1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「高齢者だってセックス」言えない性の悩み   クローズアップ現代+
https://www.youtube.com/watch?v=K9pX-7VZJik

「性欲をおおっぴらに語るようになった入居者が一部にいて、職員を困らせています。また“道具”によって元気になった男性入居者と女性入居者の恋愛トラブルだって増えました。さらに言えば、女性の高齢入居者にだって性の問題はあります。元気なお年寄りがいること自体はよいことでしょうが、それに伴うトラブル、とりわけ高齢者の性についてはなかなか議論ができる世論ではなく、難しい問題なのです」 (施設担当者)

「老人は性欲も弱い」というイメージを抱いていた筆者。取材を続けていくうちに、この冗談みたいな話が真実であり、かつ深刻であることが見えてきた。高齢化社会を迎えた我が国で、高齢者がより人間らしく生きていくためには「高齢者の性」問題も、避けて通ることはできない。

「パートナーと一緒に来てもらうのがよいのですが、パートナーには来たがらない人が少なくなく……。それに認知症みたいな感じになっている人もけっこういるんです。認知症のような症状が進んで、それで奥さんが嫌がっているのも分からず求めてしまう」

――認知症みたいな……。認知症みたいになると、性欲はどうなるのですか。

「それが、性欲がむき出しになって、遠慮というか、羞恥心が薄れて、奥さんに強引にセックスを求めて、無理矢理に脱がしたり……。奥さんの方は耐えきれなくなって……」

――それはもう、レイプに近いですね。

「そういうの、あるんです。どうすればいいんかと。家族でもて余して、施設で隔離みたいなことにもなります」

――そうか。本能のまま、ということになってしまうのですね。

「難しい問題ですね。性欲って、ないものを湧き上がらせたり、あるものを抑えるのは難しいんです。犯罪者などが再犯を防ぐためのセッションとか、そういうのはあるのですが、夫婦間の性のことを話し合って解決、というのはうまくいかないですね」

女性の方が、早くセックスが億劫になるようですね。局部が痛くなったり……。

「痛くなるのもあるし、性欲って、男性ホルモンによって生じるものだから、加齢とともに減っていくんですよ。痛くなるのはいくらでも改善のしようがあるんです。性欲も、ホルモンを補充したり、いろいろと戻す方法はある。でも、そこまでしてしたくないという人が多いんですよ」

60~70代男性の約4割が、「妻」の欲求が自分より乏しすぎると答え、女性の約3割が、「夫」の欲求が自分より強すぎる、と回答している。つまり夫と妻の間に、確かな性欲ギャップがあるわけだ。

齢女性の性交渉は健康に恩恵をもたらす可能性があると6日に発表された
研究によると、性交渉で満足感が得られる女性は高血圧になる確率が低かった
一方、満足のいく性的活動は高齢男性に心血管系疾患のリスクをもたらすそう

大規模調査に基づく今回の研究論文の主執筆者で、米ミシガン州立大学(Michigan State University)のフイ・リュウ(Hui Liu)准教授(社会学)は「これは、性交渉がすべての人に同一の健康上の恩恵をもたらすという、広く支持されている仮説に異を唱える結果だ」と語った。

 研究チームは、連邦政府資金による全米調査プロジェクトの対象者で47~85歳の2204人の調査データを分析。研究成果を米専門誌「保健・社会行動ジャーナル(Journal of Health and Social Behavior)」に発表した

週に2回以上オーガズムを得ていた男性は、それ以下の男性に比べて死亡リスクが50%低かった

高齢の男女の中で、性的な関係に満足し、しかも性を高齢期の不可欠な要素の一つとみなしている人々は、性活動ならびにパートナーとの親密な関係を大切でないと感じている人々よりも認知機能テストが良かったという。

記憶、知的な処理速度、一般的な認知機能、そして流動性知能、つまり抽象的に考えたり理由づけたりする能力

性は大切で現在の性活動に満足していると感じている人々よりも低かった。

セックスをするとストレスを緩和し血圧を下げる

スコットランドで24人の女性と22人の男性のセックスの活動を記録し研究が行われた。公衆の前でスピーチと数学の問題を解いた後彼らの血圧を測った。その結果性交渉を行っている人の方がその他の性的な習慣や行っていない人よりもストレスが低かった。
その他の研究では拡張期血圧(最低血圧)はパートーナーと住み頻繁にセックスをしている人の方が低い傾向が有りました。

セックスは免疫力を上げます

セックスを週に1~2回する人の方が風邪やその他の感染からあなたを守る免疫グロブリンA(IgA)抗体のレベルが高かった。

ウィルキス大学が112名の大学生にどの位の頻度でセックスをするかの記録と唾液のサンプルで調査を行った。それによれば週1~2回セックスをする人たちがその他の人よりも最も風邪や感染症から体を守るIgAのレベルが高かった。

3、セックスはカロリーを消費します
・・・・
4、セックスは心臓疾患を減らします
・・
5、自尊心の向上 ・・
6、親密度が深まる
7、セックスは痛みを軽減します
オキシトシンはエンドロフィンと呼ばれる体内鎮痛剤の放出も促進します。頭痛、関節痛、若しくは生理痛等の症状はセックスの後に良くなるでしょう。

8、たくさん射精すると前立腺がんのリスクが低下・・・
9、骨盤底筋の強化

ケグルという骨盤底筋のエクソサイズをするのは楽しいことで、これを鍛えることで年をとっても失禁するという事が無くなります。

10、安眠

1 2