1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

誰もが持っている危険な傾向、「確証バイアス」とは?

人は誰でも、無意識のうちに自分に都合のいい情報、自分の主張を後押しするような情報ばかりを集める傾向を持っています。この傾向が行き過ぎると、視野が狭くなったり、思考が偏ったり、それにより思わぬ失敗をしたりすることがあります。またこの傾向を利用した犯罪も存在するので注意が必要です。

更新日: 2015年03月07日

replicant_gさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
754 お気に入り 183920 view
お気に入り追加

1度払ってしまうと”信じたくない””騙されていないと信じたい”という心理から、騙されていない証拠ばかりを探し求めてしまって、おかしな点は無視してしまうのです。

だから、銀行では振込め系詐欺の送金防止の声かけの際には、『振込め詐欺じゃないですか?』という声かけを禁じているところが少なくありません。

自分の思い込みを否定するような忠告には耳を貸さないどころか、「そんなことはない!」とますます冷静さを失わせてしまうからだという。

■確証バイアスを回避するには?

誰もが「確証バイアス」という檻の中で生きている、ということを認識しておきましょう。その上で、敢えて自分の意見とは異なる主張に触れていくことが大切です。

通常の人は、自分の読みたい本しか読みませんが、それは結局「確証バイアス」を強化するだけになってしまうのです。「あえて」自分と異なる意見に強制的に触れ、考えてみることが肝要です。

この方法は普段の生活の中でも有効で、ある情報が正しいかどうかを確認する場合には、反証情報を先に調べればよいのである。証明する情報を調べるのはその後でも遅くはない。

普段話さない人、気が合わなそうだと感じている人と積極的に話をすることも有効。

バイアスを形づくるのが、人だとしたらバイアスを壊すのも人だということなのだと思います。

自分と似ていない、知らない人と交流すると、自分のコンフォートゾーンを壊すきっけになり、現実に対する見方が変わります。

1 2





replicant_gさん

このまとめに参加する