1. まとめトップ

当てにならない人間の色彩感覚。 例の「白金派 or 青黒派?」の謎写真の"視えかた"を考えてみた★

同じツートンカラーの洋服なのに、見る人によって"白と金だ"と言ったり、"青と黒でしょ"と言ったりする...^^; 世界じゅうがオモシロがってる〈珍現象〉の原因を(あくまで個人的に!)検証してみました。

更新日: 2018年11月07日

1 お気に入り 1247 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

出典↓ 日本における話題元




< 以下は↓当まとめ主の"私的"考察例。>

青+黒 に見える人の、"心の眼"

洋服にも太陽の光が 燦々と注いでいるハズだ…という視点では、青と黒の配色にしか見えません。

白+金 に見える人の、"心の眼"

背景が明るければ明るいほど、それを遠くに追いやって、対極の"陽を避けた場所"にリラックスを感じる人…。

洋服には陽(直射光)が当たってないハズだ…という視点では、白と金の配色にしか映りません。

議論に終止符? ついに"決定版"Gif画像が出た!!

これを見れば、白金派の人も青黒派の人も「相手の言い分」に思わず、納得♪ですね。

あの写真の服自体は、どっちだったのか?

物議を醸した写真は、「陽光がサンサンと降り注ぎ、生地が照り返してる状態」の服を撮ったもの。

(直射日光を避けた)室内で撮られた写真【画像:左】を見ると、鮮やかなブルーに黒、のツートーンなのでした。

1