19歳から64歳のアメリカ人の3500万人が医療費未払いの督促状を受け取り、1500万人が預金全てを医療費の支払いに充てました。

出典個人破産の原因ナンバーワン | 2分でアメリカがわかる | M2Jモバイル

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アメリカの医療費がマジやばすぎww保険に加入してるのに自己破産する現実

アメリカの医療費を払えずに破綻する人が増えています。アメリカでは、日本の国民皆保険というものがなくて、医療費が自己負担になっていますが、その金額が驚くほど高いのです。盲腸で入院しただけで、何と100万円以上の請求が来るという事で、貧乏人だけでなく中間層も破産に追い込まれています。

このまとめを見る