1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

① 砂糖
② タマゴ
③ 肉
④ 乳製品
⑤ 小麦
⑥ 炭水化物
⑦ ハム・ソーセージ
⑧ ファストフード

ヨーグルトや青魚など「花粉症に効く・・・
1年間食べ続けるなどの長期的な努力

青魚やしそなど『オメガ3系』の不飽和脂肪酸が含まれている食べ物を多く摂取する習慣をつけると、アレルギー体質が改善されることがわかっています。人の細胞膜を構成する脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。動脈硬化を促進する飽和脂肪酸よりは不飽和脂肪酸の方が健康に良いとされていますが、不飽和脂肪酸には炎症を抑える性質の『オメガ3系』、逆に炎症を促進する性質の『オメガ6系』のどちらも含まれており、そのバランスによってアレルギーの発症しやすさが変わるんです。ちなみに、日本人は『オメガ6系』をかなり過剰に摂取している傾向があります」

つまり、『オメガ6系』を多く含む食べ物は、あまり食べないほうがいいってことで

『オメガ3系』、逆に炎症を促進する性質の『オメガ6系』のどちらも含まれており、そのバランスによってアレルギーの発症しやすさが変わるんです。ちなみに、日本人は『オメガ6系』をかなり過剰に摂取している傾向があります」

つまり、『オメガ6系』を多く含む食べ物は、あまり食べないほうがいいってことですね。具体的にはどんな食べ物が当てはまるのでしょう?

アース製薬「花粉ハウスダスト ガードEX」には、いくつもの問題があります。パッケージには「効きめを実感!」「鼻の中にぬるから効く!」「マスクがいらない」など、マスクを付けなくても花粉の侵入を防いで花粉症を防ぐかのような表現がありますが、薬事法に違反している可能性があります。

 同法の第68条では、医薬品の承認を受けていない製品について、効能や効果を表示することを禁止しています。この製品は単なる雑貨であり、医薬品の承認を受けていません。したがって、「効きめを実感!」「鼻の中にぬるから効く!」などの効果を表す言葉は、この条文に違反している可能性が高いのです。

 もし「花粉症に効く」という表現であれば、明らかに違反となり、指導や製品回収の対象になるでしょう。「花粉症」という言葉がないので、行政もそうした措置をとっていないと考えられますが、「花粉ハウスダスト」という大きな文字があるので、実質的には「花粉症に効く」とうたっているのと同じです。このように薬事法に違反している可能性が高く、消費者に誤解を与えるような製品に対しては、行政はもっと厳しい態度で臨むべきでしょう。

フマキラーの「アレルシャット花粉 鼻でブロック」も、「花粉ハウスダスト ガードEX」と同様に鼻の穴に塗る製品で、成分も同じく精製長鎖炭化水素です。表示も、「マスクがいらない」「効きめが違う!」「鼻の中に塗るから効く!」「高純度成分が花粉をしっかりブロック!」など、花粉症を防ぐことをうたっており、同じ問題があります。

「ロートアルガード 花粉侵入防止ジェル」(ロート製薬)は、鼻の穴の中にではなく、鼻のまわりに薄く塗り広げるというものです。すると、成分の水溶性陰電荷ポリマーが、「イオンバリア」を作って花粉の侵入を防止し、また、キトサン誘導体が接近した花粉を取り囲んで、鼻腔内の粘膜に接触するのを抑制するといいます。

「舌下免疫療法」を受けられない人はどんな人なのか。医師の説明と資料類から以下にまとめてみたい。

○「スギ花粉症」と明確に診断されない人
……治療開始前に採血検査を行う。その結果、スギの特異的IgEが上昇し、かつスギ花粉の時期に症状が強い人でないと、適応にならない。
〇舌下アレルゲンエキスの服用を毎日継続できない人
〇2週間に一度受診できない人(発売1年以内。その後も少なくとも1カ月に1度は受診が必要)。
〇β阻害薬(インデラル、セロケン、テノーミン、アーチストなど)を使用している人
〇気管支喘息を合併している人
〇全身ステロイド薬の連用や抗がん剤を使用している人
〇妊娠中の人
〇引越しの予定があり、継続的に通院することができない人
〇アナフィラキシーの前兆に気づけない人(視覚異常、視野狭窄、不整脈等)

消化が悪く内臓を冷やす食べ物”は摂りすぎ注意!

吉原さんによれば、花粉症の方は、消化が悪く、内臓を冷やす“湿”が溜まる食材の摂りすぎには注意が必要とのこと。具体的にはどのような食材なのでしょうか?

(1)甘い物・・・ケーキ、クッキーなどお砂糖をたっぷり使ったようなスイ―ツ

(2)油っぽいもの・・・揚げ物、スナック菓子など

(3)生もの・・・お刺身、サラダなど

(4)冷たいもの・・・アイスクリーム、氷入りの冷やし過ぎの飲み物など

(5)アルコール

上記のものについては、過食に気をつけ、どうしても摂りたい時は量を考えてストレスにならない程度に食べるようにするといいそうです。

1