1. まとめトップ

パラソフィア2015ヘルプまとめ(チケット・見つけづらい会場・おすすめ連携展示)

パラソフィアを見て回る前に、①チケットをどうしたら良いか②音がいつなるのか分からない作品③見つけづらい会場 などについての反応をまとめました。かなり一部的ですが、ご参考までに。

更新日: 2015年04月06日

taaw5515さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 15305 view
お気に入り追加

どんな展覧会?

2015.03.07–05.10 PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015 2ヶ月間にわたり京都市美術館の全館と京都府京都文化博物館を主会場に、複数の会場を連携させながら開催される京都で初めての大規模な現代芸術の国際展

出典http://www.parasophia.jp/

チケットについて

チケットが必要な有料会場は2か所のみ
(京都市立美術館と京都文化博物館)
他は無料

○当日券・団体券は入場当日のみ同会場での再入場可能

一般1,800円(1,400円)
大学生または70歳以上1,200円(900円)
※団体券(10名以上)

○パスポートは会期中何回でも入場可能

一般6,000円
大学生または70歳以上4,000円

割引は・・?

散歩で道立キンビに行くのが好きだ。 チラシコーナーで先日出会ったのは京都国際現代芸術祭PARASOPHIAの割引券だ。 単色、紙も凝っていない、質素なしおり状。 だが入場料300引きに。 行ける確率は低いのが残念だが、この券一枚にぎり、心が飛び立つ。

割引券が全国の美術館に送付されている模様。どれほどの配布量なのかは不明。ぜひ手に入れたい。

パスポート買った方がいいの?

PARASOPHIAの会場って意外と少ないんだな。チケットは2日で3600円、3日で5400円と考えると、6000円のパスポートは4日以上かけてゆっくり見る人や期間中何回も足を運びたい人用といえる。全部見て回るだけならパスポートは特に必要ないのかも。

京都市立美術館会場は全館利用の上に、かなり映像作品が多く2時間近いものもあるので、じっくり合計4日間以上かけて観覧する方はパスポートがオススメとのこと。

当日チケットも、なんかすごい特典が・・・

@ryskv 全会場の一日券が(大人・当日)1800円ですが、京都市美術館と京都文化博物館別館はそれぞれ別々にもぎる仕様なので別々の日に行くことが可能です。京都文化博物館フィルムシアターは半券で何度でも入場可能、その他の会場は無料です。parasophia.jp/tickets/

京都・PARASOPHIAチケット。当日券を買うと、京都市美術館と文化博物館に1回ずつの入場が可能。(それぞれは別日でもOK。)当日中なら再入館も可能。フイルムシアターは会期中何度でも入場可能とのこと。(◀︎仕組みがよく分からなかったのでスタッフさんに伺ってみました。)

シネマプログラムを何度でも鑑賞可能・・?!

参加作家に名を連ねる映画研究者アレクサンダー・ザルテンによる、1960年代から近年までの日本映画を中心に取り上げ「日本映画におけるアジア」に焦点を当てたプログラム。もうひとつは、参加作家笠原恵実子のセレクトによる満州映画など上映

アレクサンダー・ザルテン
「アジアを照らさないミラーボール——日本映画のアジア」
上映期間:2015年4月7日(火)–19日(日)[一部、3月8日(日)上映予定]

1.『白日夢』(武智鉄二、1964、110分、富士映画) 
2.『チュンモング(Chunmong)』(ユ・ヒョンモク、100分、1965) 
3.『サウダーヂ』(富田克也、2011、167分、空族)
4.『ホノルル・東京・香港』(千葉泰樹、1963、102分、東宝)
5.『中国の鳥人』(三池崇史、1998、118分、セディックインターナショナル)
6. 『地球で最後のふたり』(ペンエーグ・ラッタナルアーン、2003、117分、ク
ロックワークス)
8.『ディア・ピョンヤン』(梁英姫[ヤン・ヨンヒ]、2005、107分、シネカノン)
9.『アジアはひとつ』(NDU、1973、96分)
10.『アジア秘密警察』[日本版](松尾昭典、1966、97分、日活)
          [香港版](松尾昭典、1967、92分、ショウブラザーズ)
11.『あんにょん由美香』(松江哲明、2009、119分、SPOTTED PRODUCTIONS)
12.『極東のマンション』(真利子哲也、2003、23分)
13.『波涛を越える渡り鳥』(斎藤武市、1961、79分、日活)


笠原恵実子
「trigonometry」
上映期間:2015年3月10日(火)–15日(日)

1.『白蘭の歌』(渡邊邦男、1939、102分、東宝、満映合同)
2.『支那の夜』(伏水修、1940、東宝、満映、中華電影合同)
3.『ハワイ マレー沖海戦』(山本嘉次郎、1942、東宝)
4.『迎春花』(佐々木康、1942、満映、松竹撮影協力)
5.『サヨンの鐘』(清水宏、1943、満映、松竹製作提携)
6.『陸軍』(木下恵介、1944、松竹)
7.『私の鶯』(島津保次郎、1944、満映、製作提携東宝)
 ※上映作品は変更になる可能性があります。

会場を回るとき

京都の(市バス・京都バス)一日乗車券カードもオススメ

パラソフィアは地下鉄で周遊できる芸術祭として設計されていますが、レンタサイクルで回るのもオススメ。

現在PARASOPHIAコミュニティセンターが@KCUAに出張中。土日祝はなんとレンタサイクル貸出中なんです ∧( 'Θ' )∧たくさん春の京都をめぐってピ pic.twitter.com/3k9CfV7ssZ

ピピロッティ・リスト展示の「堀川団地」と「ギャラリーアクア」間のみのパラソフィアレンタサイクルみたいですが、かなり便利!堀川団地へは地下鉄「二条城」からけっこう歩きますので。

日時|2015年3月7日−5月10日 11:00〜19:00(最終入場18:30まで)
場所|京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
京都市中京区押油小路町238-1
地下鉄:「二条城前」駅(2番出口)
南東へ徒歩約3分

ギャラリーアクアでは土日祝にはレンタサイクルを借りられる。そのギャラリーアクア自体は、京都に来たなら見たい現代美術若手・中堅の壁面展示が見られる。ピピロッティ・リストのある「堀川団地」に行くなら、ぜひ見ておきたい。

見逃しちゃいそうだけど、ステキな作品

スーザン・フィリップス

スーザン・フィリップスの作品

PARASOPHIAの鴨川デルタ会場に来てみたんだけど、トラメガが橋から吊るされてるだけで音出とらんな…。もしかしてあれか、辺りで聞こえてる全ての音が作品とかいうやつか? pic.twitter.com/b2xU51mWPR

京都PARASOPHIAのスーザン フィリップスさんの作品は鴨川デルタです。毎時と毎時30分に始まります。それ以外の時間だと、どれ、どこと迷います。気をつけて。 pic.twitter.com/CDa5JgLKKJ

30分ごとに音の作品が始まるそうです

PARASOPHIA京都市美術館、入り口に向かって右側にひっそりと設置されたスーザン・フィリップス≪インターナショナル≫もお聞き逃しなく。 pic.twitter.com/RC9GWdAQzj

見逃してしまいそうだけど、こちらもぜひ

1 2





taaw5515さん

興味の赴くままにまとめていきます。いままではてなにいましたが、こっちも楽しいです。

このまとめに参加する