「UWFは垣原とかに任せて、プロレス界は僕が背負って立ちます」と宣言し、黒いコスチュームに変更してUWFスタイルとは程遠い「急所攻撃」や「足を踏みつける」といった姑息な技を繰り返し使うようになり、自らノーファール・カップを着用して試合に臨む様になった。

出典ザ・ゴールデン・カップス (プロレス) - Wikipedia

新日本とUWFインターとの抗争以降、UWFインターのイメージ戦略を行っていた宮戸成夫(現:宮戸優光)さんいなくなったので、安生選手は一気に自分のやりたいことを行ったそうです。
冬木軍や狼群団とザ・ゴールデン・カップスのシックスメンタッグマッチは、当時大人気でした。
またこの時期は、CDデビューやテレビ出演をするなど芸能活動も多く行っていました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

プロレス界の名物男! 安生洋二が3月19日に引退!!

安生洋二選手がプロレス人生30年に幕を閉じることを決めましたが、世間的にあまり盛り上がっていないと思い、ちょっとでも役に立てるようまとめを作ってみました。

このまとめを見る