1. まとめトップ
  2. カラダ

健康やダイエットの為にも!「体脂肪を減らす食べ方」が意外と簡単

ダイエットといえば体重計に表示された数字の方に目がいきやすいですが体の見た目や細い人でも注意しないといけないのが体脂肪の事。体脂肪が増えすぎると見た目も残念になることだけじゃなく、健康面にも影響してきます。でも運動をするのは苦手と言う人は日々の食事のやり方で脂肪を落とす方法をご紹介

更新日: 2016年05月21日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
468 お気に入り 137036 view
お気に入り追加

ダイエットは体重だけじゃない!体脂肪のことも重要!

25歳すぎたあたりから一気に体重が体脂肪が落ちにくくなった。 それまでは食べ過ぎてもちょっとトレーニングすれば良かったけど、今は食べたら食べた分だけついてトレーニングしても落ちにくい。 食べることにきをつけなきゃ。

いやーーー 体重変わらなくても見た目デブ化の理由…体脂肪が増えて筋肉落ちてるからって( ̄▽ ̄)笑 運動がんばる これ以上太るわけにはいかない!

▼体脂肪は「内臓脂肪と皮下脂肪」の2種類

見た目からしてわかる脂肪と見た目は細いのに体の内面に脂肪が付いている場合と「脂肪」といっても二つに分けることができます。

「体脂肪」というキーワードですが、その脂肪は大きく皮下脂肪と内臓脂肪の2種類に分類することができます。

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて生活習慣の影響を受けやすく、とくに男性の場合は女性に比べると多く蓄えられやすいので注意が必要です。しかも、内臓脂肪は糖尿病や高血圧、高脂血症を引き起こす原因になるので、内臓脂肪は減らすに越したことはありません。

皮下脂肪は内臓脂肪に比べると代謝が悪いので、どちらかというと分解されにくい性質を持っています。女性は外的な力から身を守るためか、女性ホルモンの作用により男性に比べて皮下脂肪が付きやすい傾向にあります

▼白米(ごはん)は別にダイエットの敵ではない

炭水化物ダイエットが流行って、今もやっている人がいるかもしれませんが、別に白ご飯がダイエットの敵と言うわけではないようです。むしろ主食を抜くほうが、リバウンドの原因にもなるようですよ

体脂肪や体重を減らそうとして、ご飯などの主食を抜く人を見かけますが、リバウンドの原因につながりやすいため注意が必要です

白米は、血糖値を安定させてインシュリンを抑えてくれる作用が期待できるので、過度でなければ、脂肪を落としたいダイエットに効果的

低炭水化物ダイエットやアミノ酸ダイエット、それぞれに良いところがありますね。どちらがよいのか、と悩むことを止めましょう。毎日の食事で、体脂肪を燃やしてくれる食べ方、付きにくい食べ方にしましょう。

▼体脂肪を落とす食事のやり方

ではどうやって効率よく体脂肪を落とすことができるのでしょうか?食事量を減らしたり、食事の食べ方を変えるのは中々難しいので長続きしません。簡単にできる体脂肪を落とす食事の食べ方をご紹介

余分な体脂肪を健康的に減らすためには、まず「食事」をコントロールしなければなりません。食事の摂取方法でも体質は変化していきます。

食事を抜いたり、単品だけで食事を済ませていては、長続きせず、むしろ減量前よりも体脂肪が増えてしまうことになりかねません。

□食事の前に、牛乳・豆乳を飲む

牛乳を食事前に飲むことによって、満腹感を得られます。その分食事量が減りますが、飲みすぎはよくないのでコップ半分程度で十分だそうです

食前に牛乳や豆乳を飲むことによって、食事の満腹感が得られやすくなり食べ過ぎを防ぐことができます。ただし、調整豆乳や味付きの豆乳など、糖分の高いものの場合逆に血糖値を急激に上昇させてしまうため逆効果

食事の前に吸収速度の遅い豆乳や牛乳を飲むことで、食事全体の吸収速度を緩やかにすることが出来ます。しかしあまり量を多く飲んでしまうと、牛乳や豆乳自体に含まれる糖分を多く摂取することになるので、コップ半分程度にしておきましょう

□食事回数を増やして小分けして食べる

1日3食バランスよく!と昔から言われていますが、どうしても小腹が空く人は、3回分の食事を4回5回分くらいに分けてみましょう。くれぐれも毎食通常通りの量で組まないようにしましょう・・・

食事回数を増やすと言うのは、1日の摂取カロリーを小分けして食べると言うことです。3回の食事で1500kcalを摂るよりも、4回に小分けして1500kcalを摂る方が効果的

食事をすればエネルギー代謝が上がります。よって食事回数を増やせば代謝を1日を通して高く保つことができるので、体脂肪が燃焼しやすくなる

□ブロッコリーを食べる

サラダにもよく入っているブロッコリーですが、暴食防止や脂肪の燃焼を助ける役割があるようですよ

ブロッコリーを入れると、栄養価が高い上、食べ応えのあるサラダになり、暴食防止に。

ブロッコリーには「テストステロン」の生成を促進させる成分が含まれており、脂肪の燃焼を助ける補助的な作用も期待できます。

□高タンパク質の食事を心掛ける

1 2





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう