1. まとめトップ

公職選挙法違反?…「創価学会員」が家にやって来た

私が留守の間に家へ創価学会員がやってきました。選挙運動するのは自由ですが、何度も断っているのに執拗にやってくるのは困ったものです。ところで、彼らのこの行為は、公職選挙法で定められている「戸別訪問禁止」に違反しているのではないでしょうか??

更新日: 2016年03月09日

4 お気に入り 140840 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hanbe2さん

・さっき、私がいない間に同級生と称する「創価学会員」が家に来たようだ…

Hさんという方らしいですが、
そんな人知りませんから!

中学時代の同級生が創価学会員なので、
彼が私の住所を教えたんだろうなあ〜

いやだな〜

その方が最近、創価学会の人だということを知りました。
最初は、親がそうなだけで・・・と言ってごまかしていたけれど。

長くなりましたが、悩みは選挙のたびに投票を入れてくれとしつこいのです。もしくは何かの署名お願いとか。

選挙のときも、何回も電話きてしつこい。
創価が嫌われる原因だよね

選挙の時だけ愛想が良くなるご近所さん、私は絶対に投票しませんから!逆効果かと思います!

・公明党を支持したり、創価学会を信仰することは自由ですが…

信仰は自由だけど…

一応、誤解を招かないように、公明党や創価学会を否定するつもりはありません。ご本人達の自由ですし

ただ、こちらの事情も考えずに執拗に「お話しがあるので外に出てきてほしい」だとか、

相手のことを考えると、できませんからね。

こちらが返答する前に無断で門を開け敷地内に進入して来たり、扉を少し空けた瞬間に玄関口まで押し入って来られたり、非常に失礼な方がいるのも事実です

宗教のことには口を出すつもりはないですが、公明党って書いてって、平気で言いますからね。間違ってるよね。

精神的自由権の侵害だわ。

思想・良心の自由(日本国憲法第19条)
信教の自由(日本国憲法第20条)

自由に好むところの宗教を信仰する自由
特定の宗教の信仰を強制されない自由

わたしも同じような友達いますよ。
断ってもしつこいし、関係が悪くなるので
お言葉に甘えて選挙に車で何回か連れて行ってもらいましたよ。

何度も断っているのに!

あ、でも頼まれた人と党には実は一度も入れた事ないんですが、これは絶対に内緒です。

池上「佐々木さんは創価大学出て弁護士ですが、憲法上、政教分離をどう考えますか」佐々木「宗教を押し付けない限り憲法違反ではありません」・・・・佐々木「創価学会の皆様の応援に感謝します」・・・ pic.twitter.com/StReNSDXs1

裏を返すと、宗教を押し付ける=憲法違反ということでしょうか?
どういった行為が「宗教の押し付け」になるかの判断基準が必要ですね。

・告示日(公示日)前…やってイイこと、ダメなこと

▽政治活動…OK

「政党その他の政治団体等が政策の普及宣伝、党勢拡張などを行うことであり、特定の候補者の当選を得るための行為ではない」

▽選挙運動…NG

選挙が近いからといって、立候補届が受理される前にする依頼は事前運動として禁止されています

・告示日(公示日)後…やってイイこと、ダメなこと

▽選挙運動ができる期間…投票日の前日まで

「選挙運動ができる期間」は、選挙の公示・告示日から投開票日の前日までとなっている(公職選挙法129条)

1 2 3