1. まとめトップ

美容院で男性が「カットのみ」だと違法ってホント!?

美容院で男性客が「カットのみ」だと違法になる可能性がある!?それって本当なんでしょうか?

更新日: 2015年03月04日

6 お気に入り 116371 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haru-tomoさん

■安部総理も知らなかった?意外な法律

安倍晋三首相はほぼ毎月、東京・渋谷の美容室に通っている。妻の昭恵さんから勧められたのがきっかけだ。カットの後のヘッドスパがお気に入り

ただ、美容師が首相の髪を切るのは「厳密に言うと法律違反の疑いがある」(厚生労働省幹部)

■そもそも髪を切る資格には「理容師」と「美容師」の2つがある

美容師・理容師のどちらも理容室、美容院などのヘアサロンで髪の毛を切る仕事という印象がありますが、実はシゴトの範囲が法律によって区別されています

・「理容師」は髪を切るのが仕事

理容とは頭髪の刈り込み、カット、シェービングやそれに付随することなどで容姿を整えること

・「美容師」はパーマや髪のセットが本来の仕事

美容師の仕事は、「パーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすること」と、「美容師法」に定義されています

・よく言われる違いが「顔剃り」

理容師は容姿を整え清潔にするための道具としてカミソリやハサミの使用が許可されています

美容師は髪結いを基本とする業務のために、法の下ではカミソリの使用は許されていません

ただし、美容師でも「化粧に附随した軽い程度の「顔そり」は化粧の一部として美容師がこれを行っても差し支えない」とされています

■では、美容院で男性の「カットのみ」が違法になるというのはなぜかというと

1978年、厚生省(当時)は局長通知で美容師が髪を切るのは女性客との法解釈を示した

美容師の行うカッティングについて
女性に対するカッティングは、コールドパーマネントウエーブ等の
行為との関連の有無にかかわらず行って差し支えないこと。
しかし、これ以外のカッティングは行ってはならないこと

コールドパーマネントウエーブとは熱を使わずに、薬液だけを用いて常温でかけるパーマネントウエーブのこと。

つまり美容院について言えば、パーマと一緒にカットをするなら男女どっちもOK。パーマを伴わない場合、女性に対しては「美容」なのでカットしていいけど、男性がカットだけするのはダメ!理容室でやりなさい!となっています

女性=美容院、男性=床屋、というイメージはここからきてる。

■なぜこんな風に2種類の資格に別れてしまったのでしょう?

理容の場合、仕事のなりたちは、文明開花の断髪令がしかれたあたりにさかのぼるのに対し、女性は明治時代になっても髪を結うのが普通で、「カットでそろえる」という概念がなかったのだとか

そのため、最初は理容美容が一緒だった法律「理容師法」が昭和23年1月につくられ、徐々に成熟してきたことによって、昭和32年に、単独の法律「理容師法」「美容師法」に分かれたのだという

そもそもは理容師=カットする人、美容師=パーマや化粧する人、というのが業態の区分としてスタートした

■ただ、現実問題として「黙認」されている状態ではあるが、地域によっては…

1 2