います。
また、用途やカバーできる部分、規模も違いますので、商業用のものは値段もケタ違いです。
ですから、自宅につける場合は、家庭用として作られている防犯カメラの中から選ぶことになるでしょう。
選び方としては、機能もさることながら、どれだけかけられるのか、その予算がポイントになると思います。
もちろん、安く済ませたいという方も多いでしょう。

◆ウェブカメラも家庭用防犯カメラになる続きその1◇

防犯カメラの費用面だけを考えていると、機能が低くなり、本当の意味の防犯対策としては効果も低くなります。
ですから、予算、機能のバランスが取れたコスパのよい機種を選ぶことです。
監視したい部分などの範囲も家庭によって違うと思いますし、おうちの大きさによっても違ってくるでしょう。
せっかくお金を払って家庭用防犯カメラを設置しても、無意味になるような選び方はしてほしくありません。
選び方として、外に設置するのですから、最低でも、防水機能は必要でしょう。
また、暗視できるものや、場合によっては記録機能も必要だという方もいらっしゃると思います。
カメラが1台だけでよいのか、複数台が必要になってくるのか、その選び方によっても予算はだいぶ、差が出てくるでしょう。
お金をケチった結果、防犯対策にならなかったとなれば、意味がありませんので、必要としている機能と、かかる費用、そして、予算のバランスを考えて選びましょう。
選び方としては、このようなことを踏まえネット通販で最適な商品を探してみることも良いでしょう。
一般家庭用防犯カメラも、価格競争が行なわれていて、かなりお安くなっています。
そして、同時に設置も簡単になり、昔ながらの工事も不要になっていますので、選び方によっては、予想以上に安く導入できるかもしれません。
例えば、配線工事も要らず、録画装置も別途用意するおとなく、パソコンを使えば可能です。
無線LANを使った、防犯カメラは、wi-fiに対応している商品もありますから、パソコンに繋いで再生、録画が可能です。

◆ウェブカメラも家庭用防犯カメラになる続きその2◇

無線LANですから、電波が届けば、その範囲ではどこでも設置可能となり、配線が必要な防犯カメラと比べたら、かなり便利でしょう。
家庭用防犯カメラの選び方として、このようなパソコンで使える無線LAN式のものを選択した場合、家のなかのようすも外出先から見ることができます。
例えば、小さいお子様に留守番させているときや、ペットの様子を見たいときなど、スマホや外出先のパソコンから見ることが可能です。
このように機種の選び方によっては、様々な機能が使えるので、ライフスタイルに合ったものを選ぶと便利です。
無線LAN対応の家庭用防犯カメラは、安くて一万円ほどで購入できますし、機能性が低ければ一万円を切る商品もあります。
このような防犯カメラは、ネットワークカメラとか、IPカメラなどと呼ばれています。
これらが登場するまでは、市販の防犯カメラの価格はとても高く、防犯カメラに数万円、工事に数万、録音機械に数万と導入費用が高かったのです。
当時に比べると、今は、このような防犯カメラが登場していて、求めやすい時代になりました。
家庭用としても最低限の機能は搭載されているので費用もそれほどかけずに、家に防犯カメラが設置できます。
無線LANのカメラは、設置が難しいのではと心配される方もいらっしゃるでしょう。
ですが、基本的なパソコンの操作ができる人なら簡単に設置できます。
スマホで見たい場合は、そのアプリをダウンロードして使えばよいだけです。
昔ながらの機能を持った家庭用防犯カメラ、無線LANを使ったウェブカメラで家庭用防犯カメラにもなるもの、選び方はあなた次第でしょう。
このように様々な選択肢があると言うことも、それだけ家庭用防犯カメラが一般的になってきたということですね。

◆家庭用防犯カメラを設置する場所◇

日本でも凶悪な事件が増え、物騒になった昨今、一般の家庭で防犯について考える機会も増えるでしょう。
どのような防犯対策をするのか、その選び方としては、低コストですぐにでも始められることが重要です。
数々の防犯対策の中でも、効果的だと言われているのは防犯カメラです。
ニーズが増えたことで、家庭用防犯カメラの種類も増えて、現在では様々なカメラが市販されています。
高額な商業用の防犯カメラしかなかったころと比べたら、だいぶ、お手軽なものも登場していますので、一般家庭でも1人暮らしの方でも、家庭用防犯カメラは手に入れることができるでしょう。
予算で選ぶこともあるでしょうが、選び方としては、どこに設置したいか、その場所を考えることからスタートするとよいでしょう。
また、監視したい時間帯についても考えておくべきだと思います。
そうすれば、場所や使いたい時間に合った家庭用防犯カメラを選ぶことができるでしょう。
多くの方が家庭用防犯カメラを取り付ける場所は、玄関です。
入り口ということで、空き巣、ドロボウの侵入を防ぎ、訪れる人を監視することができます。
玄関に設置するなら、雨に濡れても大丈夫なように防水になっている防犯カメラを選ぶべきでしょう。
また、勝手口や、サッシ付近、駐車場を監視したい場合も、外に置くなら防水タイプのカメラは必須です。
そして、夜間も監視したいのであれば、赤外線機能があるカメラがよいですね。
欲しい機能と台数を考えてみると、それにかかるだいたいの費用もわかります。
また、持ち家でなく、賃貸物件の場合は、勝手に防犯カメラを設置することもできないでしょう。

◆家庭用防犯カメラを設置する場所続きその1◇

防犯カメラの選び方としては、賃貸物件の場合は、建物にキズをつけずに設置できるタイプを選ばなくてはなりません。
一般家庭では、玄関の鍵のピッキング行為対策などとして、1階の入り口に家庭用防犯カメラを設置する方が多いですが、意外と2階のベランダから空き巣やどろぼうが入ることが多いそうです。
ですから、ベランダへの家庭用防犯カメラの設置も検討したほうがよいでしょう。
カメラの種類によっては、値段も変わってきますが、ドロボウを威嚇したいのであれば、威嚇機能が付いた家庭用防犯カメラもあります。
赤外線付きで、侵入者を察知すると音を出すなど、そうした防犯対策効果が高いカメラの設置がよいでしょう。
侵入者に感知して、光ったり、室内にチャイムを鳴らして知らせたりなどの機能もあります。
機能が多ければ費用も上がりますので、自分の家には最低限、どれだけの機能がほしいのか、何を優先した選び方をするのか、整理しましょう。
さて、家庭用防犯カメラをつけることで、犯罪を未然に防ぐことができるのか、どうか、不安に感じる方も多いでしょう。
防犯対策としてカメラを付けるご家庭も増えていますが、犯罪を抑止する力があるのかと言えば、難しいところでしょう。
ですが、もし、実際に犯罪が行なわれたときに、証拠を出せること、犯人に繋がる情報を提出できることは間違いありません。
防犯カメラの映像がきっかけで犯人逮捕につながった事件も多いですよね。
ですから、そうした観点から、家庭用防犯カメラをつけることで、「この家で犯行に及ぶのは危険」と犯人に思わせることもできます。

◆家庭用防犯カメラを設置する場所続きその2◇

防犯カメラがついていても犯行に及ぶ場合もあるでしょう。
ですが、防犯カメラがある家に空き巣に入れば、その後、捕まる可能性が高いのです。
このことから「家庭用防犯カメラが設置されている家には入りにくい」とドロボウに思わせることで、未然に防げる可能性も高いと言えるでしょう。
なかには防犯対策でダミーカメラを設置しているおうちもあるくらいですし、警備会社のステッカーを見えるように貼ってあるおうちもありますからね。
防犯カメラがあるということ事態、また、防犯対策をしているとアピールすることが、犯罪の抑制に繋がっているのでしょう。
マンション、アパートなどの、集合住宅の場合は、入り口に防犯カメラがあると安心ですよね。
管理人がいるマンションは良いとしても、誰でもエントランスから入ることができるマンションは不安ですから。
マンションなどの共有の場所にも、防犯カメラが必要ですから管理会社に要望してみることもよいでしょう。
賃貸はもちろんのこと、購入したマンションであっても集合住宅の場合、玄関や通路に勝手に家庭用防犯カメラを付けるわけにはいきません。
管理会社と話し合った上で実施しましょう。
最近の家庭用防犯カメラは、どれを買ったらよいのか迷ってしまうほど種類が豊富ですので、集合住宅であれば、選び方にもみなさんの意見を取り入れるとよいと思います。
防犯対策はそこに住んでいるみなさんで行なうものですから、カメラの選び方に関してもみなさんが参加すべきでしょう。

◆家庭用防犯カメラと警備会社◇

日本はこれまで安全な国と言われていましたが、残念ながら最近は、物騒な事件も増えてきました。
日々、ニュース番組などで事件、犯罪などの報道を見ると、「自分の身は自分で守らなければ」と思ってしまいますよね。
そんなご時勢ですから、防犯グッズに注目が集まっていることも当然です。
そして、最近、注目されているものが、家庭用防犯カメラなのです。
新築の家では、建てたときに導入する方も多いですし、防犯対策のひとつとして、自宅への防犯カメラの設置を検討中という方も多いです。
ですから、近い将来、一家に一台の防犯カメラが当たり前になってくるかもしれません。
家族がいらっしゃる方は、空き巣などの被害対策ということもありますが、子どもや奥さんの安全を守るためにも家庭用防犯カメラは重要アイテムとなるでしょう。
また、1人暮らしの方は、留守中に自分の財産を守るために必要となってくるでしょう。
様々な防犯対策があり、どれを選ぶのかは自由ですが、選び方のひとつとして、防犯カメラの設置はとても効果的だと思います。
最近では、鍵をかけて出かけても、ピッキングの被害に遭うケースが多く、どんなに自分がしっかりしていても守りきれないところがあります。
防犯カメラの選び方のひとつとして、市販されているカメラを購入し、取り付ける方法もあります。
そして、自分で映像を再生する、録画するなど、監視することが可能です。
そのほかにも、警備会社と契約し、カメラを取り付けてもらって、守ってもらうという選択肢もあります。

◆家庭用防犯カメラと警備会社続き◇

企業や大きなマンションでは、警備会社と契約をし、監視カメラを適所に設置しているところが多いです。
そして、最近では、個人の家であっても、警備会社と契約する方も増えています。
近年、ホームセキュリティという言葉も浸透していますから、その分、費用もだいぶ下がって、契約しやすくなっているようです。
ですから、一般家庭でも、セキュリティ対策の選び方として、家庭用防犯カメラを購入して自分で設置するという方法のほかに、警備会社にお願いするという方法も身近になりました。
警備会社と契約することのメリットは、ただの家庭用防犯カメラだけでは、犯罪抑止力が弱いことでしょう。
音や光で威嚇する機能もありますが、それで犯人が逃げるかどうかはわかりません。
それよりも、数分後に警備会社が駆けつけるほうが、犯罪抑止力が高いと思いますし、ガードマンが駆けつけるなら、空き巣にも入れませんよね。
このように選び方としては、警備会社のほうがメリットも多いですが、費用がかかるというデメリットもあります。
ほかにも、カメラは家庭用防犯カメラを自分で設置し、それとは別にホームセキュリティサービスに加入するという方法もあるでしょう。
また、ホームセキュリティを入れている家は、資産家と見られるケースも少なくありません。
複数のカメラ、警備会社と契約で、お金持ちと見られ、返ってプロの集団に狙われるということがあるかもしれませんので、その辺も考慮するとよいでしょう。

◆おすすめの家庭用防犯カメラ◇

一般住宅にお住まいの方でも、防犯のために家庭用防犯カメラを取り付けたいとお考えの方が増えています。
防犯カメラと言えば、銀行や、ビル、オフィスなどに使われているものですが、あのような防犯カメラを自宅に取り付けたいとなると飛鳥は高額になるでしょう。
業務用の防犯カメラはハイテクですから、高機能で高価格です。
選び方として、機能だけを追い求めれば、かなりの出費となってしまうでしょう。
最近では、ニーズも増えたため、ある程度の機能を持った家庭用防犯カメラも登場しています。
選び方としては、欲しい機能と価格のバランスを見て、コスパを考え、良い防犯カメラをチョイスするとよいでしょう。
では、実際に家庭用防犯カメラはいくらくらいするものなのでしょう。
ウェブカメラなど、ネットで使えるカメラを防犯カメラとして使えば、かなり安くあげられるようです。
ですが、屋外に機能的な防犯カメラを付けたい場合は数万円から数十万円の予算が必要だと思います。
例えば、赤外線防犯カメラと録画用のHDDレコーダーがセットになったもので、アイゼック社の商品でしたら、25万円くらいになります。
玄関や駐車場、また、住宅の勝手口、ベランダなど、外での設置ができ、機能としては、不審者が近づくと威嚇し、録画します。
この機種を、地域で導入して、子どもの登下校を守るために使っているところもあります。
夜間、活躍する赤外線機能も搭載され、暗いなかでも、30メートル先まで撮影可能です。

◆おすすめの家庭用防犯カメラ続き◇

録画ができない防犯カメラは、家のなかから、外の様子をモニターするだけとなってしまいます。
メリットとしては機能が低いため価格も低いことでしょう。
録画システムがある家庭用防犯カメラのメリットは、侵入者を検知して、録画することで、犯罪の証拠として提出可能なところです。
それによって検挙率が上がるので、犯人逮捕のためには、有力な証拠となるわけです。
ですから、選び方として、家庭用防犯カメラであっても、録画機能は付いていたほうがより良いと思います。
さらに、威嚇機能があれば、驚いてその時点で侵入をあきらめることも多いです。
ですから、選び方としては、威嚇、赤外線、録画機能、防水、これらの機能が揃っていれば安心でしょう。
もうすこしコストを下げたいという方には、5万円くらいのコロナの屋外赤外線ワイヤレス防犯カメラもおすすめです。
こちらは簡易録画機がついているので、録画が可能となります。
コロナ電業から発売されている「見守り隊」というシリーズで、配線工事がいらないワイヤレスで使えることが特徴です。
工事するとなると費用もかかりますから、ワイヤレスは家庭用防犯カメラとして大きなメリットでしょう。
お値段も5万円とリーズナブルな上に、威嚇機能もありますので、お手ごろだと思います。
常時の録画はできないとしても、簡易的な録画機能があるので、もしもの際にも安心です。
選び方としては、リーズナブルな値段で最低限の機能が揃った家庭用防犯カメラを選ぶこともよいでしょう。

◆屋内ネットワーク防犯カメラ◇

1 2