1. まとめトップ

病棟などの勤務に比べると、夜勤もなく給料もいい美容外科や美容皮膚科のお仕事。
華やかで憧れる職業のひとつですが、実際はどうなのでしょう?

就活や転生活動では良い面ばかりが目に入ってしまいがちですが、悪い面も含めて知ったうえで検討することがとても重要です。

美容外科や美容皮膚科で働くことのメリットは?

【職場がきれい!】
美容外科や美容皮膚科などで脱毛などに行ったことがある人はわかると思いますが、とても清潔感があって綺麗なクリニックが多いです。
病院も清潔感があるところがほとんどですが、とても無機質な病院が多くお洒落な病院というのはなかなか見かけません。お洒落は職場だと、働きがいもありますよね。

【社割でお得に!】
美容外科や美容皮膚科のクリニックでは社員割引が利用できます。
豊胸や脂肪吸引のような大げさな施述でなくても、脱毛やシワ取り、美容注射など継続して行う施述については利用している方も多いのではないでしょうか。
美容注射などでは原価のみで受けられたりするので、とってもお得ですね。

【給与も高め!】
美容外科クリニックは他に比べると給与が高いです。
夜勤もなく、ノルマもなく、社割も利用できて月給30万円超という求人は多くあります。
美容外科・美容皮膚科専門の看護師求人サイトでは「34万円〜」「40万円〜」という求人もありました。

【夜勤がない!】
特に家庭のある看護師さんにとっては、大切な部分になるのではないでしょうか。
病院と違って美容外科や美容皮膚科はお昼の勤務しかなく、夜勤はありません。
正常な生活リズムは、精神的にも体力的にも良い結果になることは明らかですね。

美容外科や美容皮膚科で働くことのデメリットは?

【仕事が単純なことが多い】
美容外科での手術であれば外科手術の介助が多くなりますが、美容皮膚科は美容エステのような感覚なので、レーザー脱毛や美容注射などの単純な仕事がほとんどになります。
もし、看護師になった目的と違うようであればほかを考えたほうがいいでしょう。

【クレームが多い】
美容クリニックを利用する方は病院で診察を受ける患者とは違い、自分の何かしらにコンプレックスを抱いている方がほとんどです。
保険のきかない自費診療であっても、コンプレクスを解消するためにたくさんのお金を支払います。だからこそ、自分の思い通りにいかなかった場合は文句を言う確率は高くなります。

看護師の求人サイト

再就職手当とは、簡単に言うと「失業保険の給付日数がある程度残っている段階で就職すると、
就職手当として前倒しで受給できる」制度です。

美容外科関連の話題

日本においても美容外科、形成外科など美容医療に進む医師が増加傾向に

1





krnetさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう