1. まとめトップ

注目の動画制作関連企業

WEBマーケティングにおいて、通信環境の整備やスマホ・タブレットの普及もあって、動画の活用が本格的になってきた。動画制作のニーズが高まってきた中で比較的安価に制作ができる「クラウド」を活用した動画制作企業を中心にご紹介する。

更新日: 2015年09月25日

5 お気に入り 1288 view
お気に入り追加

▼背景

・通信環境の整備
・スマートフォンやタブレットの普及
・Youtubeやニコニコ動画といった動画閲覧プラットフォームの規模拡大
もあって一般消費者にとって動画閲覧という行為が一般化している。
そんな背景もあり、企業側でも動画を活用したマーケティング施策に注目が集まりだしている。

▼市場規模

▼企業側の効果面の実感

そんな中で急速にニーズが高まっているのがクラウドを活用した動画制作である。

▼クラウドを活用した動画制作とは?

簡単にいうとネットで、クリエーター(ディレクター、カメラマン、監督、CGデザイナー、イラストレーター等)に動画制作を依頼すること。

▼動画クラウドサービスの活用メリットとは?

■高品質映像を低コストにて制作することが可能
<今までの映像制作>
広告主→広告代理店→制作プロダクション→クリエーター
<動画クラウド>
広告主→クリエーター
といったように間に入る企業の中間マージンのコストが圧縮される構造になり、低コストが実現。
■クリエーターの選択肢の幅
クラウド上でクリエーターを多く囲っているため、選べるクリエーターの選択の幅が広い。
■広告主側の打ち合わせ工数の削減
基本はWEB上でのコミュニケーションが主になるため(もちろん、ディレクターとの実際の打ち合わせはあり)、作業にかかる工数は削減される。

▼動画クラウドサービスの活用のデメリットとは?

■オリエンテーションの精度
何度も膝を突き合わせて打ち合わせをするというフローが無いため、企業側は的確にオリエンテーション(成し遂げたいこと、解決したい課題、訴求点、映像のイメージ等)をする必要がある。
■サービスとしての安心感
まだまだ世の中的に出てきて間もないソリューションであるため、ITリテラシーの低い上長などへの説明時は不審がられる可能性もまだある。(初めて活用する場合)

▼映像特化型クラウドソーシング

▼映像制作会社

1





おまつり野郎さん