■高品質映像を低コストにて制作することが可能
<今までの映像制作>
広告主→広告代理店→制作プロダクション→クリエーター
<動画クラウド>
広告主→クリエーター
といったように間に入る企業の中間マージンのコストが圧縮される構造になり、低コストが実現。
■クリエーターの選択肢の幅
クラウド上でクリエーターを多く囲っているため、選べるクリエーターの選択の幅が広い。
■広告主側の打ち合わせ工数の削減
基本はWEB上でのコミュニケーションが主になるため(もちろん、ディレクターとの実際の打ち合わせはあり)、作業にかかる工数は削減される。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

注目の動画制作関連企業

WEBマーケティングにおいて、通信環境の整備やスマホ・タブレットの普及もあって、動画の活用が本格的になってきた。動画制作のニーズが高まってきた中で比較的安価に制作ができる「クラウド」を活用した動画制作企業を中心にご紹介する。

このまとめを見る