1. まとめトップ

【完全版】モテたい男子必見!目指せ西洋人ボディ!モテる理想の体をつくるための筋トレ!

個人的にですが、男の理想の体とは西洋人(欧米人)のような洗練されたボディこそだと思っています。今回は、そんな西洋人ボディを手に入れるための筋トレ方法をまとめてみました。

更新日: 2015年03月08日

30 お気に入り 27049 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moslabさん

(1)まず、西洋人との体型の違いとは・・・

答えは・・・

欧米人=後ろ側の筋肉が発達
日本人=前側の筋肉が発達

になります。

生活様式の違いが体型の違いを生んだんですね・・・

●日本人の特徴

主にお米や野菜などを育てて生活をする「農耕民族」でした。
普段の農作業で前傾姿勢になるため、体の前側の筋肉が発達したと言われています。

●西洋人の特徴

もともと欧米人は「狩猟民族」でした。槍や弓矢などで獲物を狩ることで生活をしてきました。よって、槍をなげたり、弓を引く動作で体の後ろ側の筋肉が発達したと言われています。

●つまり・・・

①欧米人は全般的に身体の後ろ側の筋肉が発達しています。
②欧米人は上半身の背中が発達しています。
③欧米人は腸腰筋(大腰筋+腸腰筋)が発達しています
④欧米人は骨盤が前傾しています。ヒップが上がっています。
⑤欧米人はハムストリングが発達しています
⑥欧米人はお尻の筋肉が発達しております
⑦上半身の後ろ側の背中に筋肉がついているので、肩が後ろについています。そして胸板が厚いです。

つまり・・・
以上を中心にボディメイクしていけば、日本人だって西洋人の体に近づけるはず!!

(2)筋トレ始める前に・・・

筋トレをするにあたっての留意点をいくつかあげていきます。

●筋肉の名称

筋肉の名称をしっかりと覚えましょう!
筋肉を意識することは筋トレで最も重要なことです!

●トレーニングのベストな流れ

以下の流れがベストです。

①ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)
②筋トレ
③スタティックストレッチ(静的ストレッチ)
④プロテイン

●効果的な筋トレの順番

筋トレというのは筋肉を限界まで追い込まなければいけません。
体力的な負担が大きい部位を後回しにしてしまうと、筋肉を追い込む前にエネルギー切れを起こしてしまうのです。

①足の筋肉(太もも)
②胸の筋肉・背中の筋肉
③肩の筋肉
④腕の筋肉(力こぶの表裏)
⑤おなかの筋肉
⑥ふくらはぎの筋肉・前腕の筋肉(ひじと手の間)

●効果的な筋トレ回数・重量

回数・重量は、「10回3セット」をこなせるくらいがベストだと思います。
※正しいフォームでやれなければ、できる程度の重量に調整してください。
※オールアウト(筋肉を限界まで追い込む)が基本です。

●トレーニング時間・日数

・1時間程度でプログラムを組むのがベストです。種目ごとに1分程度の休憩をはさみ無理なくトレーニングしましょう。
・週2、3回くらいのトレーニングがベストです。最も重要なことは筋肉をオールアウトさせることです。それができないコンディションであれば、トレーニングしても無意味なのでその日は休息にしましょう。

●3種の神器

これらを揃えることで、より早く理想ボディを手に入れることが可能となります。

①ダンベル

より効果的なトレーニングを可能とします。
片方20kgのもので十分です。

②フラットベンチ

1 2 3 4