1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

子供の頃言われたことあるかも・・・。子育てにおけるNGワードとは?

何気なくかけている言葉は、子育てに大きく影響しているものです。もし子供に使っている言葉があったら今すぐに直しましょう!

更新日: 2015年04月01日

kinokojpさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3013 お気に入り 880414 view
お気に入り追加

子育てってどうすればいいの・・・?

みんな子育てちゃんとしてるんだなぁ(´・ω・`)本当に何にもしてあげてない気になってくる…

俺いつか家庭と学校における子育て論の本書くから……それ書いて死ぬから……

子どもに何も言うことができない親 こういった状況になってしまうことが、 子育てにおける最も大きな失敗です!

子育ても、運転も、みんな当たり前にやってるけどさぁ、すげーよ。うん。

子育ては親である人にしか、その本質は本当の意味では分かっていない。私もそうだった。

性格は環境に左右される

周囲から影響を受けるものとしては、家族、兄弟、教育、学校、友達、国、土地、文化、家族内の裕福度など、様々なものに影響を受けます。

学校では知的な内容を教えてくれますが、
親から教えてもらうことのほうが大きくその後の性格にも影響しています。

子供に言ってはいけない言葉

▼よくできたね

この言葉の難しいところは、子どもに投げかけるシーンを見極めて使わなければいけない点です。

この言葉の問題点は、往々にして何度も繰り返されることと、実際には子どもがたいして努力していないことに対しても使われることです。

「出来たときだけ」「成績が良かった時だけ」「目的を達成した時だけ」褒められる、という間違った印象を子どもにあたえることにもなりかねません。

かわりに「がんばったね」と声をかけてあげましょう。

▼泣かないで

「泣かないで」と言うのは子どもたちの気持ちを認めず、おまえが泣くことは受け入れられないと宣告しているようなものです。

泣き虫の子どもなら「いっぱいいっぱい泣きなさい」と受け止めてあげましょう。

泣かないから、ため込みやすく、あるときから体調に異変を来します。
泣くことは、ストレスを吐き出すためにとてもいい効果があります。

泣くのを止めるように強制するのはあまりよいとは言えないようです。

▼○○さんはよく出来たのに・・・

子供が成長していく過程で、
常につきまとうのが同年代の他人との比較です。

才能を見つけたり伸ばしたりするとき、他人と比べるのは本末転倒です。
才能は、常に「自分の中」にあります。

他人と比べず、個性を大切にしましょう。

▼良い子だね

1 2





kinokojpさん

最近復活しました。
まとめトップに入れるよう頑張ります。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう