1. まとめトップ

【ニコ生放送】今話題のニコ生主ノエルとは【川崎中1殺害事件】

中学1年/上村遼太/うえむらりょうた/13歳/中学生殺人/現場/多摩川河川敷殺人事件/川崎市/中1男子殺害事件/犯人/表札/逮捕/配信者ネットで話題船橋舟橋人気/犯人の家/容疑者の家/さらす//中龍一生/画像/動画/

更新日: 2015年05月20日

3 お気に入り 26621 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼【ニコニコ生放送の配信者】ノエルとは

ノエルとは配信業での自立を目指す15歳の生主である。
2012年に私立中学校に入学したが
当初より成績不良や友人の寡少ぶりから現実逃避を始めていて
2013年後半期には既に不登校状態であった。
中学三年生になってしばらくは再登校をするようになったが、
定期的に犯していた出会い系サイトでの”釣り”行為が
学校に発覚し、数週間の停学処分を受ける。

ネット配信者 :ノエル
本名:●●●●(下記のニコニコ大百科参照)
出身地:不明
現在居住地:横浜市
夢:配信業で生計を立てる
生年月日:2000年1月20日(15歳)
身長:162cm

配信情報
Twitter:@noerunico
SkypeID:noeru.nico8
ユーザー垢 :44264694
コミュニティ :co2726100

ツイキャス:http://twitcasting.tv/noerunico

アフリカTV:http://www.afreecatv.jp/noeru

ノエル放送局(YouTube):https://www.youtube.com/user/SEIYAch

ホームページ:http://seiya.ikaduchi.com/

▼今回問題となった動画

「ここが犯人の自宅らしいよ」。2月に少年3人が殺人容疑で逮捕された川崎市の中学1年生殺害事件で、逮捕された少年の自宅前とみられる場所から、ニコニコ生放送のユーザーが、ネット中継している動画が話題になっている。

このユーザーは、逮捕された少年の自宅前とみられる場所でネット中継を行い、マスコミの取材陣が集まっている様子や、親族とみられる人たちが出入りする様子を生中継していた。表札を映して、「犯人の本名は●●、下の名前は●●」と個人名を口にしたり、「人を殺しているからね。まあしょうがないね」と取材陣が殺到していることについてコメントしていた。

川崎の殺人容疑者の家へ行くノエル

↓その後、通報されて警察官から職務質問されるノエル

▼実名さらしネット中継、どんな問題がある?

このユーザーは、逮捕された少年の自宅前とみられる場所でネット中継を行い、マスコミの取材陣が集まっている様子や、親族とみられる人たちが出入りする様子を生中継していた。表札を映して、「犯人の本名は●●、下の名前は●●」と個人名を口にしたり、「人を殺しているからね。まあしょうがないね」と取材陣が殺到していることについてコメントしていた。

この動画に対して、ネットユーザーからは「お前の行動力に脱帽した」「個人情報出すな、訴えられるぞ」「これが冤罪だったらどうするよ」など、さまざまなコメントが寄せられた。

最近の犯罪では、犯罪の容疑者の情報をネットでさらして、社会的な制裁を加える「私刑」が問題になっているが、今回のケースにはどんな法的問題があるのだろうか。元裁判官の田沢剛弁護士に聞いた。

●社会的利益がある報道は認められる

「法治国家においては、原則として『私刑』は禁止されています。これを認めてしまえば、裁判所も警察も関係ない、無法状態となってしまうからです」

田沢弁護士はこのように切り出した。では、今回のようなケースが、具体的にはどういった法的問題があるのだろうか。

「人には、『私生活をみだりに公開されない法的保障ないし権利』があります。次の3つの要件に当てはまるような情報を公開されると、プライバシーの侵害として、民事上の責任が生じます。

(1)一般人にまだ知られていない、

(2)公表されると、私生活上の事実または、事実らしく受け取られるおそれがある

(3)一般人の感受性を基準にして、公開を欲しない。

公開された人物の社会的評価を低下させるような場合には、名誉毀損に該当し、刑事罰の対象となることもあるでしょう」

対象が犯罪の容疑者であっても、同じ扱いなのだろうか。

「マスコミによる犯罪の報道については、プライバシーを侵害するような内容であっても、これを報道すべき社会的利益が上回る場合には、違法になりません」

実名であることも「社会的利益がある」と言えるのだろうか。

「実名を挙げて報道すると、読者や視聴者に対する事実の訴求力が異なります。また、政治家の汚職事件など、実名での報道が権力の追及につながることもあるでしょう。

こうした理由から、マスコミには基本的に実名報道の原則があるようです」

●違法となる可能性が高い?

だが、今回は容疑者は18歳の少年ということで、事情が異なるのではないか。

「20歳未満の少年による犯罪の場合は、少年法61条が実名報道、推知報道を禁止しています。条文には、次のように規定されています。

▼さらに上村遼太くんのお通夜でも放送していた配信者ノエル

▼ニュースでも問題になって報道されるノエル

▼ネットユーザの反応

「被害者の個人情報が晒されても何のお咎めもないのに、加害者の個人情報が晒されると逮捕されるっておかしいよなー。」


「加害者優遇にもほどがある・・・」


「情状酌量の余地などあるはずもない・・・」


「確かにそうかもしれないが、殺す方が問題。」


「犯罪者優遇の法律ってなんなんだ?
時代にそぐわないという理由で、法律の改定が行われるのなら
少年法も改定が必要なのでは? と思うが。」


「色んな問題が浮かび上がる事は悪い事ではないと思う…
まず、少年法から見直すべきだ。」


「加害者は保護されて、のうのうと暮らして、被害者遺族は晒者にされて隠れるように暮らしていくってどうなのよ?」


「被害者家族がさらされるのは、報道の自由か。
同じ個人情報だろう。」



「匿名性で不確かな情報が出回る時代なんだ。と、いうことを踏まえた上で、公的に加害者の個人情報は公表すべき。
責任の所在のしっかりとした情報を国民に伝えて欲しい。
少年法も事件の内容や社会的影響を考慮し内容変えて。
こんな事件起こした少年は更正しようと思うことさえおこがましい。」

配信中に、警察沙汰などに度々なって
母親にPCを没収されたり、更生施設に入院させられそうになり
何度も家出配信を、繰り返している。

家出中は主に、公衆トイレでの放送が見受けられるようになる。

1