1. まとめトップ

あまりに臆病すぎるチンアナゴの生態

穴からヒョッコリ顔を出す愛くるしい姿から近年ジワジワと人気がアップしているチンアナゴ。今やどの水族館でもチンアナゴコーナーを見かけるようになりました。そんなチンアナゴの知られざる生態をご紹介します。

更新日: 2015年03月08日

sarimooooonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 14043 view
お気に入り追加

チンアナゴとは?

チンアナゴ(狆穴子、珍穴子、はウナギ目アナゴ科に属する海水魚の一種。頭部を外に出して潮の流れに乗ってくる動物プランクトンを捕食している。

顔はかなり愛くるしい

特徴はなんといっても「目が大きく、かわいらしい顔」何匹もの集団で顔を出している姿は、とっても可愛いですよね。

じつはじわじわきている、チンアナゴブーム

最近どこの水族館でもチンアナゴコーナーを見るようになりました。

海響館の人気者! 特別企画展「ナニコレチンアナゴ~誰も知らないチン発見!~」を開催いたします!

しものせき水族館でもかなりの気合の入れよう。

しかし、とにかく臆病

臆病すぎて他の魚との同時飼育ができない

ヤドカリなどを入れていると、ヤドカリの動きにも怯えて引っ込んでしまう大きな原因になりますから、すぐ別にしてあげて下さい。

臆病すぎて外に出れず穴のなかで餓死してしまう

飢え死にの危険があっても、怯えて出て来られない環境だとそのまま砂の中で死んでしまいます。

繊細すぎる。笑

まれに穴からでることも?

ある日の夜、偶然にもその移動の瞬間に遭遇しました。しばらくすると「このあたりにしようかな」っていう感じで場所を決め、尻尾からグイグイと砂に潜っていきました。頭から潜るだろうと思っていた私はびっくり。

尻尾から潜るとは・・・少し見てみたい気がします。

最近、初めてチンアナゴの交尾が記録された!

東京都・すみだ水族館でチンアナゴ類の産卵確認 - 世界初の動画記録。雌は、巣穴からカクカクとした動きで体を伸ばして放卵し、雄が巣穴から体を伸ばし放精するという特有の行動が見られた。

交尾は一瞬で終わったそうです。

まだまだ謎の多いチンアナゴ

ちなみにこのオレンジの彼はニシキアナゴ

これからも水族館の人気者目指してがんばれ!

1





sarimooooonさん

うみの生き物が好きな20代女子。
生き物雑学や名映画紹介、健康に関するまとめなどを発信よてい☆