1. まとめトップ

愛媛県に関わりの深い人物をご紹介!芸能人、歌手、スポーツ選手、偉人など

愛媛県(えひめけん)は、日本の都道府県の1つで、四国地方の北西部から北中部に位置する県。県庁所在地は松山市。令制国の伊予国に当たる。

更新日: 2018年08月17日

3 お気に入り 26706 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Quoll-x-llvさん

松山市、新居浜市、四国中央市、西条市、今治市、伊予市、東温市、宇和島市、八幡浜市、大洲市、西予市、越智郡上島町、上浮穴郡久万高原町

伊予郡松前町、伊予郡砥部町、喜多郡内子町、西宇和郡伊方町、北宇和郡松野町、北宇和郡鬼北町、南宇和郡愛南町

愛媛県の紹介は、麦わらの一味の“ナミ”です!

■愛媛県は野球王国?

愛媛県は県内全域で野球への関心が高く、少年野球・高校野球においては、地域住民みんなでサポートする風習が残っている。野球拳の発祥地でもある。

■県獣

ニホンカワウソ(日本川獺)は、日本に生息していたカワウソの一種。全国に広く生息していたが、1979年以来目撃例がなく、2012年絶滅種に指定された。しかし、2012年8月に絶滅種指定された後も愛媛県では多数目撃情報が寄せられており、生存の可能性を指摘する専門家もいる。

■今治市

今治市出身

すべり芸を得意とするお笑いタレント。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属。ギャグだけを売りにする“ギャグ芸人”の代表格で、「ドゥーン」「なにを言う 早見優」などのダジャレ交じりのギャグで有名になる。

今治市出身

タイタン所属の女性お笑いコンビ『日本エレキテル連合』のネタ作り担当。ネタの「ダメよ~、ダメダメ」が2014年の「新語・流行語大賞」の年間大賞、2014年度ネット流行語大賞銅賞(第3位)、Yahoo!検索大賞 2014・お笑い芸人部門を受賞した。愛媛県今治市出身。愛媛県立今治南高等学校卒業 → 美術系短期大学卒業。芸人になる前、下着のデザイン会社に勤めていた時期がある。芸風からは想像できないほどの超重度の人見知り。

■内子町

内子町出身

愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)出身。東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後日本の閉塞感と恐怖をグロテスクな性のイメージを用いて描き、石原慎太郎、開高健とともに第三の新人の後を受ける新世代の作家と目される。

■宇和島市

宇和島出身(伊予国宇和郡宇和島)

明治時代の司法官。大津事件の際には、大審院長として司法権の政治部門からの独立を守り抜き、「護法の神様」などと高く評価された。後に貴族院議員、衆議院議員、錦鶏間祗候。

宇和島市出身

プロ野球選手(内野手)。現在は福島ホープスに所属。1997年にヤクルトスワローズに入団。当時の背番号は「48」。2006年メジャーリーグのデビルレイズに移籍。2010年、東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団し日本復帰。2012年古巣のヤクルトスワローズに復帰。2015年よりベースボール・チャレンジ・リーグに新規参入する福島ホープスの選手兼任監督を務めることになった。

宇和島市出身

元プロ野球選手(投手)。宇和島東高時代に甲子園を沸かせ、1993年にドラフト1位でオリックス入団。最速157km/hを記録した若き豪腕は、その翌年からストッパーに抜擢された。常時、150km/hを出すストレートに落差のあるフォーク。当時、平井のボールは、「浮き上がる」「うなる」と打者に恐れられた。

■大洲市

伊予大洲藩(現在の大洲市)に住んでいた

近江国(滋賀県)出身の江戸時代初期の陽明学者。その説く所は身分の上下をこえた平等思想に特徴があり、武士だけでなく農民、商人、職人にまで広く浸透し江戸の中期頃から、自然発生的に「近江聖人」と称えられた。代表的な門人として熊沢蕃山、淵岡山、中川謙叔などがいる。

愛媛県西宇和郡四ツ浜村大久(後の瀬戸町、現在の伊方町)生まれ
大洲市育ち

日本出身でアメリカ国籍を取得した技術者、電子工学者。学位は博士(工学)(徳島大学、1994年)。2014年度ノーベル物理学賞受賞者。日亜化学工業在籍時に、世界に先駆けて実用に供するレベルの高輝度青色発光ダイオードを発明・開発。同社の青色LED製品化に貢献するとともに、赤崎勇・天野浩と共同で2014年のノーベル物理学賞を受賞する。また、同技術の特許対価を求めた404特許の訴訟でも有名。

大洲市出身

吉本興業のお笑いコンビ・バンビーノのメンバー。ツッコミ担当。京都外国語大学卒業。ブラジルにサッカー留学していた経験を持つ。

■西条市

西条市出身

愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ所属。ポジションはディフェンダー(サイドバック)及びミッドフィールダー(サイドハーフ、ウイングバック)。日本代表。豊富な運動量と抜群のスピードが武器のサイドバック。俊敏性に優れ、1対1に強く上背はないが、大型FWにも競り負けないフィジカルと身体能力の高さを併せ持つ。効果的ドリブル、思い切りの良い飛び出し、そして相手の隙を突いて放つミドルシュートも大きな武器である。

西条市出身

大学在学中からタレント活動を始める。情報番組やバラエティー番組のほかイベント出演、執筆など幅広く活動。2004年6月30日、ブログ「眞鍋かをりのココだけの話」を開設。あっけらかんとした日常生活の着眼点と発想の面白さ、自らを「オイラ」と称する独特の文体からたちまち人気ブログとなる。ブログ内の画像で眼鏡美人姿を披露したことがきっかけで、トラックバック数日本記録を樹立するに至り、マスコミから「ブログの女王」の称号を受ける。

西条市出身

プロサッカー選手。愛媛県立小松高校在学中の2006年、地元の愛媛FCに特別指定選手に登録される。同年、J2リーグ第41節水戸ホーリーホック戦で現役高校生ながらもJリーグデビューを果たし、第42節モンテディオ山形戦では田中俊也のゴールをアシストした。現在の所属チームは名古屋グランパス。2015年3月27日のチュニジア戦でA代表デビューを果たし、31日のウズベキスタン戦で初ゴールを記録。

西条市出身

テノール歌手。クラシックの声楽を学んだ経験を生かしつつ、現在は主にクラシカル・クロスオーバーの分野で活動している。2006年12月31日、カバー曲「千の風になって」にて「紅白」(NHK) 初出場を果たす。紅白歌合戦出場後、「千の風になって」が2007年1月15日付のオリコンシングルチャート第4位にランクイン。テノール歌手として史上初のトップ5ランクインを果たし、1月22日付のオリコンチャートにて1位となる。この曲の大ヒットが評価されて、「ベストヒット歌謡祭2007」では「40周年記念特別賞」を受賞した。

西条市出身

ネットで西条市出身と記述されていたのですが、真意のほどは定かではありません。周桑郡丹原町or小松町説と今治市説もあるらしいです。実家は畳屋さんだとか。幼少期に大阪府松原市に移り住む。樟蔭東高校→夙川学院短大英文科卒。旧芸名:玉乃ヒカリ(グラビアアイドル)。

西条市出身

元プロ野球選手・監督。ポジションは二塁手。入団当時は背番号30番であったが、翌年から22番に変更。戦後は現役引退まで3番であった。引退後も背番号は3のままであったが、1958年(昭和33年)に新人の長嶋茂雄に譲り渡した。

1 2 3