出典 infamouslove.files.wordpress.com

裏切りは僕の名前を知っている

千年以上昔の『黄泉の落日』から敵対関係にある、特殊能力を持つ『祗王一族』と『悪魔(デュラス)』。その戦いは数百年ごとに繰り返されていた…。
養護施設で生活する天涯孤独な高校生・桜井夕月は、時折触った相手の感情を読める特殊な能力を持っていた。そんな彼の前に現れた、どこか懐かしさを感じる美貌の青年『ゼス』。ゼスは夕月に、死を招く紅い月の夜、“ワルプルギスの夜”には外に出てはならないと忠告する。
ある日、夕月の元へ祗王天白と名乗る人物が訪れ、夕月が特殊な能力を持つ一族・『祗王家』の人間であること、自分達の仲間の所へ来てほしいということを告げる。