1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

3.11以後を考える上で観ておきたいドキュメンタリー&映画7選

3.11以後を考える上で観ておきたいドキュメンタリー&映画のまとめです。

更新日: 2016年03月02日

224 お気に入り 60035 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3.11 is a summary of the documentary and the movie you want to watch in considering the subsequent .

100,000年後の安全

『負の遺産は地中深くに埋葬せよ』というのが放射性廃棄物処理における現在の最良策。無害化する技術を発明すればまた違う未来になるのだろうが、今はまだ実用が叶っていない。
本気で100000年後の安全を考えているとはお世辞にも言えない関係者たちの証言が中心で、結局のところ責任の所在をたらいまわしているような印象を受ける。未来の人間に託す、みたいな投げっぱなし感を受ける。

Current best measures in radioactive waste disposal is that " negative legacy Whether buried in deep underground ." It will become different also if invention a technique to harmless future , but not yet practical use come true now .
In the center is the testimony of officials who do not say to compliment it and seriously believes the safety after 100 000 years , to receive the impression that balancing a spinning washtub the location of the ultimately responsibility . To commit to the future of human beings , to receive a like a throw leave feeling .

色々な不安を現実の世界に引っ張り出し、自分の事として考えなければいけないときずかせてくれた作品です。

原子力戦争

放射能事故と過疎化する村と巨大化した原発利権戦争に都会から来た一人の男が巻き込まれるというサスペンス。主人公の原田芳雄とカメラマンが原発の立入禁止区域にやって来て、本物の警備員に制止されるゲリラ撮影の体当たり的なシーンなども見どころ。

Suspense that a man who came from the city to the nuclear power plant concession war that was village and huge that radioactivity accident and depopulation are caught . Have hero of Yoshio Harada and photographers came to restricted areas of the nuclear power plant , real restraint differentially body per scenes attractions well as of guerrilla shooting guards .

公開当時に観ていたとしたら「これはやりすぎだろう」と思っていたかもしれません。しかし福島第一原発の結末を知る我々にとって、このシーンもまた違った見え方がする

friends after 3.11

出典outnow.ch

女優の松田美由紀をナビゲーターに、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章、内閣府原子力委員会専門委員の武田邦彦、元東芝・原子炉格納容器設計師の後藤政志などへのインタビューを敢行する。

Documentary of Iwai Shunji director born in Sendai , Miyagi Prefecture , was spelled "Japan of the future" to talk about with friends people , and that has reunited after a long time met after the earthquake .

松田美由紀さんの真っすぐな言葉によって、ネット上の情報源でしかなかった人たちが、とたんに身近に感じられて、その人柄や思いが伝わってきた。

改めて振り返ってみて、何が問題なのか、どんなことを考えて行けばよいのか?
このことを復習させてくれる作品だった

ヒミズ

作品の撮影準備期間中に東日本大震災が起こり、内容を大幅に変更したというのは有名なエピソード。「震災後に、何もなかったように映画を撮り続けることはできなかった。どんなことをしても震災を作品に取り込まなければと思ったのです」と語る園監督の魂の叫びが作品には見受けられる。

" Disaster background is eliminated by it is not possible to continue to take " a substantial real- original fiction Furuya depicting the everyday following the after Correct the screenplay earthquake .

原作を読んだ上でラストシーンを観ると、そこに監督の全ての思いが帰結しているのだなと感じる。

大声で叫ぶこの「がんばれ」は、言葉というより限りなく音に近いように感じる。必死に自分を立て直して生きることに向わせようする少年たちの体が軋んで鳴っている。キリキリと鋭い音を放つ。それはまるでこの世界に響きわたる命の悲鳴のようだ。言葉が持つ意味を超えた力が観る者を突き刺す。

311

否が応でも圧倒的な第三者となってしまう「製作者」の立場・姿勢をも赤裸々に描いたことで賛否両論が巻き起こった問題作です。

It draws vividly the 3.11 four filmmakers have witnessed , including the documentary world masters Mori Tatsuya .

東日本大震災発生から2週間後、一台の車が被災地へと向かっていた。作家で映画監督の森達也、映像ジャーナリストの綿井健陽、映画監督の松林要樹、映画プロデューサーの安岡卓治。
震災をその目で確認すること、それだけが共通の目的だった。

恐怖のなかで否が応でも高揚してしまう彼ら自身の姿が映し出される。それは、マスメディアが決して露わにすることのない、撮る側にいる者の素顔。

1 2