1. まとめトップ

スキーツアー情報まとめ

冬の旅行はやっぱりスキー・スノボー! いろんなスキー場があるけど、もちろん都心から遠くに行けば積雪も雪質もいい感じ。そんなスキー場に行くスキーツアー、どんな手段があるかまとめてみました。

更新日: 2015年03月10日

jaochuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 2264 view
お気に入り追加

■■やっぱりマイカーでワイワイ行きたい!!■■

ドライブ&旅行気分で楽しく行けるマイカーで行くスキーツアー。
しかし、雪道の運転は結構リスクがあります…
事前にたくさんの事を調べて出発しましょう。

1.宿泊先はネットでチョイス!

【宿泊はリフト券付プランやレンタル割引など、いろいろなものがセットされているプランも】

①ホテルサイトの宿泊プラン 
じゃらんNET
http://www.jalan.net/theme/ski/ski_slope/
楽天トラベル
http://travel.rakuten.co.jp/ski/

②ホテルやロッヂのホームページ
それぞれのホームページへ

③各旅行会社のマイカープラン

2.リフト券は行く途中にGET!!(天候を考慮して!)

【リフト券はどうする??】

①コンビニで割引購入
ローチケリフト券
http://l-tike.com/ski/

②インターネットから割引券をダウンロード
SURF & SNOW リフト割引クーポン
http://snow.gnavi.co.jp/search/list/spl_coupon01.php

※②の方が現地での購入だから、天候を考慮できるので安心。もしも①で購入後に現地で吹雪だったら…
(ー_ー)!!

3.レンタルは事前にチェック!

【レンタルがある場合はどこで借りる?】

①途中のレンタルスキーショップ
車で行く場合には、スキー場の手前数キロのあたりにレンタルショップがあったり、宿泊ホテル街にレンタルショップがあります。

②スキー場のレンタルスキーコーナー
各スキー場の日帰りセンターにはたいていレンタルコーナーがあります。こちらも事前に料金などを調べていきましょう。

③宿泊するホテルで借りる。又は紹介してもらう。
このパターンが一番多いかと思います。レンタルなどがある場合は、事前に宿泊先へその旨を伝え、料金などを確認するケース。

■■雪道は不安! バスで楽々格安スキーツアー■■

各地からシャトルバスも充実して出発しており、安全なのがスキーバス。さまざまな出発場所、旅行会社から選べます。
特に強調したのが「価格」各社リフト券付、レンタル付などお得なスキーツアーがたくさんあります。

1.すべてがセットだから手ぶらで楽々

なんといっても各社しのぎを削っての価格がすごいスキーツアー。
レンタル、リフト、バス、宿泊がついているツアーが盛りだくさん。手ぶらでGO!
まずは、朝出発か、夜出発を選んでからホテルを選ぼう。

最近はトイレ付バスや、席が広いバスもあるようです。

2.シャトルバス利用で地元の駅などから出発できるから便利

シャトルバスは、各地から最終集合場所まで乗せてもらえる連絡バス。それぞれの会社が20~30か所(関東、関西など主要旅行会社)を用意しているので利用するのがおすすめ。

関東の会社の最終集合場所
トラベルイン(新宿駅西口)
ビッグホリデー(池袋駅)
オリオンツアー(新宿駅西口)
トラベックスツアーズ(池袋駅西口)
四季クラブ旅(東京駅八重洲口)

3.ゲレンデ選びに注意しよう

スキーツアーで一番注意したいのが、価格やオプションが魅力で申し込んだのち、いざ出発してみるとスキー場がリフト3本だったり、コースが少なかったり…
申し込みの際は必ず、スキー場のコース数、リフト数、滑走距離を比較しよう。

4.スキーツアー会社一覧

■■めちゃ楽 新幹線で行くJRスキーツアー■■

荷物を考えなかったら、一番楽なスキーツアー。
上越地区、長野地区。北陸新幹線もスキー場絵のアクセスをカバー。各主要駅からスキー場まではバス運行も充実してます。

JRスキーツアーは旅行会社のパックツアーがお得!

JRとホテルなどを別々で手配するのではなく、バスツアー同様、旅行会社のパックがめちゃお得!

1





jaochuさん

誰もが読んでいて楽しいまとめを作りたい

このまとめに参加する