1. まとめトップ

ジェイソン村と呼ばれるスポットは各地にあり、連続殺人が起きたなどといった都市伝説と共に心霊スポットとされている。

日本のどこかの村が殺人鬼により全滅した。
所在不明の村は、殺人鬼が某有名ホラー映画のマスクをしていたためジェイソン村と呼ばれるようになった。

話によれば、問題の村とされる場所は日本各地に存在し、どれが本物なのか分からないとの事。
…秋田、新潟、栃木、山梨、茨城、神奈川、千葉、熊本の8県に噂の廃村があるらしい

【茨城県】ジェイソン村

茨城県つくば市

ここでは昔一家心中の事件があり、母親によって一人娘が一階の廊下で首絞められて殺され、父親が二階の寝室で金属バットでメッタ打ちにされて殺された。。この辺りでは若い女性の霊が出るといわれている。

#今日の心霊スポット【No.0107:ジェイソン村】茨城県つくば市高崎にある廃屋群。全国に複数あるジェイソン村の一つ。「過去に惨殺事件があった」「ホッケーマスクを被る少女の霊が出没する」「少女の悲痛な叫び声が聞こえる」などの噂がある。 pic.twitter.com/2UWiOMFN5n

茨城県牛久市

牛久市に、わりと有名な心霊スポットである、ジェイソン村がある。この一件家で昔、実の親子が殺しあうという、信じられない事件があった。まず、一人娘が一階の廊下で首絞められて殺され、父親が二階の寝室で金属バットでメッタ打ちにされて殺された。最後に、犯人である母親が自分で首に包丁刺して、死んだ。今では、この家の一階から、娘の母親にやめて、と懇願する声が聞こえるらしい。あと、この近辺の鉄工所(今はもうない。)では、従業員がプレス機に押しつぶされて死んだ。そして、もっとも怪奇な噂は、最近、この廃墟で若い娘が、暴走族にレイプされ最後に無残にも殺された。この娘の無念の霊がこの近くの道路で目撃されている。この霊は、なぜか顔にホッケーマスクかぶっており、この道にバイクが通るとこのバイクのうしろに乗り込んで、事故に導くといわれている。この女ジェイソンが現れることから、いつしかこのあたりは、ジェイソン村とよばれるようになったらしい。

@5208yukamero 実際さしろ山より牛久にあるジェイソン村のがこえーよ?門あけた瞬間空き家なのにドア閉まる音するし心霊写真とれたし

【神奈川県】ジェイソン村

神奈川県相模原市

神奈川県津久井郡相模湖町の山林にはね、ジェイソン村ってのがあるんですよ。
ここはですね、かつて発狂した青年が斧で村人達を次々と惨殺し、最後には彼自身も自殺したってな、おぞましい場所らしいんですよ。
まあ、村と言っても、7軒の廃墟が建っているだけだそうなんですがね、斧を持った男の霊が出るとか、電気が通ってないはずなのに建物に灯りがついていたとか、ヤクザが死体を埋める場所として使ってるとか、不気味な噂が結構あるんだなあ。
殺された村人達や、自殺した青年の霊魂が成仏出来ず、まだ彷徨っているのかもしれないですねえ。
あ、そうそう、近年ジェイソン村の入口の真ん前に、一般人の民家が建てられたそうでしてね、夜間に行くと通報される確率が高いらしいですから、充分気をつけて下さいね。

#神奈川心霊スポット【No.0208:ジェイソン村】神奈川県相模原市緑区日連にある廃屋群。全国各地にあるジェイソン村の一つ。実際は村ではなく廃モーテルである。「過去に惨殺事件があった」「経営者が借金苦で自殺した」などの噂がある。 pic.twitter.com/sa2M8QIM4Q

神奈川県横浜市

井土ヶ谷下町は都市伝説で有名なジェイソンハウスが在りましたね!今はもう取り壊してありませんが・・・。
なんでも発狂した若者が斧で数人殺してそのためしばらく廃屋になっていたという都市伝説です。

@BadBoyBeach 井土ヶ谷ジェイソン村 へ!? ごくり…(; ・`д・´) 詳細知らないけど pic.twitter.com/gPe9WUtd

【新潟県】ジェイソン村

その集落は、人里離れた小さな海沿いの村にあった。
まるで、ゴーストタウンのように、荒れ果てて、
吹きすさぶ風に、開け放たれた扉が、時折、ギーギーと音を立てていた。
割れた窓ガラス、蹴破られた扉・・・
まるで、何者かが暴れたかのように、無残な状態を曝け出していた。

外交官一家が引っ越してきた理由は、9歳の娘の病気にあった。
少女の病名は、多重人格症・・・そう、精神を病んでいたのだ。
その病気療養のために、人里離れたこの地に住むことにしたのだった。
いや、病気療養というのは建前であって、
真相は、精神病にかかった少女を幽閉するために、
この地に引っ越してきたといってもいいだろう。

精神を冒された少女の心は、4つの人格によって、支配されていたという。
80歳くらいの老婆、中年の男性、若い女性、そして少女本人・・・
この4人の人格が、日のよって、あるいは時間によって、入れ替わり立ち代わり現れていたという。

外交官の父の元には、色々な客人が出入りしていたが、暴れ狂う娘の姿を見せたくがないために、東京から、この地に引っ越してきて、鉄格子のついた少女を幽閉していたのだった。
それらの人格の中で、特に厄介だったのは、中年の男性の人格であった。この人格が現れている時、9歳の娘は、とても少女とは思えないほど、低い声で叫び、家族に暴力を振るっていたという。

1 2





yukiusagikunさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう