1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

chat01574さん

■ 50歳をすぎても美しい!妖艶さが魅力の女優・広田レオナさん。

50過ぎという年齢を感じさせない妖艶な魅力と不思議なキャラクターで、強烈なインパクトのあるタレント・女優さんとして知られている、広田レオナさん。

芸歴が30年を超えて50歳になりましたが、元々の美しさとその神秘的な佇まいが若々しいですよね。

82年、19歳の時に、バレエで鍛えた体を武器に映画「だいじょうぶマイ・フレンド」のヒロインに選ばれてデビュー

デビュー時には自身と芸能界でつくられるイメージのギャップに悩むが、ドラマ、バラエティーなど多方面で活躍する。

■ 女優業だけではなく2000年には映画の監督もこなしている!

映画、初監督・主演作である「DRUG GARDEN」は、わいせつ行為がトラウマになりパニック障害という神経症を患う広田レオナさん自身がモデル。

主人公が少女時代に受けた性的なトラウマや、同居しているドラッグクイーンの話が織り込まれているので、一応は「セクシャリティ」の話にはなっている

私生活では

■ 俳優の吹越満と結婚、離婚、再婚している!

私生活では劇団「WAHAHA本舗」に所属していた俳優の吹越満と結婚したが、離婚、再婚を繰り返した。

吹越満さんと広田レオナさんと言えば、1度離婚した後、2012年に再婚して元のサヤに収まったことが、話題になりましたよね。

「私たちにとって、娘がいちばんなんです。長男は成人してますから、娘が中心なんです。それで彼女のことを考えたら、結婚してるほうが不自然じゃないな、と、一緒に生活してわかったというか…」と答えている。

そんな広田レオナさんがテレビでぶっちゃけちゃった!

■ 女優の仕事「嫌々やっていた」。もう女優はやらない宣言!

女優の広田レオナ(51)が5日放送のフジテレビ系「アウト×デラックス」にゲスト出演。「女優はもうやらない」と宣言

マツコ・デラックスの「もう女優さんはやらないの?」という質問に、広田は、「そうです!」とキッパリ。

自身が女優であることに対し常に違和感を感じていたと明かし、「ずっと嫌々やってた」と告白。

■ 今後は監督業に力を入れるつもりのよう!新作も公開される!

2月末に公開された映画「お江戸のキャンディー」で監督を務めた彼女

監督業には意欲を抱いているらしき広田を、マツコは「監督業やるのもいいけど、女優さんもやればいいのになーと思うけど」と残念がる。

この新作映画「お江戸のキャンディー」は…

■ 美しい男たちの愛を描く異色ドラマとなっている!

1 2