1. まとめトップ

【恐怖】集団ストーカー・電磁波・テクノロジー犯罪の真実!?

兵庫県洲本市で男女5人が殺害された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された平野達彦容疑者(40)は、「世界の人々への告発を妨害する為に、ギャングストーキングと電磁波犯罪を徹底して行っている」などと近所の住民を名指しで誹謗(ひぼう)中傷していた。果たして、電磁波・テクノロジー犯罪は本当に実在するのか?

更新日: 2018年11月06日

23 お気に入り 414763 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

samuraionさん

兵庫5人刺殺事件、平野達彦容疑者がFacebookやTwitterに「電磁波犯罪と集団ストーカー犯罪を受けている」と書き込んでたことが判明。犯行動機は近隣住民への敵対感情?

【集団ストーカー・電磁波・テクノロジー犯罪とは?】

【貴方は「集団ストーカー」という言葉を聞いた事がありますか・・・?】

特定個人に対する組織的な監視、つきまとい、嫌がらせ行為の事をいいます。現存するストーカー規制法は恋愛感情を伴う付き纏い・嫌がらせ行為を規制の対象としているため、集団・組織的な付き纏い行為である「集団ストーカー」については検挙・取締りをおこなう事ができません。

集団ストーカーは、「ある特定の人物を精神的に追い詰めるために集まった集団」です。 これ以上でもこれ以下でもありません。

集団ストーカー加害者と被害者の相関図を簡単なチャートにすると以下の流れです。

貴方を恨んでいる者
↓(依頼・協力要請をする。お金のやり取りや何かしらの利益のやり取りがある)

集団ストーカー嫌がらせ実行業者(復讐代行業者・利権団体・宗教団体・OB組織)
↓(集団ストーカー実行・嫌がらせ工作展開)

貴方(集団ストーカー被害者)

当の集団ストーカー被害者にとってみれば、嫌がらせ実行集団・集団ストーカー実施集団の構成員達は、当然「知らない人達」です。

貴方の事を密かに憎み、恨み、いなくなって欲しいという陰険な強い願望を持っている集団ストーカーの中心的人物は、現場(貴方の自宅の周辺や貴方の生活行動範囲)では集団ストーカー工作には加担しないケースが多いのです。

●ここ数年の間、地元周辺の治安が急激に悪化した気がする。
 柄の悪い人間、モラルの低い人間によく嫌がらせされるようになった。

●暴走族バイク、改造車、緊急車両のサイレン、上空を通過する飛行機やヘリ、近所での工事、
 隣人が出す大きな生活音など、極端に耳障りな騒音が毎日頻繁に聴こえるようになった。

●近所や職場、学校、外出先での人間関係トラブルが連日のように頻発している。

●日頃、頑張って真面目に生きているつもりなのに、
 何故か突然周囲に悪評を流されて疎外されたり、虐待を受けたりする。

●自宅周辺でよく不審者がうろついたり、不審な車が停まるようになった。

●自宅内を誰かに覗かれたり、盗聴されているような気配がする。

●これらの問題を複数同時に抱え込み、今この瞬間も死にそうなほど苦しんでいる・・・。

もし、ここまで読んでみて全く同じ心当たりがあるとしたら、貴方も「集団ストーカー」被害者かも知れません。

これら全ての不幸な出来事が「ある組織により意図的に、悪意を持って演出されたもの」だ
と言われたら、貴方は信じられますか・・・?

集団ストーカーの被害相談も相談相手を選ばなければ加害者の思うつぼです。

集団ストーカーの目的が明確ではない場合もあります。
それはいわゆる愉快犯的な集団ストーカー行為や、ひとつの実験として集団ストーカーを行う事も十分あり得ます。

集団ストーカーを仕掛けられるには、何らかの原因があるのが常ですが、やはり稀に「無目的の集団ストーカー」とでも言うべきものが起こり得ます。
これは、被害者にとってすれば、まさに許しがたい行為です。

・いわゆる「キレた状態」へ追い込み、殺人・暴力事件などの行為を起こさせる事、
・人為的な統合失調症などの精神疾患の状態を作り出し被害者の人生を破綻させる事、
などが主たる目的であると考えられます。

また精神病院への入退院を繰り返し、ノイローゼ状態となり、挙句の果てに自殺に追い込まれる被害者が後を絶ちません。
しかしながら、日本ではこの犯罪についての法整備についてはまだまだ程遠い状況となっています。

現在被害者により、警察、政府機関、マスメディア等への陳情・報告がおこなわれています。
しかしながらこの「集団ストーカー」については、マスメディア等報道機関で一切報道されないという、大変不可思議な状況になっています。
警察にこの「集団ストーカー」被害を訴えると、そのまま精神病院に入院させられるといった被害者の方が大勢おります。

・被害者を1日中(24時間)監視する行為

・被害者の行動に合わせて、加害者グループにより特定のアンカリング(条件付け)行為が繰返しおこなわれる。

(被害者が気になるようになるまで永遠と繰り返される。騒音を立てる、特定人物が毎回現れる。など)

・被害者の外出時にほのめかし。

(見ず知らずの通行人にすれ違いざまに被害者本人にしかわからない内容の言葉をほのめかしされる。人ごみの中から悪口やほのめかしの言葉を浴びせられる。)

・居住地近隣で孤立させられる。

(風評被害、悪い噂を流される。危険人物に仕立て上げられる。)

・被害者が就業できなくなるような工作。

(風評・デマ工作による信用失墜。職場での集団いじめの扇動。など)

1 2 3