1. まとめトップ

【実体験】フィリピン留学レポート&必要なものとは!?

欧米に行く前のプレ留学として最近フィリピン留学が熱い!近くて安くてマンツーマンが受けられます。だけど、治安や環境が心配…留学に何を持っていくべきか…調べても色んな情報が有りすぎて良くわからない!そんな状態で留学行って気づいた点などをレポート。個人的な意見ですが参考までにどうぞ。

更新日: 2015年07月11日

3 お気に入り 2833 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

blar-himinnさん

フィリピン留学、どの都市にする?

治安の関係からマニラから離れた場所にするかセブ島にするか迷いましたが、私は日本からのアクセスを考えマニラに絞って探しました。
治安について比較するとマニラは人口が多い分、犯罪率も高いとありましたが、セブは街を抜けると暗いところが多く、観光地ということもあって犯罪率が上がっていると言う記事を読みました。どこにするにしても自分の防犯意識レベルをMAXにしないといけないようでした。

学校は日本人経営か韓国人経営か?

どちらもメリット・デメリットがあるようです。
日本人経営…留学生は日本人が多い。日本食対応している学校も
韓国人経営…留学生は韓国人が多い。韓国の友達ができる。食事は韓国料理。

学校のカリキュラムを確認する

フィリピン留学=マンツーマン と言っても過言ではありません。
ただ、他の留学生との交流が持てたり、自分のレベルを把握するためにグループレッスンが取れる学校が良いということだったので、私はグループレッスンも受講できる学校を選択しました。

スパルタコースかノーマルコースか

学校によっては、スパルタコースがあるところがあります。
日本に居るときはヤル気満々なので、当初はスパルタコースにしようと思いましたw が、フィリピン留学に行ったことがある友達のアドバイスで6時間コースにしました。
結果的に私は6時間コースで良かったです。予習・復習をする時間が必要ですし、毎日長時間、集中力を持続させることは難しかったので。

スパルタコースは母国語禁止だったり、授業8時間コースに加え、寮に帰っての授業やテストが追加されていました。
6時間コースでも予習・復習で6時間勉強していたので、トータル12時間!これ以上の負荷を掛けてもこなすだけで終わっていたと思います。
ただ、多くの人達はノーマル8時コースを受講していました。6時間は少なかったかな?と最初は若干焦りました…

初日に自分の希望をあらかじめ先生に伝える

カリキュラムがあるからと言ってそのまま受講しない方が良い場合もあります。
リスニング力を伸ばしたい、スピーキング力を伸ばしたいという曖昧な言い方だと先生には伝わりませんでした(先生もアルバイト的な方が多いようで、英語は喋れるが教える事が下手な先生も沢山いました)
「イディオムを使って文章を作ってくるから添削と発音を聞いてチェックして欲しい」など自分から積極的にカリキュラムを作る位の方が良さそうでした。

うまく伝わらない先生だったり、合わないと感じたら速攻でチェンジ!! 数日受けてチェンジすると気まずいのでw

積極性と、打たれ強さが必要!

日本人には難しいですが、積極性と意思表示が大事だと実感。
日本は受け身授業で、意見を言ったりすることも少ないので、これは結構ハードルが高かった。
でも、時間とお金を掛けて行く留学。日本とは違って意見をどんどん言っていかないと、伸びるものも伸びないなと思いました。

つい笑ってごまかしてしまう悪いクセが出ますw 自信がないから声も小さくて、聞き返されると更に萎縮して声が小さくなってしまいます…
最終的には、聞き返されることにも慣れてきますが「What's?」と言われても凹まないことが大切です。
意味が通じなくて聞き返されている場合も多いですが、声が小さくて聞こえなかったり、発音が悪くて聞き返されていることも結構あるので。

色んな人に話しかける

留学生同士で話すには、結構難しいところがありました。(お互い英語話せない者同士なので、知らない単語や発音が悪くて通じない場合は、笑ってごまかすしかない…)
でも、自分よりもスキルが高い留学生と話すことは勉強になります。食事時間などに気軽に話しかけてみたら良いと思います。
寮のフィリピン人スタッフにももっと話しかければ良かったな~と今となっては思います。

週末はリフレッシュする!

毎日12時間も勉強してばかりだと、正直気が滅入ります。それに短期留学の場合は観光も同時に行っておきたいところ。「一人で行くには勇気が必要だな~」と思っていても、短期留学生同士考えることは同じなので、誘われたら乗っかっておけば、毎週何かと出掛けることができました。
1泊で郊外の島(ミンドロ島)に行ったり、滝を見に山に行ったり、ショッピング…
週末が楽しすぎて、日曜の夜は、サザエさん症候群になっていましたw

【生活編】役立ったもの、必要なかったもの

スーツケースの重量制限があるので、不要なものは持って行きたくないけど、必要だったらどうしよう…とついつい荷物が増えがちです。色々持って行きましたが、自分が必要だったものとそうでないものを簡単にまとめてみました。

寮のウォーターサーバーからお湯を汲んで部屋で日本茶を飲んだり、インスタント食品を食べるのに重宝しました。

洗濯は基本寮のスタッフがやってくれますが、下着は自分で洗濯する必要があります。
その際、洗濯ヒモにこのハンガーを引っ掛けて干すと乾きやすい!

主に体調が悪い時に飲んでいました。
フィリピンは暑い国なので、水だけでは物足りない事が多かったので、重宝しました。

手荷物検査で没収されたくないので、火気系を使ってないタイプの電池式を持参しました。
部屋にいる間はずっと付けていたので、部屋では蚊に刺されることはありませんでした。

薄手のカーディガンとパーカーを持って行きました。
学校は基本クーラーがきついので必須です。
足元も冷えるので、靴下履いてました。

フィリピンでは水道水が飲めません。
気をつけていても、水道水で作った氷や生野菜を洗った水にあたることも…
下痢まではしないが、お腹がゴロゴロしていた時に飲んでいました。

フィリピン留学経験者が言われているように、ふりかけや海苔、梅干しは持参をオススメします。
韓国系の寮だと毎日韓国料理。辛いもの好きだから平気だと思っていましたが、最後の方は食べたくなくて、フルーツを買って食べていました。

学校や寮で飲むのに便利です。
コーヒー粉末はフィリピンでも購入できますが、めちゃくちゃ甘い!苦手な人は日本で買っていった方がbetter。

寮の食堂の食器類は持ち出しが禁止でしたので、部屋でお茶を飲んだり、歯を磨いたりするのに必要でした。

常夏の島で風邪なんてひかないと思って少量しか持っていかず失敗しました。
思いの外風が冷たい時もあるし、何処へ行っても冷房が聞いているので風邪をひいてしまいました。学校で用意しているところもあるようですが、あると安心。

海に行くつもりが無くても、誘われたら行きたくなるかも!!安くフィリピンでも水着は売ってますが、日本人好みのデザインは少なかったです。
サングラスも安物ですぐ壊れそうなものは売ってました。
持っているなら持参しておいたほうが良い。

野菜不足を補うために持って行きました。
食生活が変わるので、持っていった方が良いかも。

1 2